第43話--「一年の計は・・・・」
Kazu  「Sisyou、新年おめでとうございます。」

Sisyou 「お~、Kazuか。おめでとうさん・・・
       は、ええけど、正月早々、なんちゅう格好しとんのや。
       着物の上からウェダー履いて。」

Kazu  「なんちゅう格好って、初詣に行ってきましてん。」

Sisyou 「そんな格好して、何所に初詣行っとたんや??」

Kazu  「永源寺の奥の、渋川です。」

Sisyou 「なんでまた元旦から川に??」

Kazu  「昔から、『一年の渓は元旦に有り』って言いますやん!
       Sisyouともあろうお方が、知りませんの?」

Sisyou 「・・・・・・。」

Kazu  「元旦に渓流に立つとその年1年は、爆釣になるちゅう諺ですがな。」

Kazuのやつ、かなりおとそが回って来とるな。

Sisyou 「今年一年が・・・爆・・釣ッ!。
       ワシも行ってこう!!
       賽銭は“いくら”にしょうかな・・・」

Sisyouも来てるな。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
皆さん明けましておめでとうございます。
今年も、イワナのつぶやきをよろしく。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
by seiyoukebari | 2006-01-28 18:09 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/537746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 第44話--#22の虫と#12の黒豆 第42話--発眼卵放流より稚魚放流 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31