芹川の左岸と右岸
先日の3連休は、台風のおかげで楽しみにしていた釣行にも行けず、
家で悶々としておりましたが、大水で多くの被害も出ていますので、
釣りに行けないくらいは我慢しないといけませんね。
一日も早い回復と、復興をお祈りします。

台風・大雨で川が増水し決壊の恐れがあると、川沿いに住む住民は徹夜で、
堤防の見張りをすることになります。
その昔、この見張には決壊しそうな場所を早期に発見し対処するという役割のほかに、
実はもう一つ重要な役割があったそうです。
それは、対岸の者がこちら側の堤防を “切りに来ないか” を見張ることだったそうです。
昔は、大水が出たとき “対岸を堤を切る” という実に身勝手で有効な防災対策が
あったようです。最近でもあるのかな・・・?

今、『国宝・彦根城築城400年祭』が開かれている彦根には、市内を芹川という川が流れます。
芹川の右岸には彦根城があり、城下町が広がります。
昔から芹川の堤防は、お城を守るため、“右岸の堤防を左岸より高くしている” 
と言われています。これも実に身勝手で有効な防災対策。

先日その芹川で、市民にもっと芹川に関心の目を向けてもらおうと、
護岸の高さを手製の測量器ではかるイベントがありましたので見に行ってきました。
本当に右岸の堤防が左岸より高いのかを、手製の測量器で測量して
実証しようというイベントです。

測量の結果、場所によって右岸が低かったり高かったり。
護岸改修を繰り返すうちに、どっちもどっちになったのでしょう。
まあ、そんなことはどうでもいいのです。
一人でも多くの人が、川に目を向けてくれれば。
f0053342_21574084.jpg

この川の上流は伏流水が豊富で、実に綺麗で透きとおった水が流れています。
私も年に何回かはこの川へイワナやアマゴを釣りに出かけているのですが、
ここにもダム建設の計画があります。

昔から何回となく氾濫を繰り返して来た川ということで
ダムの建設が待ち望まれているとか。
ただ、建設計画の前提とされている調査資料の数字が、
どうも実態と乖離しているのではないかという指摘もあるようです。

一人でも多くの人の目を、川に向けるという意味では、
なかなか良いイベントだと思ったのですが、
おじさん・おばさんばっかで、子供の姿がなかったのは残念でした。
こういうイベントには子供たちにこそ、参加してもらいたいものです。

もうひとつ、イベントの案内にはひこにゃんが来るように
書いてあったのですが、姿を見せず残念でした。
まあ、そんなことはどうでもいいのですが。。。。。
[PR]
by seiyoukebari | 2007-07-18 22:03 | いろはにほへと | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/5918365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by コム at 2007-07-18 22:54 x
おばんです。
“切りに来ないか” を見張るのも知りませんでしたし、芹川は右岸の堤防を左岸より高くしてあるというのも知りませんでした。 
ここんとこ西洋毛鉤さんのエントリーは勉強になるなぁ~
ひょっとして、これもラジオかテレビネタやったりして・・・(笑)
マジな話、連休はのんびりしてましたので行ったら良かったなぁ~
竿の進捗も気になってますし、何とか盆までには時間を見付けてお邪魔したいと思います。
以前奥様から色々と戴いてましたので、そのお返しと言っては何ですがスペインから「下らないもの」が届いてますので、その節は少量ですが持参させて頂きます。

今週末は、ちょっと旅に出てきます・・・
Commented by ドライ野郎 at 2007-07-19 00:37 x
いやぁ、勉強になりますねぇ。
相変わらずアクティブに活動されている姿には脱帽しちゃいます。
ひこにゃんに会えなくて残念でしたね。
最近は黒いにゃんこも増殖してますよね。^^;
僕も一度でいいから奴等に会ってみたい。

芹川の上流といえば河内の風穴がある方面だと思うのですが、
あそこら辺にも魚いるんですね。。。
霊山からの水は醒ヶ井にしても河内にしても綺麗で見てるだけでも
清々しいのでよく見に行ったりしてますが、釣りはしたことがないです。
何故かバイカモとかハリヨとかを見つけて喜んでます。
確かにこういう事をしてる子供達は少ないですね。
TVゲームのようなバーチャルの世界じゃなくて、実際のものに触れて
見て体験することが少なくなった今の子供達の行く末はどうなるのか
と思うと、小さな子を持つ親としては多少不安になります。
せめて自分の子供は痛みの分かるバーチャルでない世界で育てようと
心がけてます。
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-07-19 21:09 x
コムさん、こんばんは。

>これもラジオかテレビネタやったりして・・・
この話は、愛知川の下で、昔”切りに行った人” から聞きました。(冗談です)

>スペインから「下らないもの」・・・
気になりますね。
竿の件は別途DMします。
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-07-19 21:12 x
ドライ野郎さん、こんばんは。

芹川の上流は、ほんとに透き通った綺麗な流れです。
一部生活用水が流れ込んでいるところがありますが
結構大きなアマゴやニジなんかもいますよ。
一度釣りに行ってみてください。
Commented by para-miyuki at 2007-07-20 00:07 x
川をめぐる諍いは結構聞きますね。
四国の吉野川では水利権で争いが耐えなかったとか、北上川では岩手で生まれた鮭を宮城で根こそぎ獲られてしまうと県民同士の悪感情に発展したとか・・・
山菜でもそうですね。福島では栃木県民は悪者扱い、山形では福島、宮城が、秋田では山形etc・・・
人間ってのは自分勝手な生き物ですからね。
Commented by suisui2007 at 2007-07-20 12:28
こんにちは
うちの裏山もここ10年くらいで大水が出ることが多くなりました。
昨年は床下浸水するほどです。
どうも県土木とか来ますけど予算がないとか言って付け焼刃でとりあえず構築物を作ることばかり考えてますよ・・・・・結局は苦情に対して対処したってことで保身のためにアピールしてる感じかな?
結局大きな原因は山林伐採のように思えますが地主に切るなとも言えませんし個々が問題意識を持っていかないとこのままひどくなるばかりのように思えます。
釣り師って渓相見てるから意外と敏感ではありませんか?笑
Commented by Jasse at 2007-07-20 18:16 x
我が宮川も堤防が切れると、次回の洪水の折はそこに人柱を立てて生贄にしたそうです。
それ以来、洪水も治まったとか・・・・

もし、決壊するようなことがあれば、ぜひ師匠に人柱をお願いに行きます。
人柱になると堤防脇に大きな神社が師匠の名前で○○○神社って建立されます。
どうです、後世に名を残してみてわ!!!
Commented by カワガラス at 2007-07-20 21:18 x
西洋毛鉤さん、こんばんわ。
川のそばの住民には切実な問題ですよね。ただ、ダムが解決できるというのは早計なのは昨年の北海道/二風谷ダムの災害を見れば明らかです。やはり現在の伐採方法はあまり良くないのでしょう。皆伐ですからね。細い木も伐採の邪魔だからと切ってしまう。伐採の痕に出会ってもドングリでも植えるしか私には出来そうもありませんが…
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-07-20 22:22 x
paraさん、こんばんは。
確かに自分勝手な生き物です。
私もいつも行く地元の川に他府県ナンバーの車があると
”自分の所で釣らんか~ぃ!”ってついつい言いたくなります。

でも自分は、木曾やら飛騨やら行ってます。
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-07-20 22:29 x
suisuiさん、釣りをしていると、
山や川の状況が気になりますね。

荒れ放題の杉林にしておくぐらいなら、
ダムを作る金で広葉樹の森に戻してくれたら
山も綺麗になり、水害も減りそうに思うのですが、
そう簡単ではないんでしょうか?

床下浸水なんて経験ありませんが、今年は大丈夫でしたか?
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-07-20 22:32 x
Jasseさん、私の人柱なら、
他の人より高くて良いかも。
でも、すぐ折れそうですが・・・・・
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-07-20 22:35 x
カワガラス さん、こんばんは。

山を守るという意味では、北海道の方は色々な取り組みをされているんじゃないですか?
北海道で、海の幸を育てる為に、植林をされているニューズを何度かみましたよ。

でも、そんな活動もまだまだ一握りの事なんでしょうね。
<< いよいよ見えない・・・ 下らない竿 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30