渓相
私は渓相重視派です。
釣果と渓相のどちらを取るかと言われたら
当然釣果です。

それでも、私は渓相重視派なんです。

魚釣りをしているのですから、釣れないとつまらないのは当然ですが
渓相が悪いと釣る気にもなりません。
ゴミの落ちた3面護岸の川でも、釣れるんなら竿を振ります。

それでいて、私は渓相重視派です。

そんな私が大好きな渓があります。
残念なことに、ここは入渓点・脱渓点が限られ、
釣りができる区間が短いのが難点。

いろんな地図でその川の辺りをみていると、
ある地図にいつもの入渓点の下流に
橋の地図記号が書いてあるのを見つけました。
橋までの林道も当然記載されています。

橋があると言うことは、吊り橋でないかぎり
入渓できるんじゃないかと思い、
最近はその川で釣りをしたあとに、
ほとんど役に立たないハンディGPSを片手に
橋探しをしていました。

先日の釣行でも福永さんと二人で、
橋に通じているらしき林道を歩いて、
入渓ポイントの探索をしました。

しかしその林道は途中で崩壊しており、
その先は、道無き道を沢の音を頼りに降りて行く
はめになってしまいました。

何度も二人で
  ”引っ返す?” 
  ”もうちょっと行く?” 
といった会話を繰り返しながら進んで行きます。

降りると言うより落ちるといった感覚の所も多々あり、
次第に引っ返すという選択肢はなくなっていきます。
目的の谿にたどり着いたところで、
巻く事のできない滝か堰堤にでもでくわし、遡行できなくなったら・・・・
“事故”にあう要素が、次から次へと脳裏をよぎります。

それでも、すこしづつ確実に、沢の音が大きくなり、
最後の急斜面を滑り落ちるとそこには、
息をのむほどの美渓が流れていました。
f0053342_1914066.jpg

人の手がまったく入っていない、原始の森。
天に伸びる大きな幹と、渓を覆ううっそうとした枝葉。
朽ちた倒木や岸際の岩は、緑の苔におおわれ
その間を、黒い流れが流々と。
おそらく、今ままで釣りをした谿の中で、一番の渓相です。

“ここでヤマトを釣らないで、どこで釣る”
と言うような落ち込みが連続した美しい流れ。

その流れのお陰で“事故”という言葉は、次第に脳裏から流れ出し
無数にあるポイントに、Flyを夢中で投じて行きます。

そこそこの距離を釣り上がってきて、
ふと前方を見ると、渓流に架かった橋が見えてきました。
私たちは、途中で道に迷い、
目的としていた橋のさらに下流に、入っていたようです。

本当はこの橋から入り、いつもの入渓点まで釣り上がるのが
今日の予定だったのですが、ここは次回の釣行に備え、
林道からこの橋までの、アクセスルートを確認する事にし、
この橋で脱渓する事にしました。

ちょっと危険な思いをしたお陰で、
渓相重視派にしか教えたくない、教えられない、
美渓をまた一つ見つける事ができました。

なぜ、教えられないかって?
それはその・・・・
釣れないからです。

これだけ危険な思いをして、1回出ただけ。
でも良いんです。

私は渓相重視派ですから。
[PR]
by seiyoukebari | 2008-09-07 19:17 | いろはにほへと | Trackback | Comments(29)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/9008288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyo_terry at 2008-09-07 20:55
師匠・・・次回はココに熊鈴持参で行きましょうか。
いや、間違った・・・連れてってッ(笑)
Commented by daikyu at 2008-09-07 21:09 x
西洋毛鉤さん 一昨年あの渓に初めて皆さんで行った時の夜、本当に興奮
していた姿が今でも脳裏に焼き付いております。僕も8年程前に一人で新規
開拓をしようと地形図と睨めっこしていて目を付けた場所ですが、残り少ない
今期は記憶に残る釣りをご一緒出来ると良いかと思います。来期そうした気
になる渓のいくつかをザックをしょって行く夢の話も反省会で!
Commented by コム(西) at 2008-09-07 21:28 x
私もご存知のように渓相重視派です。
でも釣果と渓相のどちらを取るかと言われたら当然釣果です・・・
渓相&釣果重視派と呼んで下さい(笑)。

で、やっぱりこの黒い流れ・・・ ほんま素晴しいですね。
来シーズンは是非ご一緒願います!

でも西洋毛鉤さんの地元の渓も素晴しいですよ。
今シーズンは結局行けませんでしたが。 
Commented by ヒゲおやじ at 2008-09-08 00:23 x
新聞記事にならなくて良かったですね。(笑
美渓で釣りをするのはホント気持がイイすよね。
釣果がそこに加わると楽しさ倍増!です。
最近、釣果重視で美渓な所に行ってません。
お勧め美渓に今度ご一緒させてくださいね!
Commented by tabi at 2008-09-08 10:49 x
西洋毛鉤さん、おはようございます!
まだまだ駆け出しの私ですが、サイズや数よりも渓相重視です!(言い訳ではないのですよ~~~)
自分と対話できる貴重な時間なので。
Commented by 紫親父 at 2008-09-08 11:19 x
西洋毛鉤さん こんにちは
いい渓ですね!私は用水路のような渓は足が遠のきます
釣れるけど釣れすぎず人工物のない渓がいいですね
Commented by yamada at 2008-09-08 12:48 x
いい渓相ですね。
渓相重視・・・時期が時期なら釣果も変わるんでしょうね。
私のよく行っている川の上流に似てます。
そうそう、BSハイビジョンで最近やってたあの川。
週末の連休に私も渓相重視してきます♪
Commented by para-miyuki at 2008-09-08 13:15 x
こんな渓相で、道から1分、いっぱい釣れて、高低差3メートル以内の入脱渓点の川
に連れて行ってください!^^
Commented by heboheboy at 2008-09-08 17:43
万古不易の渓流があるものですね!釣り人の簡単に入れない場所がキーワードでしょうから、大変ですよね!危険はなるべく避けましょう!!でも釣れたら、行きます(笑)要
Commented by 西洋毛鉤 at 2008-09-08 22:06 x
terryさん、いい流れでしょう。
一緒に行くのは良いですが、
ほんとうに釣れませんよ(^^)
Commented by 西洋毛鉤 at 2008-09-08 22:10 x
daikyuさん、
こんな流れみたら、やっぱり興奮して、深呼吸してしまいます。
この谿に立てるだけで、本当に幸せだと感じます。

でも、釣れません。
Commented by 西洋毛鉤 at 2008-09-08 22:15 x
コムさん、先日はお疲れさまでした。
もう離日されているのかな?

この谿、あまり釣れませんが、
年に何回かは行ってみたくなる川です。
機会があったら、またご一緒ください。
Commented by 西洋毛鉤 at 2008-09-08 22:19 x
ヒゲおやじ さん、こんばんは。

>新聞記事にならなくて良かったですね・・・
ほんと、そうですね。
引っ返せ!って言う自分と
もうちょっと行け!って言う自分の葛藤です。
こういう時に事故るんでしょうね。

いい歳をして、渓相重視もそろそろ止めないといけませんね。
釣れない釣りに付き合わされる福永さんも大変です。

でもこの谿、結構簡単にアクセスできることが解りましたので、
来年が楽しみです。
Commented by 西洋毛鉤 at 2008-09-08 22:22 x
tabiさん、こんばんは。
硬派はやっぱり渓相重視ですよね~。
タナビラの1匹や2匹、釣れなくても平気ですよね~。

でも、正直、1匹も釣れないのは、落ち込みますよね~。

理想は、末川で ”つ抜け” した翌日に、この谿です(^^)
Commented by 西洋毛鉤 at 2008-09-08 22:29 x
紫親父さん、こんばんは。
みなさんと楽しい釣りをされいる様子、
blog拝見して羨ましい限りです。

>釣れるけど釣れすぎず人工物のない渓・・・・・
なかなか、そのようなところはないですね。

この谿は、ヤマトが釣れるんですけど、
なかなかいい釣果は得られません。
でも、ここで釣りができるだけで、
腸内洗浄されるようないい気持ちになれます(^^)
Commented by 西洋毛鉤 at 2008-09-08 22:34 x
yamadaさん、BSのあのニジの川ですか?
TVで68cmとか釣ってましたね。

上流はこんな渓相なんでしょうか?
でも、北海道でこんな渓相なら、クマさんは大丈夫ですか?
気をつけて行ってきてくださいね。
Commented by 西洋毛鉤 at 2008-09-08 22:36 x
paraさん、

>道から1分、
>いっぱい釣れて、
>高低差3メートル以内の入脱渓点の川・・・・

そんな川、あるか~ぃ!!

連チャンで東北ですか?
今週も尺メール、楽しみにしていまーす。
Commented by 西洋毛鉤 at 2008-09-08 22:39 x
要さん、綺麗な谿でしょう。

アクセスルートは確認して来ましたので
結構簡単に入れると思います。
daikyuさん曰く、ヤマトしかいない谿です。
今度こそ、一緒にどうですか?

でも、釣れませんよ(^^)
Commented at 2008-09-08 23:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-09-09 01:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-09-09 05:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by iwanao65 at 2008-09-09 15:07
西洋毛鉤さん、こんにちは。
いい渓相ですね~!でも、釣れませんか・・・。
上流部もいいかんじですから、一日かけてここから上まで一回やってみますか。

岩手の、紫親父さんの「シミツの渓」も苔むした岩に囲まれた川です。周りは、もっと開けていますが、霧が立ち込める神秘的なながれです。しかも、釣れます!いつかは、行きましょうね。
Commented by seiyoukebari at 2008-09-09 18:21
鍵コメ①さん、ご無沙汰です。

先日も飛騨の方に行ってました。
鍵コメ①さんたちが、熊の気配を感じたという、谿です。

そろそろシーズンも終了ですが、来年はC&Rの川、是非ともご一緒させてください。
楽しみにしています。

リンクに件、了解です。
Commented by seiyoukebari at 2008-09-09 18:30
鍵コメ②③さん、いつもお世話になっております。

そして、いつも、迷惑をお掛けしております。

これからもよろしく。

Commented by seiyoukebari at 2008-09-09 18:33
shikadaさん、
ぜひ一度、一日かけてここから上までお付合いください。

”#12でどちらがチビのヤマトを釣るか” なんていうのはどうでしょう。
・・・・チビも釣れないかなぁ・・・・・・

それにしても、東北楽しそうですね~。
Commented by Jasse at 2008-09-12 10:28 x
文才ある師匠のいつにない長文ログをワクワク楽しく読み進み
「ふと前方を見ると、・・・・・」

ここまで読んだ時点で。。。さすが師匠!!!
ええオチかますなぁ・・・・・・うんっ???????

なんや橋かいな!!!釣り人がいっぱいおったんや、予想しましたがな。

ルート開発の際の目印に、決してポケットティッシュを木に縛らないでね・・・
鹿に二・三枚食われただけで夕暮れには道に迷ってしまいます。
(こんなこと誰もしないか!!!)

一匹出たのだから、確実に親子で3匹はこの谷にいますね。

Commented by kom at 2008-09-13 15:03 x
こんにちは~♪
自分も渓相重視派なんですが、『ボ』だけは勘弁してもらいたいですね。
小さくても、少なくても何らかの反応が欲しいです。

渓相が良くて入脱渓が楽で釣れれば最高ですけど、そんな川なかなか無いですもんね。
まっ なにより怪我をしない事です。一番は(笑
Commented by 西洋毛鉤。 at 2008-09-14 09:36 x
Jasseさん、凡才ですから文才ではありません。
春にキャンプ釣行で一緒に行ったあの谿に勝るとも劣らない美渓です。
それに車から20分もあれば、谿に到着です(^^)

でも、真夏でも水温が上がらない谿なので、釣りは結構厳しいです。
Commented by 西洋毛鉤 at 2008-09-14 09:37 x
komさん、こんにちは。

>渓相が良くて入脱渓が楽で釣れれば・・・・・
そんな川ないですね(^^)
あったとしても、直ぐに釣れなくなります。

やっぱり、東北ですか?!
<< 第129話--局地的豪雨 トラメ >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31