第129話--局地的豪雨
Kazu  「この河原、川面から1m以上、上にはあるのに、草が全部なぎ倒されてますよ。」
Sisyou 「先日の局地的豪雨で大水が出たんやろな~。」

Kazu  「うわぁー!
       ここはこの前、泣尺を掛けたプールやったのに、砂で埋もれてしもうて・・・・」
Sisyou 「自然の力って凄いもんやな・・・・・」

Kazu  「Sisyou!来た~っ!来ました~っ!!
       綺麗な泣尺イワナです!!!」
Sisyou 「流れが変わって、プールが埋まっても、イワナは釣れるんやなぁ・・・・・」


自然をなめたらあかんでぇ。
ワシらもそう簡単には、流されません~!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
先日行った川。
大水が出たのか、先月行ったときより、
渓相がかなり変わっていました。
それでも、先月と変わることなく綺麗な水が流れ
沢山のイワナが相手をしてくれました。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
[PR]
by seiyoukebari | 2008-09-14 09:48 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/9065641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyo_terry at 2008-09-14 22:03
師匠、こんばんわ!!
やっとの思いで、今日は久し振りに渓に立てました。
イブニングだけを狙っての釣りです。
イワナが着いているポイントを絞り込んでの釣りでした。

絶対に居るッ。と思って流した毛鉤に見事にイワナが食らい付き・・・
見事にロッドが折れました。
結構良い型でしたが・・・まさに泣き尺(笑)
Commented by ヒゲおやじ at 2008-09-15 01:03 x
泣き尺なんてうっらやましい~
増水してもちゃんと魚はどこかに避難してるんですね。
昔、増水の後に釣ったイワナのお腹が小石が入っていてゴツゴツしてたました。
彼らも、流されないように必死なですね。

たまに、足腰が弱った私自身が流されそうになってますが(笑)
Commented by コム@ドイツ at 2008-09-15 04:19 x
まいどです~
行ってきはったんですね!
で、たくさん釣れたみたいで良かったですね。
Kazuさんも泣き尺? 
尺は来シーズンの楽しみにとっとかはったのでしょうか?(笑)
Commented by 西洋毛鉤 at 2008-09-15 17:32 x
terryさん、魚を釣って竿が折れたのなら、竿も本望ってとこでしょう。

私なんか、藪漕ぎ中に、草と福●さんの間に挟まって、ポキポキです。
それも、修理したあの竿・・・・

でも、結構いいイワナを沢山釣った後だったので、あまり落ち込みませんでした。
あれで、福●さんだけが釣れていたら、一人で帰ってきていたと思います(^^)
Commented by 西洋毛鉤 at 2008-09-15 17:34 x
ヒゲおやじ さん、こんにちは。

イワナ達は、私たちが想像するより、ずっと生命力があるんでしょうね。

それにしても、”お腹が小石” は、簡単にはき出せるんでしょうか?
まさか、消化してしまうとか・・・・
Commented by 西洋毛鉤 at 2008-09-15 17:38 x
コム@ドイツ さん、今回のネタは、コムさんと行ったときの事を元にしてます。
あそこの川は9/10で禁漁でした。

一昨日(9/13)は、九頭竜のあの支流に行ってきました。
林道は背丈を超す草で、歩くのも大変でしたが、
そこそこ釣れましたよ。
Commented by amagoann at 2008-09-15 17:57
さすがにこの時期になると厳しいですが、泣き尺とはさすがですね。僕は産卵に関係ないチビイワナしか相手にされませんでしたが…
来週あたり、ラスト釣行で一発大物を狙ってきます!
Commented by seiyoukebari at 2008-09-15 18:20
天女魚庵さん、こんばんは。
飛騨のあの川は9/10ごろで禁漁でした。
なんとかコムさんと禁漁前に出かけたのですが、
天女魚庵さんと行ったときとは、かなり渓相が変わっていました。

でも、釣れます。
Commented by tarobowgoo at 2008-09-15 22:13
こんばんは。
禁漁がちかいですね。
そんななかで、イワナが沢山つれたんですね。

しかし、最近、局地豪雨がおおいですね。
Commented by heboheboy at 2008-09-16 12:49
台風の日に潜った時に細い側溝のようなところにイワナたちが避難しているのを見たことがありました・・・・イワナは人間よりも自然の中ではしたたかに生きていると思います・・・大水よりも人間、、釣って持ち帰らない限りそんなに魚は減ることは無いんじゃないかと思います・・・要
Commented by 西洋毛鉤 at 2008-09-16 23:01 x
tarobowgooさん、こんばんは。
間もなく禁漁。渓流に釣りに行けるのは、後1回か2回でしょうか・・・

>最近、局地豪雨がおおいですね
確かにそう感じますよね。
もともと夕だちは、”馬の背を分ける”っちゅうくらい、
降っているところの、すぐ近くでも降っていないことがあるもんなんでしょうが
最近の降りようは、中途半端じゃないですね。

これも温暖化の影響なんでしょうか?
Commented by 西洋毛鉤 at 2008-09-16 23:08 x
要さんこんばんは。

確かにイワナにとっては、 ”大水よりも人間” ですね。

堰堤やダムより、持ち帰りの方が影響大な気がします。

イワナは堰堤と堰堤の間や、ダム湖でも、幸せかどうかは解りませんが
元気に生きてますもんね。
Commented by tabi-kinako at 2008-09-17 08:34
西洋毛鉤さん、おはようございま~~^す!
釣れてるし!いいな~♪
東北の釣行は、かなり厳しかったです。。。
なので、月末の木曽でなんとか気分を盛り返したいところです!
お時間合えばいいのにな~♪
Commented by 西洋毛鉤 at 2008-09-17 22:23 x
tabiさん、東北釣行は厳しかったようですね。
daikyuさんの口からでさえ、釣れない言訳が幾つも出てきてましたヨ。

こちらは先々週の飛騨、先週の北陸とそこそこ満足のいく、イワナ釣りができました。

シーズン最後は、やっぱり木曾ですか?!
<< 第130話--熊除けの笛 渓相 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30