2017年 06月 16日 ( 1 )

この渓から抜け出せない。
先日に引き続き、今回も大きなアマゴが期待できる渓へ出かけた。

前回の釣行で、大きなアマゴがいる事は確認できているで、
なんとかそいつを釣り上げないことには、この渓から抜け出せない。

梅雨入りしてから全く雨が降らず、コンディションは日に日に悪くなっている。
それでも、入渓直後からそこそこの反応があり、アマゴとイワナがコンスタントに釣れる。

前回大きな魚を逃したダム下では、いい型のイワナが釣れた。
そしてこの日の最後のポイントとなった上流の堰堤下では、私がいい型のアマゴを釣った。
その後、同じポイントで友人にも大きなアマゴがヒットしたが、
痛恨のラインブレイク。ティペットを切られた。

渇水で決していい条件とは言えない中でのそれなりの釣果。
一雨来て、条件がよくなれば、顔に水飛沫を見舞ってくれた「ヤツ」が釣れる気がする。
f0053342_10262247.jpg
釣りを終え、林道を車まで戻る途中、対岸の笹が生い茂る河原で獣が走る音がしたので、
その方向に視線をやると、真っ黒な動物が笹をかき分け、山際の方へ走って行った。
クマ?


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2017-06-16 10:26 | 釣行記 | Trackback | Comments(2)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30