2017年 10月 07日 ( 1 )

2017 シーズン終了
今シーズン最後の釣行は、今年何回かアマゴ狙いで通った渓への単独釣行となった。
朝6時に家を出て、高速に乗り、ラジオを聴きながら運転していたら、
降りはずのICを通り越してしまった。
通いなれた道でも、ナビの行先案内をセットしておかないと…(情けない)
f0053342_11485194.jpg
少し時間をロスし林道に入ると、水たまりの先には車のタイヤの跡が残っている。
先行者がいる様だ。
シーズン最後の平日、前日の雨、そして今日の晴天。
みんな考えることは同じ。

この日入ろうと思っていた支流は、入り口で餌釣り師が釣っていた。
上流に行こうかと思ったが、ゲートの車止めが道路わきに避けてあり、
上流にも先行者が既に入っている様だったので、別の支流に行くことにした。

しかし、ここも入り口に車が止まっている。
本流は濁りがきつく他に支流はないので仕方なく林道を小一時間ほど歩いて
釣り始めることにした。
f0053342_11490049.jpg
入渓してすぐに小さなイワナが釣れた。
その後はほとんど反応はなく、釣れるのはチビアマゴ。
f0053342_11490908.jpg
ポイントを移動しようと、右手上流の浅瀬にフライを落とし足を進めると、
そのフライに魚が飛び出した。
またチビアマゴかと思い竿を上げると、思った以上に良い型で、
その魚は一気に流れに乗り、下流に走って行った。

慌ててこちらも下流に走るが、追い付けない。
魚が走る先には大きな落ち込みが迫り、落ち込みに落とすか、引き上げるか一瞬迷ったが、
ティペットが切れるのを覚悟して、強引に引き上げた。

口を大きくあけながら、ネットに収まったそのアマゴは、お腹ポッコリのなかなかの美形。
f0053342_11492358.jpg

写真をとり、さあこれから・・・・と思ったら、林道に車が止まっているのが目に入った。
ここの渓の入り口は、鎖に施錠されて鍵がないと開けられないのに・・・・・
そこから上流は、真新しい足跡が残されていた。

今年の釣りは、これにて終了。

今シーズンも何度となく
携帯の通じない山の中に分け入り下界を離れ、
澄んだ流れの中で、一日アマゴやイワナと遊んだ。

そんなシーズンだが、今年はJアラートで目を覚ます事があり、
釣友と渓を歩きながら、
「山から降りたら、ミサイルが落ちてるかもしれんなぁ。。。。」
なんて冗談が口からもれたシーズンだった。

来年ものんびり山で魚釣りができますように。
f0053342_11510777.jpg

f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2017-10-07 11:57 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
terryさん、アマゴよ..
by 西洋毛鉤 at 08:42
良いヤマメですね。 近..
by tokyo_terry at 00:28
terryさん、こっちは..
by 西洋毛鉤 at 20:13
sisyou、こんにちは..
by tokyo_terry at 16:36
店主さん、あれは欠けてん..
by 西洋毛鉤 at 07:28
keiちゃん、ご無沙汰..
by 西洋毛鉤 at 07:26
あのフレームの欠けがsi..
by 店主 at 23:36
moriさん、お久しぶり..
by keiちゃん at 17:08
toto4543さん、..
by にh西洋毛鉤 at 08:30
はじめまして。 ヤマナ..
by toto4543 at 22:27
記事ランキング
ブログジャンル