カテゴリ:ろくろ( 16 )

木固めエース
挽き終わったぐい呑に、木固めエースという塗料を塗ってみた。
この塗料はポリウレタン系の塗料で以前から一度使って見たいと思っていた。
人体には無害で、重要文化財補修や学校給食器などの器作りにも使われているらしい。
f0053342_16101472.jpg
使った感じは、一言でいうとプラモデルに使うシャバシャバのセメダイン。

使い方は、器に吸収しなくなるまで塗料を染み込ませ、
染み込まなくなって表面に浮いてきたら、シンナーで拭き取る。
これを何度か繰り返すうちに、光沢のあるきれいな塗装ができる。
また、水などの侵食でもろくなった木に使うと固くする効果があるため
文化財の腐朽部への補修などにも有効とか。

ただ普段、天然油の匂いに癒やされながらフィニッシュをしている私には、
シンナー臭は耐え難い。気分が悪くなった。

ひょっとしたらバンブーロッドにはいいかもしれない。
ディッピングをしなくても、ガラス質の光沢のある塗装ができそうな気がする。

ネットで調べてみると、結構木固めエースファンがいるようだが、
私にはちょっと合わないなぁ。
どうしても光沢のある仕上げにしたいのなら、ニスでいいし、
他の塗料にくらべかなり高価なうえ、特定のお店でしか売っていない。
単価も全国統一。いまどき全国統一価格ちゅうのもなんか・・・・・?


f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-11-22 18:34 | ろくろ | Trackback | Comments(2)

お返し
 
お土産にもらった屋久杉の木片。

誕生日のプレゼントに、ボールペンにしてお返し。

f0053342_16391732.jpg


f0053342_1254265.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-11-18 16:41 | ろくろ | Trackback | Comments(0)

ぐい呑み
ぐい呑みで、ターニングの練習。

f0053342_9134036.jpg


曲面の外側を削るのは、それなりに削れるようになってきたが、
曲面の内側を削っていると、バイトが材に食い込むことがあり、
ひやっとする。

薄く、深く削るのが難しい。


f0053342_12592434.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-11-04 09:15 | ろくろ | Trackback | Comments(2)

ペンターニング
マンドレルが出来たので、ペンターニングをやってみた。

リールシート用に取ってあった角材に穴を開け、
その穴にボールペン部品の真鍮管を通し接着。

接着剤が乾いたら所定の長さにカットして、マンドレルにセットして旋盤で削る。
f0053342_9374065.jpg



旋盤での作業は外周を削る作業だけなので、なんとか形にはなった。
f0053342_9374841.jpg



削ったあとは、仕上げをして塗装して、ペン部品を組み込んで、出来上がり。
f0053342_938236.jpg


今回使った木は黒柿。
フィニッシュは桐油。

柿は大好きな果物だが、リールシートや小物の材としても一番のお気に入り。
桐油の匂いは気持ちが落ち着く。
一般にはウレタン系でガラス質な光沢のある塗装が好まれるが、
オイルフィニッシュの手触りは、癒やされる。





f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-10-29 09:47 | ろくろ | Trackback | Comments(0)

マンドレル
マンドレルを作った。
と言っても、カーボンロッドを作るわけではない。
ペンマンドレルという治具。

f0053342_1247538.jpg


バンブーロッドを作るのに使った竹の切れ端で、
何本かボールペンを作ったのだが、大変手間がかかり、
その上あまりの歩留まりの悪さに嫌気が差してしまった。

そこでちょっと横道にそれて、リールシート用にストックしてある木で
ボールペンを作ってみることにした。
木工旋盤の世界では、ペンターニングと言って
木やアクリル材からボールペンや万年筆を作られる方が多く、
初心者でも見た目もよく、世間受けするものが、比較的簡単に作れる。

f0053342_12521443.jpg


材に穴をあけ、そこにマンドレルを通して、旋盤にセットして削る。
芯材は穴より少し細くし、隙間をスペーサーで固定する。

2000円ほどで市販されているが、自分で作ることで
かゆいところにもうちょっと手が届かない物が作れる。



f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-10-26 13:05 | ろくろ | Trackback | Comments(2)

ポプリケース
我が家は芳香剤が苦手。
洗濯にも使わないし、車用の物も使わない。

車には、摘んた蝋梅やラベンダーなどを、
茶こしネットなどに入れて芳香剤として使っている。

f0053342_1830199.jpg


畑にラベンダーが沢山咲いてきたので
車のボトルホルダーの大きさに合わせ、
ろくろでポプリケースを作ってみた

筒ものは、中をくり抜くのが難しい。
蓋のすり合わせもうまくできない。

本体と蓋を異なる部位から削ったので
色合いが違って、見た目が悪い。

材はトチ。
仕上げは、オスモオイルとニスの混合油。



f0053342_12592434.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-06-23 18:26 | ろくろ | Trackback | Comments(0)

ぐい呑

ラベンダーの花が沢山咲くので、
ろくろでポプリケースを作ってみようと作業を始めた。

f0053342_1212458.jpg


本体に合わせて蓋を作っていたら、本体より一回り削り過ぎたので、
急遽、ぐい呑に変更。

材はトチ。
仕上げはオリーブオイル。

軽くていい感じ。

f0053342_1254265.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-06-19 10:58 | ろくろ | Trackback | Comments(0)

作業台
なんとか木工旋盤の作業台ができた。
ちょとほぞがきつかったので、凸の方をノミで削って、木槌で叩き込んだ。
さすがに3寸角の材をほぞ接ぎすると、びくともしない。

天板は脚にL字金具で固定。
脚は床と壁にこちらもL字金具で固定。
f0053342_18393027.jpg


早速、新聞に紹介されていた「森山ロクロ工作所の急須台」を参考に、挽いてみた。
f0053342_18451813.jpg

翌朝、コーヒーサーバーを置いてみると、グラグラする。
一晩の間に、反ったようだ。
f0053342_933250.jpg

おっしょさんの工房には、粗挽きをした材がところ狭しと乾燥されてた。
何年も乾燥した材を粗挽きして、また乾燥。そして仕上げる。
いい物は、時間と手間がかけられている。

f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-03-10 18:30 | ろくろ | Trackback | Comments(2)

旋盤の作業台
ろくろのおっしょさんから、作業台の材料を譲って頂けることになり、
角材と天板をとりに行ってきた。

今日は車に積める寸法に切って持って帰る予定でいた。
作業台は強度を考え、ほぞ組みにする。
まともにほぞ組なんかをしたことがないので、GWにじっくり作業しようと思っていた。

おっしょさんに簡単な設計図を見てもらい、適当な角材・天板を選んでもらった。
角材は3寸角の米松。天板は1寸以上あるケヤキで60cm×90cmで一人では持てない重さ。

車に積み込もうとしていると、
「そんなもん、手でほぞ切ってたら、いつまでたっても出来へんでぇ。」
「ほぞ切りの機械あるさかい、使い方教えたるから、ここで細工して帰り。
 そやないと絶対でけへんでぇ」
と言っていただき、細工をすることになった。

これはメスほぞを空ける機械、角ノミ。
f0053342_1859327.jpg
正方形の刃の真ん中にドリルがついていて、
ドリルで彫り進みながら、穴を四角く削っていく。
位置を決め、刃を降ろすと四角いほぞ穴が開く。

これはオスほぞを切り出す機械。
f0053342_1944362.jpg
縦刃2枚と横刃2枚、計4枚の丸のこの刃が同時に回転し、
こちらも位置を決め、刃を降ろすとだけで、凸状のオスほぞが切れる。

厚さ一寸以上あるケヤキの天板はおっしょさんが、
大きなテーブルソーで所定の大きさに切ってくれた。

おっしょさんの言われた通りで
これだけの作業をノミと丸のこでやっていたら、
出来上がりはいつになっていたことか。
f0053342_19111557.jpg

今日は材料をもらって帰るだけの予定で家をでたのに、
ほぞ切りまで終わらせた角材と、天板を持って帰ることができた。

天板は表面が荒れていて、少し反っていたので、
家に持ち帰り電気カンナをかけた。
f0053342_19132051.jpg

カンナをかけると綺麗な木肌と杢目が出てきた。
作業台にするにはもったいないような材だ。
手でカンナをかけたらもっと綺麗になるのだろうが、
今回は作業台なのでこれ以上削らず、塗装して使うことにする。
f0053342_19142553.jpg


後はほぞ穴を綺麗にして組むだけ。
もう一日もあれば作業台が出来上がりそうだ。


f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-03-08 19:20 | ろくろ | Trackback | Comments(0)

練習材

ろくろのおっしょさんに練習用の材を頂いてきた。
お盆用のケヤキ板、お椀用にトチの角材、その他いろいろ。

f0053342_18553865.jpg


頂いたトチ材には、黒い線状の模様が入っているものがあった。
これは材の中に菌が入って珍しい模様となる、スポルテッド(Spalted)杢というらしい。
日本ではなんて言うんやったかな・・・・?忘れた。
リールシートにしようかな。

旋盤が振れることをおっしょさんに相談したら、
「ほこらへんにある角材やら天板をやるさかい、丈夫な台を作りぃ」
と言ってくださった。

f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-02-28 18:51 | ろくろ | Trackback | Comments(2)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30