カテゴリ:ろくろ( 16 )

茶托
お気に入りの湯のみ。
茶托がなかったので、作ってみた。

f0053342_14892.jpg


こんな物でも、なかなかうまく作れない。

旋盤をおいている作業小屋の床と机の強度不足で旋盤が揺れる。
旋盤が揺れると表面が平らに削れない。

どうしようかな~。


f0053342_1254265.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-02-23 18:09 | ろくろ | Trackback | Comments(2)

木工ろくろとウッドターニング
永源寺は木地師発祥の地。
縁あって永源寺で木地師をされている方に、木工ろくろを教わる機会を得た。

何回か通って、ほんのサワリを体験させてもらった。
と言っても、私が教えてもらったものは、海外で普及しているウッドターニングという技術で
日本古来の木工ろくろとは異なる。

先日は、先生に無理を言って、木工ろくろの実演をやってもらった。
f0053342_2055187.jpg

和竿とバンブーロッドの作り方が異なる様に、
木工ろくろとウッドターニングは全く違う。

技を体で覚え、手と手の延長にある道具で形を作り出す日本と、
とにかく道具とシステムを作ってなんとか形にしようとする米国。

日本の職人さんはほんまにカッコええ。
職人さんに憧れる。
でもとりあえずバンブーロッドを作ってウッドターニングをする。

f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-02-04 19:29 | ろくろ | Trackback | Comments(2)

SPiNDLE GOUGE & BOWL GOUGE

スピンドルガウジとボウル・ガウジ。

どう使い分けるのかさえ、まだ解っていない。

荒削り と 仕上げ削り?

棒もの削り用 と 鉢物(ボウル)削り用?

センターワーク用 と フェイスワーク用?

f0053342_1014613.jpg


今回も8割程度を師匠に削ってもらってできた果物鉢。
家に持ち帰り、オリーブオイルでフィニッシュ。
f0053342_10273278.jpg


f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-12-04 10:29 | ろくろ | Trackback | Comments(0)

菓子盆
f0053342_18591847.jpg

週末は奥永源寺へ。
ダム湖周辺の紅葉が綺麗に色づいていた。


f0053342_1859025.jpg

今日はケヤキを削らせてもらった。
バイトを材に当てる角度がなかなか会得できない。


f0053342_16333461.jpg

作ったものを持ち帰り、オイルを塗ると綺麗な杢が浮き出てきた。

f0053342_1254265.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-11-17 09:43 | ろくろ | Trackback | Comments(0)

木工旋盤

木工旋盤という物に初めて触れた。

木地師の方が使われる木工ろくろと木工旋盤では少し違う。
ろくろには心押台なく、細長いものを削るのは苦手な反面、
お椀などの繊細な曲線に削り上げるのに向いている・・・らしい。

刃物も、ろくろはカンナと呼ばれる彫刻刀の様なもので削り、旋盤はバイトと呼ばれるもので削る。
形状も、材への当て方も違う。
ろくろのカンナは通常木地師の方が自分で作られる。

カンナの作り方もゆくゆくは教えて頂けるとのことだが、
先ずは、どちらかと言うと初心者に扱いやすい旋盤を使わせてもらった。

f0053342_1405793.jpg


高速で回転している材に、軽くバイトを当てると、気持よく材が削れていく。
でも、少しバイトの角度が違ったり、押しすぎるとバイトが材に食い込む。
食い込むと、ガリッ!と大きな音とともに、バイトが跳ねたり、材が飛ぶ事がある。
この食い込みが怖くて、バイトを材に軽く当てられない。
ついつい、手先から腕・肩・背中・腰・脚まで力が入ってしまう。

先生に手を添えてもらいなが、バイトの角度、動かし方を習う。

バイトの角度を変えながら、削れ出す角度を音で感じろ・・・・って言われても違いが解らない。
力を入れずに・・・・・って言われても、バイトの角度を固定しようとするとついつい力が入る。

あっと言う間の2時間。緊張した。

荒削りを終えたケヤキの小盆。
f0053342_13594772.jpg


一応塗装まで終えた、ウォールナットの小皿。
初めて旋盤で作った作品だが、自分一人でできたのは塗装だけ。
私がバイトを持って削ったのは確かだが、私の手だけでは何も削れなかった。
自分ではもう少しできると思っていたのだが。
f0053342_1401927.jpg




f0053342_1254265.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-11-05 18:01 | ろくろ | Trackback | Comments(5)

奥永源寺 匠の祭
週末、奥永源寺で開催されていた「匠の祭」を見に行ってきた。

奥永源寺は木地師発祥の地。
木から作られた作品がたくさん展示されていた。

会場の下には、イワナが釣れそうな、綺麗な渓流が流れてる。
f0053342_10563115.jpg



ロクロの実演をされてた方に話を聞いていると
ロクロを教えてくださる方を紹介してくださった。

ひょうっとして、普段使いできる木の器が作れる日が来る・・・・・のかな?


f0053342_12592434.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-10-28 12:55 | ろくろ | Trackback | Comments(2)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のコメント
terryさん、アマゴよ..
by 西洋毛鉤 at 08:42
良いヤマメですね。 近..
by tokyo_terry at 00:28
terryさん、こっちは..
by 西洋毛鉤 at 20:13
sisyou、こんにちは..
by tokyo_terry at 16:36
店主さん、あれは欠けてん..
by 西洋毛鉤 at 07:28
keiちゃん、ご無沙汰..
by 西洋毛鉤 at 07:26
あのフレームの欠けがsi..
by 店主 at 23:36
moriさん、お久しぶり..
by keiちゃん at 17:08
toto4543さん、..
by にh西洋毛鉤 at 08:30
はじめまして。 ヤマナ..
by toto4543 at 22:27
記事ランキング
ブログジャンル