カテゴリ:ハンドクラフト( 164 )

朝どれ・完熟イチゴ
近くで借りている畑で育てているイチゴが、赤くなってきた。

手間・ひま・肥料・資材を投入して家庭菜園で育てるイチゴは、
かなり単価が高い代物になっているはず。

それでも、真っ赤に完熟した新鮮なイチゴを、
朝一つんで食べる幸福感には変えられない。
f0053342_10032450.jpg
そんな大事な大事なイチゴを横取りする輩がいる。

先日、朝食前に収穫に行くと、イチゴの株の回りに、
イチゴのヘタだけが残っていた。

毎年鳥に食べられるので、ネットで覆っているので、鳥ではなさそう。
小動物・・・・さては人間?

人間様は疑いたくないので、小動物にしておこう。
小動物とすると、おそらく夜行性なので、夜の内に忍び込んで食べているはず。

と言うことで、収穫を夕方にした。

ところが、夕方収穫したイチゴは、美味しくない。
株についている時点で、既にピチピチ感がない。

朝収穫にして、小動物の見落としたピチピチ新鮮朝どれにするか、
夕収穫にして、ちょっとピチピチでないまあまあなイチゴにするか・・・・・
小動物対策に更なる資材を投入するか・・・・


f0053342_10295884.jpg


[PR]
by seiyoukebari | 2017-05-18 10:09 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

トチの菌糸杢のフライボックス
ミズザクラの木のフライボックスを作るのに買ったピンヒンジが残っていたので、
トチの菌糸杢でフライボックス作った。
f0053342_10072599.jpg
菌糸杢は外国ではかなり人気の杢だが、日本ではイマイチ人気がないみたい。
なんせ、カビに侵されてできた模様だから・・・・
f0053342_10073248.jpg
菌糸杢の一枚の板から切り出して作ると、菌糸の線が上蓋と底蓋につがって、
ただの四角い木の塊みみえるのが面白い。


f0053342_1254265.jpg


[PR]
by seiyoukebari | 2017-05-16 10:11 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

消防ホースが巻木にいいらしい

消防ホースが巻木にいいらしいと聞いたので、
会社の近くの消火システムを扱う会社に頼んで
消防ホースを頂いてきた。

消防ホースというのは、対応年数が過ぎると買い替えが必要となるらしく、
ほとんど一度も実戦で使われた事のないホースがゴミと化していくため
無料で頂けるようだ。

巻木というのは、薄い板を曲げるのに使う型のことで、
曲げわっぱのお弁当箱や樺細工の筒などを作るときに使う。
なぜ、消防ホースが巻木に言いかというと、
・伸縮性(伸びない)
・柔軟性(ぐねぐね曲がる)
・速乾性(水を含まない)など
消防ホースに求められる性能が巻木にぴったりなのだ。
f0053342_13033140.jpg
薄板を茹でて曲げ木に挟んで曲げてみた。
完璧!


f0053342_12592434.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2017-04-19 13:05 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

ピンヒンジを使ったフライボック完成
f0053342_10473680.jpg
先日から作っていたフライボックが完成した。
なかなかうまく行かないところもいろいろあるが、なんとか使えそうなものができた。

うまく行ったところもある。
作る前からうまく行くか心配していたピンヒンジの取り付け。
色々調べたり、試行錯誤の結果、簡単なジグを作って取り付けることにした。

作ったのはピンヒンジと同じ太さの、ピンとタボ。
写真の黒いのがピンヒンジで、銀色のものがジグ。
f0053342_10472232.jpg
まず、底側2箇所と蓋側の1箇所にピンヒンジを付ける穴をあけ、
底側にジグのピンとタボ刺す。
それに蓋側を合わせ、ピンの先端で穴を開ける所に目印の窪みを付け、
その窪みのところをドリルで開けると、きっちりピンヒンジの穴がズレること無く開けられる。
f0053342_10472900.jpg
こういった作業を定規や曲尺でいくら正確に測って、やっても結果はズレる。
現物合わせに限る。

うまく行かなかったところは、
 ・我が家のバンドソーでは、均一な厚さの板を切り出せない
 ・材が完全に乾燥できていなかったので、切り出した板が反ってくる
 ・板を掘るのに作った型が、一回り小さく、C&FのSサイズフォームがギリギリ入らず、フォームを削るはめに

それと、こういった木の小箱には、蓋がピチッと閉まる様に普通小さな磁石を埋め込むのだが
今回は付けていない。
これは、ヒンジの動きにそれなりのテンションがあるため、必要無いと思ったからだ。
実釣で試してみて、必要なら後から磁石は埋める予定。



f0053342_12592434.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2017-04-11 09:32 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

フライボックス
綺麗な材が手に入ったので、フライボックスを作ってみようと思う。
材はミズザクラ(溝桜)と聞いたが、確かなことは解らない。

以前にも何個かフライボックスは作って、使っている。
前に作ったときは、ハンズの木のハガキで作ったが、
今回は太い柱の様な木から、薄板を切り出して、トリマーで掘る予定。
中はC&FデザインのSサイズフォームを利用して、#18-#16の小さなフライ用。
フォームを一面にするか二面にするかは、出来上がったボックスの厚さまかせ。
f0053342_10463587.jpg
トリマーを使うのは、なかなか恐ろしい作業で、
とりあえず恐怖心を払拭するためのジグをしっかり作ってから、掘り始める。
ジグさえちゃんと作れば、量産化も可能。

ちょっと大きなバンドソーも導入したし、
取り付けが難しいそうだが、ちょっとおしゃれなヒンジも購入済み。
小さな磁石も発注した。
作成手順もメモったので、万が一注文がきても対応可!


f0053342_12592434.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2017-04-06 17:21 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(4)

KUKSA 完成
四角い木を、適当な形に切り出し、中をくり抜きゃ簡単にできると思って初めたKUKSA作り。
何でも作ってみると、簡単なものはありません。

何が大変って、中をくり抜く作業。ナイフでは到底できません。
先に、ドリルでハチの巣のように穴を空け、ナイフで仕上げて行ったのですが、これが大変。

作ってみて解りました。
KUKSAの形がみな、一般的なカップに比べて、そこが浅く平べったいデザインになっている理由が。

f0053342_09440981.jpg
ちょっと形がKUKSAらしくないけど、オリーブオイルで仕上げたら、トチの杢が綺麗なカップができた。


f0053342_12582281.jpg


[PR]
by seiyoukebari | 2017-04-03 09:47 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

コーヒーフィルターストッカー
以前作ったものは、私の作ったモノに辛口の娘が気に入って使ってくれているので、自分用にもう一つ作った。
前回作った時に、作成手順や型をとっておかなかったので、今回もまた一から。
でも今回は型をキッチリ作り、作成手順もメモったので、万が一注文がきても対応可!
f0053342_19395053.jpg
材は、ランディングネットのフレーム材を買った時のおまけなので判らない(笑)




f0053342_12582281.jpg


[PR]
by seiyoukebari | 2017-03-27 19:40 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(2)

KUKSA
道の駅の展示販売は、結構暇なのが解っていたので、
栃の木とナイフを持ち込んで、お客さんのいない間、ククサ作りをしていた。
お蔭さんで作業ははかどった。

外見は大方削れたので、あとは仕上げ。
f0053342_11294622.jpg

内側は凸凹。これはナイフでは綺麗にできそうにない。
どうしようか思案中。
内側はドリルでハチの巣状態にして、くりぬいたが、
ホールソーを使ったらよかったのかな。。。
f0053342_11330279.jpg
それより問題はこれ。
私より先に虫がくりぬいていた。
f0053342_11352641.jpg
使い物になるかなぁ。


f0053342_12582281.jpg


[PR]
by seiyoukebari | 2017-03-20 11:36 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(2)

「奥永源寺 渓流の里 春まつり2017」
週末は「奥永源寺 渓流の里 春まつり2017」に参加していました。
釣り道具や一輪挿し、ボールペンを展示販売させてもいましたが、
なかなか売れません。
モノを作って買ってもらうのは、なかなか簡単ではありません。
それでも、一輪挿しやボールペン・アクセサリーを幾つか買っていただきました。
ロッドにも何人かの人が興味をもってくださり、一時、釣り談義を楽しませてもらいました。
f0053342_19430604.jpg
梅や彼岸桜を一輪挿しに挿して展示していたら、
年配の方が目を止めてくださった。
「道端に咲いてた梅を、ちょっともろて(貰って)きましてん」と私が言うと、
花盗人に罪は無し」っと、粋なことを言って行かれた。
展示販売ではのやりとり、こんなやり取りが楽しい。

f0053342_19493660.jpg
奥永源寺のイベントではいつも隣のブースが帆布鞄イヌイット さん。
自分用に小型のストーブ(屋外用小型コンロ)のケースを作って展示されてたので、
リールケースにアレンジしてもらえないか相談してみた。
写真の様な感じで1500円~2000円。
これを二連タイプにしたバージョンを見積中。たぶん3000円くらいかな。。。


f0053342_10295884.jpg
f0053342_10301019.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2017-03-19 19:57 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

ハナミズキの剪定枝でライトスタンド
 
タイイングする時、手元を照らすライトを作った。

f0053342_18115173.jpg
作ったと言っても500円のクリップライトの脚を作って、付けただけ。
薪を適当な大きさに切って台にし、剪定したハナミズキの枝を突き立てたスタンド。
なかなかいい感じ。


f0053342_12582281.jpg


[PR]
by seiyoukebari | 2017-03-08 18:16 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30