カテゴリ:ハンドクラフト( 166 )

槐(エンジュ)
槐(エンジュ)の一輪挿し。
「延寿」の字も当てられ、魔よけや安産・長寿のお守りとして使われる。
現在ではあまり出回らない、貴重な樹になってきているらしい。

黒く重厚感のある木肌と朽ちたところが、なかなかいい感じ。
f0053342_10435478.jpg


神代杉の一輪挿し。
一輪挿しの様な、小さな樹の塊でも、こに至る年月が存在感を与える。
f0053342_10543035.jpg


トチの一輪挿し。
月をイメージして作った訳ではないが、上弦下弦どちらも、いい感じ。
f0053342_10553199.jpg


f0053342_10574447.jpg


永源寺渓流の里のフリーマーケットで販売するために作ったのだが、売れ残った。
自分が良いと思うものと、買ってもらえるものは、かなり違う・・・・・・

f0053342_10301019.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-11-22 11:01 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)


大好物の柿が旬だ。
固くて、かじったとき「パリッ」と言うのがいい。
切り口に、黒い点々がいっぱい詰まったのが、甘くて美味しい証拠。
何故か毎年春先に無性に柿が食べたくなり、秋まで我慢している。

カキは工作の材としても、一番のお気に入り。
カキのリールシートを付けたバンブーロッドは、愛用の一本となっている。

下の写真、上からブナ、カキ、ケヤキ。
カキは切ったときは、ブナの様な薄いクリーム色をしているが、
削って磨いていくうちに、黒味が増してくる。
中には黒くならないものもある。
f0053342_1050947.jpg


下の2本は共に黒柿。
神代杉がスギという植物の種類でないのと同じように、黒柿もカキの種類ではない。
柿の古木のうち、ごく稀に黒色の紋様があらわれることがあり、
この紋様があらわれた柿が「黒柿」と呼ばれ、珍重されている。
最近は入手が困難で高値で取引されている。
f0053342_10572912.jpg

ボールペンの様な細い物を作ると、黒ばっかりであったり、白ばっかりで仕上がってしまい、
黒柿本来の良さである、白黒の模様がなかなか出せない。


f0053342_12592434.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-11-11 11:11 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(2)

神代杉

神代杉の端材が手に入ったので、ボールペンにしてみた。
f0053342_9543370.jpg

「神代杉」というのは、スギの種類ではなく、
水中につかったり土中にうずまったりして長年たったスギを「神代杉」というらしい。
よって、埋まっていた木がヒノキなら「神代桧」で、スギなら「神代杉」となる。
埋まっていた土や水の環境によって、掘り出された木の風合いや色が変わってくる。

f0053342_9545655.jpg

芽が出て大きく育つまでに、何十年・何百年。
そして大水か地震で倒れ、水中か土に埋もれて、これまた、何十年・何百年。

そんな樹を削って作ったボールペン。
誰かの手の中で、せめて数年でも使ってもらいたい。


f0053342_10295884.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-11-08 10:01 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

ケヤキセット

いつもお世話になっている方へ、

ケヤキセットのプレゼント。


f0053342_931560.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-10-26 09:33 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

ボールペン

ボールペンの在庫が少なくなってきたので、
また作り始めた。

f0053342_13115940.jpg


手元にある木を見ていると、いろんな木で作ってみたくなる。
今回削ったのは、トチ、カキ、クロガキ。シタン、カエデ、モミジ、コウバイ、ケヤキ、ブナ。

削る前は、取り立てて面白い杢が見えない木でも、
削って塗装をすると、思いがけない木肌が現れたりする。




f0053342_10295884.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-10-18 13:15 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

ニュー牧民広場 金剛苑の巻 と 道の駅 奥永源寺渓流の里一周年記念祭
f0053342_9581382.jpg

この3連休、最初の二日間は「ニュー牧民広場 金剛苑の巻」、
最後に一日は「道の駅 奥永源寺渓流の里一周年記念祭」に参加してきました。

最初の二日間は、天気が心配でしたが、なんとか雨に降られることはなく、無事終了。
最後の一日は、行楽日和となり、道の駅は終日沢山の人で賑わっていました。

最近ネットで知り合った友達や、旧知の釣友が来てくれたり、
町内の人や同窓生、通りすがりのご夫婦・・・・・・
楽しい時間が過ごせました。

ご来場頂いたみなさん、そして一輪挿しやボールペンを購入頂いたみなさん、
ありがとうございました。

でも普段あまり不特定多数の方とお話をする機会のない私は、ちと疲れました。
特に、お金のやり取りは慣れません。
どのタイミングでお金を預かり、いつ品物を渡すのか・・・・
お釣りがいるときなどは、その手順に手間取ってしまいます。

やっぱり小屋で竿を作ったり、ロクロを回してるほうが性に合います。



f0053342_10295884.jpg
f0053342_10301019.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-10-11 09:58 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(3)

イベント参加のお知らせ

10月は、地元のイベントからお誘いを受け、二つの催しに参加させて頂きます。

作りためたバンブーロッド、ランディングネット、ナチュラルウッドボールペン、一輪挿しなどを展示する予定です。

また、キャスティング体験も予定していますので、興味のある方は是非、会場にお越しください。

f0053342_10282697.jpg


ニュー牧民広場 金剛苑の巻

  日時:10月8日(土)/9日(日) 10:00~15:00

  場所:愛知郡愛荘町蚊野外514

      手織の里金剛苑 (国道307 コクヨ滋賀工場西側)


道の駅 奥永源寺渓流の里 開駅一周年記念祭 

  日時:10月10日(月) 10:00~16:00
     (開駅一周年記念祭は8日~10日まで開催されてますが、
     10日のみ参加です。)

  場所:東近江市蓼畑町510番地

      道の駅 奥永源寺渓流の里

      ※私のブースは本館奥の体育館です。
       体育館なので雨でもキャスティング体験ができます。


f0053342_1030495.jpg

f0053342_10302394.jpg

f0053342_10305382.jpg



f0053342_1254265.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-09-30 10:39 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(2)

一輪挿し

道の駅に置いてもらっている、一輪挿しが少し売れたみたいなので、

ロクロで、一輪挿しをいくつか作ってみた。

f0053342_10312683.jpg

トチ(左)とケヤキ(右)



f0053342_10301019.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-09-20 10:35 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(2)

KINEYA CAVOUS
f0053342_11265272.jpg
買ってすぐにハンドルをカリンの瘤に変更。
ハンドルが取れ、ネジがバカになったので、別の所にタップでネジを切り付け替える事3回。
フットが取れ、ハンダ付け・・・・・と改造・修理を繰り返し使ってきたCAVOUS。
使い込んで、いい感じになって来たが、今度は、フレームが変形しスプールと接触して、
回らなくなってしまった。
f0053342_10462612.jpg

フレームを外し、ペンチで変形している箇所を広げようと四苦八苦するが、うまく広がらない。
と言うか、こちらを広げればあちらが狭まると、益々変形が酷くなるばかり。
簡単そうな修理だが、こういった類の修理は結構難しい。

いろいろやってみたが、フレームの内側を真円にするには、やっぱり真円の型を作って
それに当て込むしかなさそうだ。

手元にあったアルミの厚板を切り出し、旋盤で型を作ろうと思ったが、この暑さ。
金属加工をする気になれない。

作業小屋を物色していると、作りかけの花器の材があったので、
それをフレームの内径に合うよう旋盤で円錐形に削り出し、
それに合わせてフレームを整形することにした。
f0053342_10541367.jpg

削り出した型にフレームを乗せ、変形した箇所をカナヅチで叩いて、
少しずつ押し込んで行く。
型が木のため、型の方も変形して、なかなかうまく行かない。
やっぱり型はアルミを削り出せばよかった。
でも、なんとか修理前よりは良くなった感じ。
f0053342_112347.jpg

グリスアップし、ハンドルを回してみると、ストレスなくスプールは回った。

KINEYAさんに修理を出すと、無償もしくはそれに近い代金で修理をしてくれるそうだが、
自分でメンテナンスすると、益々愛着が湧いてくる。

f0053342_1254265.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-08-21 11:09 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

ケヤキ瘤材のボールペン

先日、永源寺の道の駅「奥永源寺渓流の里」に行ったら
面白い杢のケヤキの瘤材が販売されていたので、
購入し早速ボールペンを作ってみた。
f0053342_111925.jpg

今回は塗装の練習も兼ねて光沢仕上げ。
明るい色合いの材には、光沢仕上げがよく似合う。

でもオイルフィニッシュの方がしっくり手に馴染む感じがして、個人的には好みだ。

f0053342_10295884.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-08-11 11:05 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(2)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
terryさん、アマゴよ..
by 西洋毛鉤 at 08:42
良いヤマメですね。 近..
by tokyo_terry at 00:28
terryさん、こっちは..
by 西洋毛鉤 at 20:13
sisyou、こんにちは..
by tokyo_terry at 16:36
店主さん、あれは欠けてん..
by 西洋毛鉤 at 07:28
keiちゃん、ご無沙汰..
by 西洋毛鉤 at 07:26
あのフレームの欠けがsi..
by 店主 at 23:36
moriさん、お久しぶり..
by keiちゃん at 17:08
toto4543さん、..
by にh西洋毛鉤 at 08:30
はじめまして。 ヤマナ..
by toto4543 at 22:27
記事ランキング
ブログジャンル