カテゴリ:ハンドクラフト( 157 )

お正月

年末は27日から休みだったので、なかなかお正月が来なかった。

おかげで、掃除やら工作やらいろいろなことが出来た。

毎年作ろう作ろうと思ってなかなかできなかった門松も、今年は作って飾る事ができた。

f0053342_1428345.jpg


正月のお花の松、近所に生える丸節竹、庭に咲く蝋梅。
それに、刈り取った稲の株から伸びたひこばえ、散歩道で見つけた苔。

身の回りにあるものだけで作った門松だが、
玄関に飾ってみると、気持ちがシャンとする。

今年もいい年でありますように。。。。


f0053342_1254265.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-01-01 08:24 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(8)

watch stand
あまりつける機会が無くなった腕時計。
たまにつけようと思うと止まっている。

普段使っているのは、1万円程度のものだが、それでも電波ソーラー。
引き出しなんかにしまっておくと、電池切れになり止まっている。
引き出しから出して少し経つと、勝手に時刻を合わせて動き出してくれるのだが、
止まっている時計をつける気分にはなれない。

置き場所に困って、ついつい引き出しなんかにしまっていた腕時計。
いつでも充電できるよう、watch standを作った。

f0053342_172363.jpg

材はウイスキー樽の廃材。
長い年月を経て劣化したの木の質感と、
金属の光沢を放つ機械のコントラストが面白い。


f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-11-22 18:03 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

Power Tool
 
久々に電動工具を買った。
額を作るのに買ったスライド丸鋸以来の
ちょっと高価なパワーツール。

f0053342_17174228.jpg


ベルド状の紙ヤスリが回転する部分と、
円盤状の紙ヤスリが回転する部分がある。

手で削ると何時間もかかる作業が、数十分でできる。
丸鋸の方の出番は無くなったが、ベルトサンダーは重宝しそうだ。


f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-11-14 17:26 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

一輪挿し

竿作りを始めようと、
作業小屋の片付けをしていたら、
綺麗な杢目の端材が出てきた。

綺麗な杢の木を触っていると
ついつい何か作ってみたくなる。
f0053342_1831399.jpg

角材を切って磨いただけの一輪挿し。

f0053342_183487.jpg

光のあたり具合で、杢が変化するのが面白い。


f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-11-02 18:07 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

テントのメンテナンス
先日のキャンプでテントのフライシートがベトベトして不快だったので
なにかいい対策がないものかと調べてみた。

まずベトベトの正体は、防水処理として施されている
ポリウレタン(PU)コーティングが劣化したものらしい。
対策としては、この劣化したPUを除去して、あらたに防水処理を施す。

劣化したPUは、重曹をお湯に溶かしたものに浸け置き(一昼夜)すればの除去できる。
防水処理はシリコンシーラントをラッカーで薄めたものや、防水剤(POLON-T)を塗布する。
今回はPOLON-Tを塗布することにした。

重曹の溶液に一日浸け置きしておいたら、ポリバケツの底に劣化したPUが溶けて
粘土のように沈殿していた。
作業としては簡単なものだが、大きなフライシートに防水材を塗るのは結構しんどかった。
テントの床もベトベトしているが、キャンプでは床にシートを敷くし、
設営の時に手に触れることも少ないので今回はパス。

f0053342_1046591.jpg

この処理でどれほどの防水効果があるかわからないが、
愛着のあるこのテントなので、少しでも長く使っていきたい。

f0053342_10462713.jpg

REIのロゴも少し剥げてしまった。

f0053342_10463666.jpg

雨に当たることがなくいバッグなどは、PUの劣化が進んでいないのか、溶けずに残った。、


今回防水材として使ったPOLON-Tは、
液体フロータントとして使えそうなので少し取り置きした。
というか、液体フロータントその物のような気がする。

f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-10-30 11:01 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(6)

ニュー牧民広場 金剛苑の巻
 
先日の連休は「ニュー牧民広場 金剛苑の巻」というイベントに
バンブーロッドやネットを展示させてもらった。

竹を細く削って、貼りあわせるバンブーロッドの作り方にはみなさん驚かれる。
f0053342_19145886.jpg


友人のお父さんの竹籠を作る技はすごかった。
いとも簡単に竹を裂いて行かれる。
f0053342_19154942.jpg



f0053342_12592434.jpg
 
[PR]
by seiyoukebari | 2014-10-15 19:05 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(4)

曲げもの
  
コーヒーフィルターのストッカーを作ってから、曲げものにハマっている。

f0053342_1943435.jpg


以前から作ってみたかったオーバルボックス。
ネットで作り方を調べてみたが、今ひとつ要領を得なかったので
今回はチェリー材のキットを買って作ってみた。

必要な材にクギなど、作成するのに必要な全ての材料とマニュアル付きで、
結構簡単に使ってもらえる物が作れた。


f0053342_13232718.png
ニュー牧民広場 金剛苑の巻 : mori-rodも参加します)



f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-10-11 19:57 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

コーヒーフィルターストッカー
収まりのつかないコーヒーフィルター。
以前からフィルターストッカーを探していたが
なかなか良いものがない。
f0053342_16225559.jpg


以前にランディングネットのフレーム材を買ったとき
いろんな材の薄板がおまけで同梱されていた。
その材をつかって、ストッカーを作ってみた。

側板はオーク、フレーム材は?
フレームを熱湯で煮て曲げ、側板に圧着。
フィニッシュは桐油。
f0053342_16232354.jpg

f0053342_16405199.jpg

こんなところで、ランディングネットを作った経験が生かされた。


f0053342_13232718.png
ニュー牧民広場 金剛苑の巻 : mori-rodも参加します)



     
f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-09-23 16:49 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(4)

栃の木の天板
以前、タイイングデスクを作ろうと買った栃の木の天板だが、
なかなかうまく鉋がかけられず、表面がデコボコになていた。
その上、屋外で保管していたため、汚れや色あせもひどくなっていたので、
再度、鉋がけに挑戦した。

f0053342_15241286.jpg


先日、大工の棟梁と話す機会があったので、
一枚板を綺麗に鉋がけする方法を聞いてみたら。。。。
「やめとき!ワシらでも上手にようせんワ・・・」を言いながら
どうしてもやって見たいなら、と手順を教えてくださった。
 ・先ず、横方向(繊維を横断する方向)に電気鉋をかけて、反り凹みを取る。
 ・次に、縦方向(繊維に沿って)電気鉋をかける。
 ・手鉋で鉋をかける。
 ・手鉋で綺麗に仕上がったら良いが、
   素人では絶対無理なので、ペーパー掛けで仕上げる。
 ・塗装する。

教えてもらった手順でやったら、
見違えるほど綺麗に仕上がった。と言うか以前がひどすぎた。
以前は、ペーパーを掛けても電気鉋の削り線が残り見苦しかったが、
今回は、なんとか鉋の削り跡は消え、それなりに見られようになった。

ただ、瘤の周りは、繊維の方向が入り組んでいるのか、
鉋の刃が食い込んで、ディンプルがいくつもできてしまった。

磨き上がった板は、また汚れると辛いので小屋にしまった。
グラグラだった脚も、2×4材で作りなおした。
これで、室内でも使える。


f0053342_13232718.png
ニュー牧民広場 金剛苑の巻 : mori-rodも参加します)



     

f0053342_12592434.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-09-16 15:29 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(2)

これならひょっとして・・・・作れる?
 
暇に任せてうろうろしてたら、The Eclectic AnglerというHPで、こんな画像を見つけた。

これならひょっとして・・・・作れる?

f0053342_13594591.jpg

f0053342_13593623.jpg

f0053342_140753.jpg
f0053342_13595220.jpg



f0053342_1433471.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-03-06 18:10 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(8)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31