カテゴリ:いろはにほへと( 278 )

団子より花

嫁さんが、娘とお餅作りをすると言うので、
娘の住む京都へ行ってきた。

私の方は、花より団子の嫁娘とは別行動で、
娘の自転車を借りて、お花見に出かけた。

五条御前を出発して、京都の細い路地を北上し、
目指すは、平野神社。

京都の路地を自転車で走っていると、次から次へとお寺の境内に咲く桜が目に止まる。
そのたびに、自転車を停めてお花見。
なかなか、進めない。

まずは、壬生寺
f0053342_10470963.jpg

神泉苑
f0053342_10502877.jpg
二条城はあえて西側(堀川の反対)の道を北上
f0053342_10535232.jpg
娘お薦めの妙覚寺
観光客もほとんどいない静かで綺麗な境内と、落ち着いた庭。
f0053342_10590723.jpg
f0053342_11083024.jpg
妙覚寺を出たところで、目に止まった本法寺の多宝塔
f0053342_11103800.jpg
中が気になる不審庵
f0053342_11370004.jpg
北野天満宮にも立ち寄ったが、ここは桜より梅が有名だと
変な外人に教えて貰った(笑)。桜がなかったので写真もなし。
最後は平野神社。
f0053342_11372908.jpg
ここは流石に花見スポットとして超有名なところなので、
観光客がいっぱい。

なぜ花見スポットとして有名なのかというと、
宴会席(有料)が用意されていて、宴会ができるからのようだ。
f0053342_11372166.jpg
子供を乗せたママチャリに抜かされながら、
京都の路地裏とお花見を堪能して娘のところへたどり着いたら、
草餅が出来上がっていた。



f0053342_1254265.jpg


[PR]
by seiyoukebari | 2017-04-13 11:48 | いろはにほへと | Trackback | Comments(2)

さくら、やっと咲いた
桜がやっと咲いた。今年は例年よりかなり遅い感じ。
f0053342_09503513.jpg
桜に合わせるように咲く、我が家のユスラウメ。
こちらも満開。
近年、あまり実の付きが良くないが、
今年は期待できそう。

美味しいジャムができるかなぁ。

[PR]
by seiyoukebari | 2017-04-10 09:51 | いろはにほへと | Trackback | Comments(2)

桃の花

嫁さんが桃の花を活けてくれた。

f0053342_10474872.jpg
桃のピンクと寒菊の黄色がいい感じ。



f0053342_12582281.jpg




[PR]
by seiyoukebari | 2017-02-18 10:48 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

神戸ワンダーランド
出不精、特に人の多い所にはとんと足が向かなくなってきたが、
みたいものと買いたい物と食べたい物が溜まっていた神戸に、
思い切って行ってきた。

先ずは、見たかったものその1。竹中大工道具館

ノコギリ、カンナ、ノミと言った大工道具と
その道具の使い方や、その道具を使った技で作られる作品が
非常にわかりやすく、また道具好きのツボを突いた展示がされてた。
子供のころ、家の造作に来てくれた大工さんの仕事を
一日中見ていた道具好きのおっさんにとっては、まさにワンダーランド。

木の匂いフェチのおっさんは、
色んな木毎のカンナ屑を溜めた箱の中に頭を突っ込んで
木の香りに浸り大満足でした。
f0053342_10575388.jpg

f0053342_10581640.jpg

f0053342_10582766.jpg

f0053342_10591173.jpg



見たかったものその2。UCCコーヒー博物館

豆の産地や昔の焙煎、粉砕、抽出の器具、現在の道具など、
こりらも興味深い展示がいっぱい。
最後は、博物館内喫茶室で美味しいコーヒーを飲んで帰った。
f0053342_11212669.jpg

f0053342_11213775.jpg
f0053342_11214756.jpg



買いたい物は、テーブルの脚。

ちょっとしたタイイングテーブルが欲しくて、作ることにした。
天板は無垢の板を調達するとして、足を作るのが面倒なので、
手頃の足を探していたら、高さの調節できる足が、500円/本で
売られているのをネットで見つけた。でも、この商品は通販がなく店頭販売のみ。
しかたなく「脚」だけのために、広大な迷路のような家具屋で「脚」を買った。
f0053342_11395182.jpg

迷路を彷徨っているうちに、ライトを見つけ、こちらもついでに購入。
まんまと北欧の迷路ビジネスにはめられた。

食べたかったものは、神戸の洋食屋さんのビフカツ。
人気店とあって1時間ほど列ぶことになったが、
厚いお肉に美味しいソースがかかっていて、最高。
昼食に1時間も列べるようになった、自分に齢を感じた一時だった。

お土産は、大工道具館で買った「肥後守(ひごのかみ)」「カンナの形の鉛筆削り」と
大工道具の本。
f0053342_1148582.jpg


神戸はまさにワンダーランドだった。



f0053342_12592434.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2017-02-09 11:52 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

最近気になること---- カジノ法案

博打で巻き上げたお金で、幸せになれます?

懐が暖かくなるのと、心が暖かくなるのとは、ちょっとちがう。

f0053342_9512950.jpg


賭場を開いておいて、巻き上げたお金で、依存症対策をするちゅうのもおかしな話し。



f0053342_15261380.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-12-16 10:10 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

野点珈琲
先週は、体力つくりを兼ねて、友人に付き合ってもらい、
裏山に登ろうと思っていたが、生憎の天気で山登りは中止になった。

その代わりに、新しく買ったトレッキングシューズの足慣らしも兼ねて、紅葉の山に出かけてきた。
歩いたのは、夏場に地元の小渓めぐりをしていて、渓の入り口で撤退した渓筋。
f0053342_10481892.jpg


葉を落とた落葉樹の山の中に、残った葉が一際目を引く。。
f0053342_100731.jpg

f0053342_105821.jpg


林道には落ち葉がぎっしり。
f0053342_1071156.jpg


林道から沢の音は聞こえるが、流れは足元遥か遠く、入渓できるようなところは無かった。
最上流でやっと細い流れの河原に出ることができたが、魚の姿はなかった。
f0053342_10113067.jpg


結局、釣りのできるようなポイントは見つからなかった。
一旦登り口まで戻り、コーヒーを入れて昼食。
いつもながら、外で入れるコーヒーは、美味しい。

後半は下流にある二つの滝を見に行くことにした。
f0053342_10161629.jpg


プールに目を凝らすが、ここでも魚影は確認できなかった。
f0053342_10163174.jpg

f0053342_1016401.jpg
f0053342_10165186.jpg


f0053342_10484574.jpg


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-11-24 11:11 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

最近気になること---- 放射性廃棄物の処分方法
原子力規制委員会が決定した放射性廃棄物の処分についての基本方針が
ネットのニュースに出ていた。


「電力会社に300~400年間管理させ」てから
「国が10万年間、掘削を制限する」んやて・・・・?

なんか笑えて来た。

ウィキペディアの地球史年表で10万年前を調べたら
「現代人(ホモ・サピエンス)がアフリカを出て世界各地に拡がった」時代らしい。
ちなみに約20万 - 19万年前にホモ・サピエンス(現在のヒト)が出現したとのこと。

10万年というのは、そういう単位。



<朝日新聞デジタルより引用>
制御棒処分、70m以深 国の管理10万年 規制委方針


原子力規制委員会は31日、原発の廃炉で出る放射性廃棄物のうち、
原子炉の制御棒など放射能レベルが比較的高い廃棄物(L1)の処分の
基本方針を決定した。地震や火山の影響を受けにくい場所で70メートルより深い地中に埋め、
電力会社に300~400年間管理させる。
その後は国が引きつぎ、10万年間、掘削を制限する。
これで、放射能レベルの高いものから低いものまで放射性廃棄物の処分方針が出そろった。

原発の廃炉で出る放射性廃棄物は、使用済み核燃料から出る放射能レベルが極めて高い
高レベル放射性廃棄物と、L1、原子炉圧力容器の一部などレベルが比較的低い廃棄物(L2)、
周辺の配管などレベルが極めて低い廃棄物(L3)に大きく分けられる。

埋める深さは放射能レベルによって変わる。
高レベル放射性廃棄物は地下300メートルより深くに10万年、
L2は地下十数メートル、L3は地下数メートルとの処分方針がすでに決まっていたが、
L1は議論が続いていた。大手電力会社でつくる電気事業連合会は、
国内の原発57基が廃炉になれば、L1だけで約8千トンの廃棄物が出ると試算している。

規制委はL1について、コンクリートなどで覆って70メートルより深い岩盤内に
少なくとも10万年間は埋める必要があると結論づけた。
電力会社が管理する期間については「数万年とするのは現実的でない」として、
300~400年間とした。その後は、国が立ち入りや掘削がされないように対策を取るとした。


f0053342_1254265.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-09-01 11:54 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

予定を変更して、琵琶湖テラスへ。

釣りに行こうと思っていたが、酷暑渇水が続いているので、諦めて琵琶湖テラスに行ってきた。

琵琶湖テラスは、今年の夏関西でちょっと話題になった観光スポット。

麓から一気に山頂までロープウェイで登ったところに、琵琶湖が一望できる

レストラン&テラスが造られている。

この日は、ちょっと曇りがちで、スッキリとはいかなかったが、それでもテラスからは

北湖から南湖まで琵琶湖が一望できた。

f0053342_936396.jpg

f0053342_9362659.jpg

f0053342_936468.jpg


ロープウェイを降りて、テラスに立って足元に広がる広大な琵琶湖を目にした人だれもが、

「わぁ~!綺麗!」と歓声をあげ、笑顔が弾ける。

若い女の子のグループは、自撮り棒を片手にピースサイン。
小さなお子さんと、涼しそうに琵琶湖を眺める、お母さん。
お孫さんの写真を撮ろうと、頑張るおじいちゃん。
愛犬の頭をなでながら、ほっこりするおっさん。

みんな楽しそうに琵琶湖を眺めながら大きな声で、お喋りを楽しんでいる。

そんな風景をこちらも楽しませて貰っていると、携帯電話が鳴った。

「今何処にいるの?・・・・左の方見てみぃー」と言われ、左の方向を見ると

従兄夫婦の姿があり、こちらも楽しいお喋りをさせてもらった。

平和です。

この後は、山頂付近に併設されている、ドッグランへ。

ほんま平和なことです。ありがたいこと。


f0053342_10301019.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-08-25 10:06 | いろはにほへと | Trackback | Comments(4)

さぎ草
今年は、さぎ草が群れになって咲いた。
f0053342_934753.jpg

酷暑に悲鳴をあげている庭に、涼しさを運んでくれる。

f0053342_949072.jpg


f0053342_1254265.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-08-23 09:41 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

最近気になること---- リオオリンピック終了

リオオリンピックが終わりました。
流石超人の祭典。
どの競技のどの選手も凄いですね。

日本選手団の活躍に、毎日ワクワクドキドキ楽しませて貰いました。
400メートルリレー、ほんとうに感動しました。

4年前のブログでこんな事を書いています。
その頃の世間・マスコミの反応は、結果猫さんのオリンピック出場が叶わなかったこともあって、
どちらかと言うと批判的な記事が目についたのに、
今回は、出場される事もあってか、概ね肯定的なコメント・記事が目立ちます。

世の中が寛容になったのか、無関心になったのか、
それともTV業界は身内を批判的に扱えないのか。

情報番組とかで芸人仲間が
「猫さん、凄いですね~」と言うと、
一同
「そうですね~。凄いですね~」っと。
そしてそのTVを見た人たちは、
「そうなんや・・・・猫さん、凄いねんなぁ。。」と
知らず知らずのうちにその流れに乗ってしまう。

自分の考えは間違っているかもしれない。
でもまずは、一つ一つ、自分の頭で考えて行きたい。


f0053342_12592434.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-08-22 10:00 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30