カテゴリ:いろはにほへと( 284 )

突然ですが、私は《つちのこ》を見た事があります。
突然ですが、私は《つちのこ》を見た事があります。
“また、また~、釣師の戯言が始まった・・”
とおっしゃる輩の声が聞こえてきそうですが、本当です。
なまぐさイワナのネタがきれて来たから適当な事を書いているのでもあません。
このことは今までズーッとズーッと何処かで、誰かに聞いて欲しかったのですが
発言の場も無く、聞いてくれる人も無く、相手をしてくれる人も当然無く
この際、Blogで思い切って言っちゃいます!!

時は昭和40年代なかごろ。
私が小学校3年生の夏休み。
日課のように、近所の子どもたちと“六ツ木の森”へかぶと虫を取りに
行った時のことです。

私はみんなと少し離れて、かぶとの木を探していました。
そうしたところ、それまで見た事のない変な生き物が
木に張り付いていたのです。

蛇の頭に、コブラのように首元から広がった胴、
それに亀のような短い尻尾。
全長20cmくらい。

頭・尻尾はともに2-3cmくらいと短く。
あとは、太くて平べったい胴。

冷静に考えると、
“20cmくらいの蛇の子どもが体に似合わない
餌を飲み込んで胴が太っていた”
ということになるのかもしれませんが、そうではありません。
その生き物の胴は、太いのですが、平べったいのです。
この点、一般にいわれている《つちのこ》の想像図と
私がみたものとは違います。
蛇が草加せんべいを食べてお茶をしていたとも到底考えられません。

あれは《つちのこ》でした。

それから数年後、テレビなどで《つちのこ》ブームが到来。
それまで、《つちのこ》の存在を知らなかった私は、それ以来
私が見た変な生き物は《つちのこ》もしくは《つちのこ》の亜種
であると確信しています。

みなさんも《つちのこ》を見たことありませんか?
[PR]
by seiyoukebari | 2006-01-27 19:32 | いろはにほへと | Trackback | Comments(2)

ビワマスとアマゴ
ビワマスとアマゴについて、
滋賀県立琵琶湖博物館の桑原さんに聞いてみました。


【私から滋賀県立琵琶湖博物館 桑原さん への質問】

ビワマスとアマゴについて教えてください。

アマゴの降海型がサツキマスだと聞いたことがあるります。
また、桑原さんの「琵琶湖水系にすむビワマスとアマゴ」の報告では
ビワマスは琵琶湖固有種で、琵琶湖流入河川に生息するアマゴが
琵琶湖で大きくなったのがビワマスという訳ではなと書かれています。

そうしたとき、
琵琶湖流入河川に生息するアマゴが琵琶湖で大きくなる
いわいるサツキマスのような魚はいないのですが?

以前、愛知川の上流に住むお爺さんに話を聞いたとき
ビワマスとカワマスがいて、アマゴがカワマスになる
と言っていました。

ビワマスの産卵にアマゴが参加するとも書かれていますが
この時、ビワマスとアマゴの混血種は生まれないのですか?

当方、愛知川上流で釣りをよくしております。
そんなことからいろいろ疑問に思うことがたくさんあり
ご質問させていただきました。


【滋賀県立琵琶湖博物館 桑原さんからの回答】

 さて,ご質問の件なのですが,まずいわゆるアマゴが海に下るとサツキマスになり
ます.ただ,明治から昭和の初めにかけて活躍された大島正満先生が,ビワマスはア
マゴの降湖したもので,長良川などでも見られると述べておられます.つまり,ビワ
マスとサツキマスは同じものであると結論づけられたわけです.その後,長い間これ
が定説となっていたのですが,1970年代に福井県で高校の教師をしておられた加藤文
男先生が,形態や生態についてサツキマスとビワマスを比較して調べたところ,かなり
違いのあることがわかりそれ以後両者は亜種としてあつかわれるようになったわけで
す.ただ,大島先生が見誤られたことについては,無理からぬ点があります.

まず,河川生活期の稚魚は一見アマゴとほとんど区別がつきません.地域によっては,
ビワマスの稚魚をアマゴと呼んでいるところもあるようです.こういった点から混乱
が起きてしまったものと思います.

 もう一つ大きな問題点があります.ビワマスは全て琵琶湖に降りてしまい,川には
残らないとされているのですが,実際には河川残留型と呼ばれるものがおり,ビワマ
スの産卵に参加します.これについても,いわゆるアマゴと区別はつきません.現在
では,ほとんどの河川で醒井産のアマゴが放流されていますから,わかりにくくなっ
ていますが,昭和30年代から40年代初頭にかけての話を各地で聞いてみますと,たく
さんのアマゴがビワマスの卵を食べに集まって来るという話を聞くことができますし,
「子くらい」という名前まで付いています.これはおそらく卵を食べに来ていた
というよりも,産卵に参加するために集まってきたビワマスの河川残留型もしくは河
川型だったものと思われます.そういう意味で,あいの子ができることはありません.
 さらにもう一つ,ビワマスは産卵直前の秋に川に遡上すると信じられていますが,
実は5月頃から遡上するものがいます.その昔,姉川ではます簗と呼ばれる荒目簗が6
月頃から設置され,ますを捕っていたという記録があります.現在は,放流された醒
井産のアマゴが琵琶湖に下りサツキマスとなるものがかなりいますが,先の産卵に参
加するアマゴも春に河川に遡上するマスもまだ放流がされるはるか以前の話ですか
ら,これがサツキマスということはありません.おそらくそのお爺さんは,これをカ
ワマスと呼んでおられたのではないでしょうか.
 サケ科特にビワマス,アマゴ,ヤマメについてはきわめて近縁でよく似ており,専
門家でも混乱が起きております.先の話も非常にわかりにくいかと思いますが,順序
立てて考えていただけるとわかっていただけるのではないかと思います.


滋賀県立琵琶湖博物館のHPで
紹介されている桑原さん執筆の記事です。
ビワマスの写真もあります。
アマゴに比べ、眼が鼻先に近く愛嬌のある顔をしています。
http://www.lbm.go.jp/publish/umindo/volume4/umind4e.html
[PR]
by seiyoukebari | 2006-01-27 19:29 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

GARMIN GPSmap60CSを渓流で試す
ハンディGPSを使って、渓流でこんな事ができるかなと思い、試してみました。
1.予め予定していた入渓点までのナビゲーション
2.釣行中の現在地把握
3.魚が釣れた場所の記録
4.放流した場所の記憶



使ったGPSは、GARMIN GPSmap60CS 



結果は以下のとおりです。
あくまで、まだ機能を十分使いこなせていない私の個人的な感想です。
1.予め予定していた入渓点までのナビゲーション
 ほぼ完璧に可能です。
 ただ、林道を移動中(車・徒歩)山や崖が林道に迫っていたり
 木が頭の上を覆っている場合は、衛星をロストして一時的に
 GPSが機能しなくなります。



2.釣行中の現在地把握
 これもほぼ問題ありません。
 ただ、1.と同様の問題はあります。
 広い本流では問題ありませんが、上流域のV字渓谷では
 2個ほどの衛星しか捕捉できず、十分GPS機能が発揮でき
 ないことがよくあります。



3.魚が釣れた場所の記録
 感覚的に半径5mの範囲程度では、場所を記録できます。
 半径5mは、湖でのバス釣りなどではきわめて有効ですが
 源流域のポイントという観点では、”このあたり”という感覚です。



4.放流した場所の記憶
 発眼卵の放流(http://www4.ocn.ne.jp/~woods/hatugan/hatugan2004.htm)
 は毎年同じ場所に放流するのが前提なので、
 それほど放流地点を忘れることもありませんが、今年のように失敗すると
 場所の変更をしたくなります。
 今後何年続けられるか分かりませんが、放流した場所の記録
 には役にたちそうです。



その他にこんな事もできるかな?
・釣った場所のの気象状況の記録(気圧の記録が可能)



渓流釣りに特に有効な道具という感触はありませんが
渓流・山歩き・ドライブといろいろな事に使える
楽しい道具であることには、間違いありません。
[PR]
by seiyoukebari | 2006-01-27 19:27 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

はやりのブログを書いてみました

f0053342_19194078.jpg
はやりのブログを書いてみました。
おそらく3日坊主になるでしょう。
おっと、釣師にボウズは禁句。
リアップ!リアップ!
[PR]
by seiyoukebari | 2006-01-27 19:19 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
店主さん、あれは欠けてん..
by 西洋毛鉤 at 07:28
keiちゃん、ご無沙汰..
by 西洋毛鉤 at 07:26
あのフレームの欠けがsi..
by 店主 at 23:36
moriさん、お久しぶり..
by keiちゃん at 17:08
toto4543さん、..
by にh西洋毛鉤 at 08:30
はじめまして。 ヤマナ..
by toto4543 at 22:27
帽子かぁ・・・・ 暇つ..
by 西洋毛鉤 at 09:22
なら帽子でええやんw
by 店主 at 23:32
terryさん、これ今年..
by 西洋毛鉤 at 20:10
へぇ、意外に工程は簡単な..
by tokyo_terry at 23:31
記事ランキング
ブログジャンル