カテゴリ:いろはにほへと( 276 )

野点

外でコーヒーを飲むのに使っていたドリッパーを失くしてしまった。
以前使っていたのは、針金がバネ状になっているやつで、収納性は良かったが
使いづらかったので、今回はモンベルのコンパクトドリッパーと言うのを買ってみた。
針金のフレームに布製のフィルターが付いていて、
フィルターに二本の箸などを通し、カップなどに乗せて使う。

f0053342_187975.jpg

布製フィルターにコーヒーを入れて使ってもいいが
普段使うペーパーフィルターをセットして使う方が良さそうだ。
箸の代わりは、バンブーロッドの切れ端。
収納するときはインスタネットのように折りたたんで収納する。

使いやすく、収納するとポケットティッシュの半分程の大きさで、なかなかのスグレモノだ。

f0053342_1891621.jpg

湖畔をドライブし、マキノ高原でコーヒーの野点をして帰ってきた。


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-11-07 18:09 | いろはにほへと | Trackback | Comments(2)

ビワマス
遡上して来ているビワマスを見に行ってきた。
今年は台風が来て、雨がたくさん降ったので、ビワマスもたくさん遡上していると思う。
雨が沢山降らないと、中流域で流れが途絶えてしまうためビワマスは遡上できない。

f0053342_1113184.jpg

一本目の川は少し濁りがあったが、沢山のビワマスが見られた。
深みを悠々と泳ぐもの、ペアリングしているものや、産卵床を掘るもの。
そして産卵を終え力尽きたビワマス。


f0053342_1184085.jpg

二本目の川は、三面護岸の里川。
川を泳ぐビワマスは見られなかったが、ビワマスが生け捕りにされていた。
この時期ビワマスを捕ることはできないが、近くに図書館などの施設があることから
子どもたちに見せてあげるために生け捕りにしているようだ。


f0053342_11135193.jpg

三本目の川は我が家の近くの愛知川。
上流で工事でもしているのか濁りが酷く、魚は見える状況ではなかった。
それでも青山頭首工で密漁者が投網でビワマスを捕っていた。
品の無さを絵に描いたようなおっさん二人組。




四番目の川は、愛知川支流の和南川で、愛知川との合流点。
愛知川本流は濁りが酷いが、和南川の流れは澄んでいて、
50cmほどの大きなビワマスが泳ぐ姿が見られた。


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-10-21 11:57 | いろはにほへと | Trackback | Comments(2)

四国の秘境
 
久しぶりにキャンプに行ってきた。
行き先は四国の秘境。

f0053342_18305451.jpg


うず潮を見て秘境でキャンプしてうどんを食べて帰る。
裏目的は消費期限切れの非常食の消費と
災害時に備えてのキャンプ道具の点検。

f0053342_18315210.jpg


REIのテントは子供達が小さい頃購入したものでもう20年近く使っているが、
機能的にはなんの問題もなかった。
ただ、二人+一匹にはちょっと大きすぎ。
あと、フライシートとテントの底面に施された防水樹脂がベトつく。
4人用くらいの物が欲しいところ。

今の時期#3のシュラフでは少し寒いが、シュラフカバーや重ね着で対応出来る範囲。

マットには未だに銀マットを使っているが、機能的なスリーピングマットが欲しい。

ストーブはカセットコンロとEPI。まったく問題ない。
ランタンはホワイトガソリンを燃料に使うものだが、無鉛ガソリンも使えるものなので災害時は心強い。
無鉛ガソリンが使えるツーバーナーは、大きくて重いのでキャンプでは使っていないが、
災害時には役に立ちそうで処分できずにいる。

テーブルや椅子も今使っているもので問題ない。

f0053342_14353950.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-10-18 19:13 | いろはにほへと | Trackback | Comments(4)

ご苦労様でした
f0053342_1004133.jpg


何度も何度もフェルトソールを張り替え、

側面を補強し、切れた靴紐を取り替えて

酷使してきたワーディングシューズ。

ご苦労様でした。



f0053342_13232718.png
ニュー牧民広場 金剛苑の巻 : mori-rodも参加します)

f0053342_12592434.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-09-08 18:00 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

足の早い魚
朝から漁に出ていた友人が、たくさんの魚を持って来てくれた。
我が家だけでは食べきれないので、親戚・友人にも食べてもらった。

f0053342_9252218.jpg


ビワマスは足が早い魚なので、地元でもなかなか市場に出回らない。
まして刺し身で口にできる機会はめったにない。

ビワマス漁は、一般には刺し網で行われる。
刺し網にかかったビワマスは水中で息絶え、何時間かたってから引き上げられるため
その時点で鮮度が落ちるようだ。

f0053342_9253117.jpg


今回頂いたものは、友人が釣り上げたもので、鮮度は抜群。
刺し身にして頂くことができた。



f0053342_1254265.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-07-24 09:16 | いろはにほへと | Trackback | Comments(2)

ちょっといい話 失くした時計が出てきた

先日の釣行でなくしてしまった腕時計。

家を出て帰るまでに時計を外したのは、帰りに立ち寄った温泉だけ。
だから温泉の脱衣場に忘れて来たのはほぼ間違いない。

次の日、ネットで電話番号を調べて温泉に電話してみた。

電話に出てくれたのは、清掃担当のおばちゃんらしく
「今日は休業日で掃除をしたが、時計の忘れものは無かった。」
との事だった。がっかり。

ひょっとしたら、私達が訪れた日に受付をしていてくれたおじいちゃんが
保管してくれているかもしれないと思い、その次の日にもダメモトで電話をしてみた。

電話に出てくれたのは、受付をしていてくれたおじいちゃんらしき人で、
私が「昨日も電話させてもらった・・・・・」と要件を伝えようと話しだした途端、
「時計かー!?時計かー!?時計ならあったぞ~!」と大きな声で答えてくれた。

良かった!本当に助かった。
デジタル表示の時計が老眼で見辛くなったので、先日買ったばかりの腕時計。
それほど高価なものではないが、気に入って買ったので本当によかった。
丁重にお礼をいい、住所を伝えて送ってもらえることになった。

f0053342_21172178.jpg


以前にもこんな事や、こんな事があった。

『情けは人の為ならず』

この国にも震災や災害の混乱に乗じて、
略奪などをするやからも少なからずいるだろう。
でも当たり前に、拾ったものを交番に届け、
忘れ物をちゃんと保管してくれる人たちがいる。

ええ国やなぁ、この国は。



f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-06-13 21:19 | いろはにほへと | Trackback | Comments(2)

雨の休日
雨の休日。

朝から竹を削って、

午後から買い物ついでに、

庭を見に出かけた。

f0053342_19294828.jpg
井伊家の菩提寺【龍潭寺】


さくらは散り、つつじにはまだ少し早いが

雨にぬれたもみじの青葉と苔の緑が、美しい。





f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-05-01 19:45 | いろはにほへと | Trackback | Comments(4)

キャサリン in Biwako Jazz Festival
 
6回目となる、びわこJAZZフェスティバル。

普段は休日でも、通りを歩く人の姿があまりみられない街中が
楽しい音楽に誘われて来た人たちで、少し賑やかになる。
f0053342_17413225.jpg

甥っ子がイベントの手伝いをしたり、いとこが出演したりで、毎年楽しみしている。

今年ももワンコを連れて出かけた。


キャサリン in Biwako Jazz Festival 2014


f0053342_15261380.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-04-23 17:43 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

筍掘り
 
今日も朝から車に長靴を積んで・・・・・・念願の筍掘りに連れて行ってもらった。

子供のころから毎年、親戚のお爺ちゃんが田植えの季節になると筍を届けてくれた。
そのお爺ちゃんが亡くなられたあとは、伯父さんが筍を届けてくれるようになった。
毎年楽しみしている筍だが、今年は無理を言って、筍掘りに連れて行ってもらった。

まず、筍を探すのだが、これが素人には難しい。
なので私のために、伯父さんが目印をつけておいてくれた。
先端が地面に出るか出ないかの筍をさがすには、
長靴で地面を撫でるようにして、筍の先端が
コツンと引っかかる感覚を頼りに探すらしい。

目印をたよりに地面から少し顔を出した筍を探して掘る。
f0053342_11292989.jpg

筍は地下茎から上に向けて出ているため
綺麗に根本から掘り出すにはツルハシの刃を
地下茎の上面に沿わして入れる事がコツらしい。

そのためには、地下茎がどの方向に伸びているのかを見極める必要がある。
地下茎は、筍の先端の竹の皮の向きで判断できる・・・・・らしい。
筍の皮の曲がっている方から、ツルハシを地下茎に沿っていれると
根本から綺麗の掘れる・・・・・らしい。。
f0053342_11302068.jpg

でも、なかなか地下茎の向きがわからず、ほとんどが筍の真ん中に
ツルハシがあたり、上手に根本から掘ることはできない。

それに、ツルハシで地面を掘るのは、腰痛持ちの私にはかなりキツイ。
私が1本掘る間に伯父さんは5本は掘って行く。
f0053342_11362029.jpg

私は数本しか掘れなかったが、伯父さんのおかげで
3時間ほどの間に、収穫用のコンテナ2杯の筍が掘れた。
f0053342_11433797.jpg


最近はイノシシによる獣害がひどく、筍もイノシシにやられるらしい。
そのイノシシが警戒するのが犬らしく、犬の毛を竹林にまいておくと、
イノシシは近づかないらしい。
去年までイノシシの被害にあっていた竹林に、愛犬の毛をまいたところ
今年は今のところイノシシに食べられていないとか。
f0053342_11482714.jpg


美味しい筍を収穫するには、竹藪の管理も必要で
夏から秋にかけての施肥(鶏糞・牛糞)や土入れ、
日当たりを良くするための、竹の間引などをするらしい。
f0053342_11522654.jpg


竹藪の周りには、お茶に栗・銀杏・柿・すももなどが植えられている。
お茶の葉も摘ましてもらえることになったので、
新芽がでたら摘んで、今度はお茶を作ってみよう。

f0053342_11561119.jpg


初めての筍掘りは
里山と暮らすことの豊かさが感じられ、
なんとも心地いい時間だった。

今日は、大好きな筍づくしだ!

f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-04-19 11:36 | いろはにほへと | Trackback | Comments(2)

Optio W10 から WG-3 へ


デジカメが壊れた。
f0053342_1273237.jpg

電池がすぐに切れる。
なので、新しい電池を買ったのだが、
電源を入れると液晶がザァーッとなって、
新しい電池でも、すぐに電池切れとなる。


昨シーズン珍しく水中撮影なんかをしたもんで
その時浸水してしまい、それから調子がわるかった。
中でショートでもおこしてるんかな。

8年ほど使ってきたものなので、そろそろ寿命だろうと思い
修理はあきらめ、新しいデジカメを買った。
f0053342_1212793.jpg

いろいろ迷ったが、物覚えが悪いので
少しでも今までの物と使い方が同じ方がいいだろうと思い、
同じメーカーの現行機にした。
f0053342_1213438.jpg



f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-01-25 17:58 | いろはにほへと | Trackback | Comments(2)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31