カテゴリ:釣行記( 145 )

夕涼み

いろんな川に行ったことがあるが、
ここの流れより、綺麗な水の流れる川には、行ったことがない。
f0053342_10565191.jpg


夕方4時前に家を出て、友達と冷たく澄んだ川へ。
アマゴやニジマスを狙って夕涼み。
f0053342_110889.jpg


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2012-07-29 11:09 | 釣行記 | Trackback | Comments(8)

新規開拓 それとも 実績のある川
 
何処にしようか散々迷った。
新規開拓にしようか、それとも無難に実績のある川で楽しむか。
出発するまでも、高速に乗っても、高速を降りてもまだ決めかねていた。

結局今回は、行ったことのない川で釣りをすることにした。

久しぶりに地図を見ながら林道を彷徨っていると、
次第に釣果への期待が膨らみ、
いつのまにか期待が確証に変わってくるのが笑える。
f0053342_18311260.jpg

一つ目の川では、入渓そうそう釣友が連続ヒットし
私はなかなかイワナを手にすることはできなかったが
それでも堰堤までの間に数匹を魚を釣ることができた。

堰堤下でそこそこのイワナを釣った後、
藪こぎをしながら汗だくになって、大変な思いをしてその堰堤を巻き、
上流の河原に出たところ、流れが濁流となっていた。
どうも上流で工事がはじまったらしく、私たちが堰堤を巻いている間に
水が濁ったようで、またその堰堤を汗だくになって降りた。

二つ目の川は林道途中の小渓。
ここでも二人にイワナが釣れた。

そして三つめの川に移動。
この川は少し増水気味で遡行し辛い流れであったが、
イワナと朱色がかった綺麗なヤマメが釣れた。
水深のある淵では、友人にりっぱなヤマメが釣れた。

四つ目は帰り道の横を流れる川。
少しの区間だけ竿をだしたが、ここでもイワナとヤマメが釣れた。

新規開拓にしては十分過ぎる釣果に二人とも満足し、
少し早いが15時過ぎにはウェーダーを脱いだ。


久々の新規開拓はほんとうに面白かった。
慣れない林道では車が側溝に脱輪し、一瞬どうなる事かと冷や汗が出たが、
単独でなく二人だったので何とか脱出できた。
堰堤の上では流れに足をとられ転んでしまい、その拍子に釣竿を堰堤下に流されたが、
なんとかラインを手繰ってタックルを回収できた。
帰りに寄った蕎麦屋は夕方の営業開始まで時間があり、蕎麦は食べられなかった。
いろんなアクシデントもあったが、綺麗で良いサイズのイワナやヤマメが釣れ、
梅雨の合間の渓流釣りが堪能できた。


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2012-07-15 18:22 | 釣行記 | Trackback | Comments(10)

登山道は整備され、林道は荒れ放題
 
昔よく行った源流目指して、単独釣行。

f0053342_10193288.jpg


新しいゲートができていたり
林道が崩れていたりで、車止めまで行くのに一苦労した。

駐車スペースからいったん谿におり
少し上流で反対側の林道に上り、最上流を目指す。

以前は薄暗く手入れがされていない印象だった途中の杉林は、
下草がかられ綺麗になっていた。
しかし車が通れるほどだった林道は、いたるところで崩れており
二輪でも走行できそうにない。
山を管理する林業業者が、作業するときだけ林道を整備し
それ以外は地元の人でさえ、山に入ることがなくなっているのだろう。
反面、登山道は整備され避難小屋ができたり、
沢を渡る橋が架け替えられていた。

途中、林道と流れが近くなっているところを見つけては竿を出すが
あまり反応は良くなかった。

独り林道を登っていてると聞こえてくるのは
谿を流れる水の音、熊鈴、自分の足音・・・・
他は何も聞こえてこない。

久々に入った目的の区間は、やけに狭く感じた。
最近は小渓に入ることが少なくなったせいか、なかなか釣り辛い。
それでも顎の曲がったアマゴや、この谿特有の青いイワナが釣れた。

最上流部に入ったところで、雨が降り出し退散。
それでも車を降りたのが8:30で車に戻ったのが15:30。
へとへとになるまで楽しんだ。


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2012-07-12 10:25 | 釣行記 | Trackback | Comments(4)

ヤマメ釣り
 
ヤマメを釣りに行ってきた。
f0053342_11532735.jpg

以前から一度行ってみたかった谷に、嫁さんと行ってきた。
いつもヤマメ釣りに行く谷と同じ水系だが、
今回行った川は上流のダム湖に注ぐ支流。

入渓流早々に綺麗なヤマメが釣れた。
嫁さんにもイワナが釣れた。

思っていたほど広い川ではなかったが、
ヤマメとイワナの混生で、ポイントも多く
結構反応もあって楽しめた。

帰りには温泉に入って、
気になっていたお蕎麦やさんで
おろし蕎麦を食べて帰った。

釣り・温泉・蕎麦の3点セット・・・・・に
栃の大木のおまけ付。

f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2012-06-11 12:01 | 釣行記 | Trackback | Comments(8)

イワナ釣り
 
足がクタクタになるまで谿を歩いて、
手にマメができるまでロッドを振った。

山はまぶしいほどの新緑。

f0053342_9564084.jpg


林道には沢山の花。

f0053342_9565027.jpg


流れや巻き返しからは、
真竹のロッドでは寄せるのに一苦労するほどの
イワナが沢山釣れた。


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2012-05-25 09:59 | 釣行記 | Trackback | Comments(6)

ウェダーの洗濯
 
GW中、田植えの手伝いに使ったウェダーの洗濯に渓に出かけた。
ウェダーの洗濯なら家でできるっちゅうもんだが、
やっぱりウェダーは、田んぼより渓が似合う。

久しぶりの休日釣行なので、人出を避け午後から出かけたが、
案の定、いつもイワナやアマゴが飛び出すポイントでは何の反応もない。

それでも、日が傾き始めるとあちこちのポイントでライズが起きた。

アマゴにイワナ、最後のポイントではニジマスが釣れた。
ニジマスは10cmほどの今年放流されたチビだったが、
それがうれしかった。

f0053342_1034266.jpg


渓沿は、今まさに花盛り。



f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2012-05-14 10:35 | 釣行記 | Trackback | Comments(6)

アマゴ釣り
 
GW二日目は“桜のトンネルの下を流れる渓流”へアマゴ釣り。
折れたTipの納品を兼ねて、釣りに出かけたが・・・・・
二人とも一匹のアマゴもネットインできず(笑)

f0053342_11505018.jpg
 

でも、川までの道中、車内でいろんな話をしたり、
川面を割るアマゴに一喜一憂したりと
楽しい釣行になった。



この動画は友人が撮ってくれた自分の釣り姿。
なんか変な感じですね~(笑)


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2012-05-03 06:52 | 釣行記 | Trackback | Comments(6)

春のうららの・・・・・・

春のうららの平日の渓流で
福永さんと川遊びをしてきた。

f0053342_1674823.jpg


前日の雨と今年の大雪の雪代のせいか
いつもは干上がっている区間も水が流れていた。
何年もこの川にきているが、こんな流れを見るのは初めてだ。

下の方でちょいと川遊びをして
上の方でちょいと釣り。
f0053342_13573619.jpg

このちょい釣りが、いつになく好釣で、
川虫でお腹をぷくぷく・ぱんぱんにした
型のいいアマゴやイワナが
何匹も出てきてくれた。

f0053342_14542911.jpg

調子に乗って釣りをしていたら、ルーペを川に落としてしまった。
このルーペは倍率の異なるレンズが用意されていて
購入さえすれば、簡単にレンズが交換できるのが売りのようだが、
その構造の為ゆえ、逆にフレームからレンズが簡単に取れてしまう。
今までも何度となくレンズだけを落としていた。
そして今回、レンズを流れの中に落としてしまい、
拾い上げるまもなく水中に消えていった。
レンズだけで1,500円。


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2012-04-16 17:30 | 釣行記 | Trackback | Comments(12)

2012/04/05
渓流:宮川
入渓:10:00
脱渓:16:00
釣果:アマゴ 2匹
同行:Jasseさん

朝7時、やっちゃんが作ってくれたおにぎりを持って、宮川に出発。
今回はゲートの渓に入りたかったが、Jasseさんに却下され
いつものザイルで降りる渓へ。
Jasseさんが先週そこそこ釣れたということだったが、
一カ所で反応があっただけ。
怖い思いをして降りて、しんどい思いをしてはい上がってきただけ。

でも、渓相はいつもながら最高。

そのあと、下流の入り口に東屋のある渓に入った。
入り口に放流がしてある渓であると立て看があったので
少し期待した。
結果は立て看の通り、いかにも放流魚という尻尾の丸まったアマゴが
それでも2匹とカワムツが2匹釣れた。

気温はおそらく今シーズン最高、風は強かったがもうちょっと釣れてもよさそうなものだ。
宮川に綺麗なアマゴを釣って、久々に魚の写真をBlogに載せようと
思っていたのに、綺麗な魚は釣れなかった。

帰り、道の駅でサンマとアジの干物、
それに道沿いのお店で平成というみかんと落花生を買って帰った。
大きな袋に入った殻付の落花生(500円)は期待以上においしかった。


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2012-04-06 14:25 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)

中空ロッド、入魂
 
コムさんが折れた竿を修理に持ってきた。
私が作った竿ではなく、それなりのビルダーさんが作った竿なので
修理をするのにはちょっと気が引けるが、コムさんからは
“出来るだけの事をしてくれはったらええので・・・・”ちゅうことなので
出来るだけのことをする事にして、引き受けた。
とりあえず、どんな方法で修理をするのが適切か、
paraさんにアドバイスを求めてから作業開始。

で、竿を持って来てそのまま置いて帰って貰うわけにもいかず
釣りに行ってきた。
f0053342_10272699.jpg

朝、庭の睡蓮鉢には氷がはっていた。この寒さではまったく釣れる気がしなかった。
なので、中空のNewRodを持ち出すのを躊躇したが、谿で使い物になるか確かめたくて
NewRodと10年ほど前に買った#3ラインが巻かれたままのOrvisを持って出かけた。
当然コムさんはmori-rod

釣果の方はというと、これがなかなか良かった。
日当たりの浅い瀬から、綺麗なアマゴが何匹も飛び出し、
無邪気な二人は、芽吹き前の木々の中で大喜び。
中空のNewRodは、連続する落ち込みを釣り上がるのには良い感じで気に入った。

家を出たのが10時過ぎ、家に帰ったのが3時前。
家から数十分の所に冷たく澄んだ川が流れ、
今年もそこて綺麗なアマゴの姿を見ることができた。


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2012-03-25 21:41 | 釣行記 | Trackback | Comments(8)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31