<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

第65話--いつもの渓のいつもの淵
f0053342_21434313.jpg
Sisyou 「ヴァ~!
      めっちゃ気持っちええーなー!
      釣れても釣れんでも、
      これやから渓流釣りはやめられんなー!」

ええとこやろ。
ここがワシの棲みかや。
羨ましいやろー!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
いつも行く渓流のいつも釣れるポイントにさしかかった時、
梅雨空の合間から日がさしてきました。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
by seiyoukebari | 2006-06-28 20:08 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(18)

ゆすら梅
子どもころ実家の庭に、ゆすら梅が植えてありました。
赤い小さな実はサクランボのような味がしていたような・・・・

5年程前、あの味が懐かしく庭の片隅に、
ゆすら梅の苗を植えてもらいました。
以来、桜の季節に桜の子どものような花を咲かせ
サクランボの子どものような可愛い実を付けてくれます。
f0053342_15202283.jpg

今日もその実を摘んで、お昼のデザートに。
でも味は昔のようにサクランボほど美味しくありませんでした。

WCの再放送を見ながらの昼寝から目覚めると
綺麗なジャムに変わっていました。

これが美味しい。
ほのかな酸味が絶妙。
f0053342_1521230.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2006-06-24 15:23 | 料理 | Trackback | Comments(12)

ノードレスロッド うまくいかない
それほど難しいと思っていなかたノードレスロッドの作成がうまくいきません。

荒削りした竹片に焼入れをしたあとで、
エポキシ系のボンドを使ってつないだのですが
エナメル面を削る作業で行き詰まりました。
つないだ所が折れます。

焼入れの前につなぐと、熱でポンドがとけると思って、
つなぐのを焼入れの後にした事は間違いないとおもうのですが・・・・

やっぱり、切断の角度か?
他の5本が支えるので適当で良いと思ったのですが
これでは仕上削りができません。

この際、切断の角度をparaさんのコメントを参考に10度で再挑戦。
(といっても全部やり直す気はないので、折れたところだけ。)
f0053342_2157383.jpg


やってみると、30度にくらべてかなり断面積が広くなりました。(当然です)
これによって接着面が広くなり、もう折れないでしょう。
本当かな?
f0053342_2157303.jpg

上:切断角度30度でつないだ竹片
下:切断角度10度でつないだ竹片






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ノードレスロッドを作る場合のスプライスジョイント部の角度は
スプリットの竿の太さ : スプライスの範囲 = 1 : 20
くらいの角度が必要
f0053342_15145133.jpg

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
by seiyoukebari | 2006-06-21 22:02 | バンブーロッド | Trackback | Comments(8)

第64話--リポビタン
Kazu  「相変わらず釣れませんね~」

Sisyou 「ぐちぐち言うな!気合がたらんのじゃ~気合が!」

Kazu  「気合で釣れたら苦労しませんって・・・・」

Sisyou 「ぐちぐち言うな!気合入れるぞ!気合を!」

Kazu  「また始まった・・・・どうぞ、Sisyouから・・」
f0053342_13285857.jpg


Sisyou 「それでは、せんえつながら私からー」

Sisyou 「ファイト~ッ!」

Kazu  「一匹~!」

たいそう気合入れた割には1匹か~い!
[PR]
by seiyoukebari | 2006-06-17 13:37 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(20)

そら豆

f0053342_21491449.jpg

ビールが美味しい季節になりました。
そら豆が出回ると、無性にビールが飲みたくなります。

子どものころ、そら豆は秋に茶色く実ったものを収穫し
それを炒って食べるか、煮物にして頂いていました。

大人になって居酒屋で初めて
緑色の茹でたそら豆を食べた時は驚きでした。

そら豆ってこんな食べ方があるの?
色といい、味といい、
めっちゃ旬、めっちゃ美味い。

それ以来実家の母が植えるそら豆は茶色になるまえに
かなりの量が私のおつまみになっています。

話は変わりますが、そら豆の名前の由来をご存知ですか?
それは、さやを空に向けてなるから『空豆』だそうです。

なんとも元気で、いかにも旬です。
f0053342_21534182.jpg

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
奥さん、手タレで初登場でした
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


[PR]
by seiyoukebari | 2006-06-14 22:07 | 料理 | Trackback | Comments(8)

ノードレスロッド 焼入れ/継ぎ
f0053342_11175992.jpg
荒削りしたものをバインダーで束ねて
オーブンに入れて焼入れします。


f0053342_11195756.jpg
焼入れが終わったものを、ボンド(エポキシ系)で継ぎます。
この「継ぎ」の作業がノードレスロッドを作る上でのポイントのようです。
どうやって良いものやら悩んだ末、
まづ片方の端に爪楊枝3本でガイドを作り、もう一方の竹片にボンドを付けて差し込む要領で作業しました。(左の写真下)



これが上手く行きません。

治具まで作って綺麗に斜めにカットしておいたのに
いざ接着してみると、隙間が開いています。(左の写真上)
その上、「継ぎ」の後の工程で(表面のエナメルを削ぐ作業)
継いだ所を3ヶ所、折ってしまいました。
折れたところは、また継ぎをして・・・・大丈夫かな~。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ノードレスロッドを作る場合のスプライスジョイント部の角度は
スプリットの竿の太さ : スプライスの範囲 = 1 : 20
くらいの角度が必要
f0053342_15145133.jpg

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
by seiyoukebari | 2006-06-11 11:26 | バンブーロッド | Trackback | Comments(12)

第63話--【落石のため、通行止め】
Sisyou 「はぁ~!【落石のため、通行止め】?!
      冗談いうたらあかんワ。高速飛ばして3時間、やっとここまで来たのに!
      まあ、落石くらいなら強行突破して、横をすり抜けたら行けるやろ・・・」

止めといた方が、ええんちゃう?
無理したら、帰ってこられへんで~

Sisyou 「どこが通行止めなん?去年より、整備されてるやん、この林道。
      ひょっとして今週あたり開通したとこちゃうか?
      もしそうやったら、今シーズンこのワシが一番乗りか~
      どないしょう・・・・ばっばっ爆釣やーん!」

そんな上手いこと、行くか?

(Sisyou が超ポジティブシンキングで快調に林道を走って行くと・・・・)


f0053342_2231193.jpg
Sisyou 「??倒木????いや落石か~??
      げぇ~!何が落石やねん。
      これは普通【崩落】ちゅうんちゃうんか?!
      こんなとこ強行突破したら
      死んでしまうがな。
      まだまだ生き延びたいので退却!!」


そやろ。
そんなに上手い事いかんのよ、あんたは・・・。
そういう運命やねんて。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
釣りには全然関係ありませんが、
今うちの奥さんがハマッテいるインターネットアニメが
これ、「やわらか戦車」です。
軟弱な戦車で、生き延びたいのですぐに退却~ッ!と
敵前逃亡します。なかなか面白いですよ。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
[PR]
by seiyoukebari | 2006-06-06 22:44 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(16)

ノードレスロッド 荒削り
釣りにばっかり行って、いっこうに進まないノードレスロッドの作成ですが
少しだけ進みました。

曲げ伸ばしの終わった竹片を荒削。
ノードレスロッドの場合、一本一本の竹片を節の前後で切断し
節の部分を取り除いています。
このため普通の竹片より短いので、荒削りは結構楽にできます。
荒削りの方法自体は、普通の竿と変わりません。

ノードレスロッドで違うのは、この短い竹片を後工程で繋ぐ必要がある事です。
そのため、荒削りの終わった竹片の端を、綺麗に斜めにカットしておきます。
斜めにカットする目的は、断面積を大きくして接着面を広くとり
接合部分の強度を保つためです。
これは私が勝手にそう思っているだけで、斜めにしなくても強度的には
あまり変わらないような気もします。

綺麗に斜めにカットするために先ず、治具を作ります。
治具は2枚の板から出来ています。
下の板には60度(正三角形)の溝を掘ってあります。
上の板は竹片を押える為のものです。
二枚の板を重ねて斜めの切れ込みが入れてあります。

使う時は、下の板の溝に荒削りした竹片を入れ、
上の板で固定し、切れ込みに沿ってノコギリを通します。
これで竹片が一定の角でで切断できるというものです。

f0053342_9465125.jpg
治具に竹片をセットした所です。
斜めの線の様に写っているのは、ノコギリの切れ込みです。
上の板にも重ねた時同じ位置にくるよう切れ込みが入れたあります。

f0053342_9473665.jpg
治具に挟んだ竹片ごと一緒に、ノコギリに通している所です。


f0053342_949342.jpg
切り込みに沿って、竹片が切断された所です。


f0053342_9504875.jpg
切断面です。一番右は斜めにカットしていないものです。
(??斜めにカットしていないのに、正三角形になってないな~~??)


f0053342_9512012.jpg
斜めにカットしたものを繋ぐとこんな感じです。

実際にカットした竹片を接着して繋ぐのは、焼きいれが終わった後にする予定です。
上手くつなげたら後は、仕上削りとなります。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ノードレスロッドを作る場合のスプライスジョイント部の角度は
スプリットの竿の太さ : スプライスの範囲 = 1 : 20
くらいの角度が必要
f0053342_15145133.jpg

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
by seiyoukebari | 2006-06-03 09:54 | バンブーロッド | Trackback | Comments(6)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30