<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Hot Air その後
f0053342_21442731.jpg

Hot Air完成です。

竹をセットせず、加熱テストを行ってみました。
12分間ヒートガンで熱し続けて
温度測定ボルトの下段が180度まで上がりました。

バンブーロッドの焼入れ(私の場合)では、
180度以上にしませんので
オーブンとして使えそうです。

温度調節穴を調節し、5穴開けた状態で
温度測定ボルトの下段が179度
温度測定ボルトの上段が175度で安定します。

上段と下段で4度の差がありますが、
焼入れ時は竹を上下入れ替えをしながら
作業しますので、許容範囲・・・かな。
[PR]
by seiyoukebari | 2006-11-29 21:45 | バンブーロッド | Trackback | Comments(17)

塗装 と 塗料
竹を削り接着が完了し、
表面に付いた接着剤をはがして、
綺麗に表面を整えられた竿は、
それでもまだ“素材”と言った趣です。

木工でも、既に完成品の形をし、
サンドペーパーで綺麗に磨きあげられたそれも
まだ“素材”としか見えません。

竹林や森で生きていた竹や木、
伐採によって一旦絶たれその命に
塗料が新たな息吹を与えてくれます。
f0053342_19134790.jpg

竹や木の表面にオイルを塗ったとたん、
それまで、かさかさで精気を失っていた素材に
しっとりと艶やかで、なんとも言えない温かみが蘇ります。

うちの奥さんもたまには、
“お化粧”じゃなく“お塗装”でもしてくれないかな・・・
[PR]
by seiyoukebari | 2006-11-25 19:14 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(28)

第84話--過疎化 と 少子化

こんな山の奥やから“過疎化”は当たり前、
ちゅうのは人様の話。

ワシらは昔からこの山奥でずーっとおんなじ様に暮らしてる。
そやのにどうや?最近の“過疎化”は。

 山の木が植え替えられ、水が変わり
 堰堤で寸断された川では、行き来ができず
 棲める場所がない。 

これでは過疎化するっちゅうねん!

 毎日毎日、次から次へと釣り人が来て
 小さい子らまで持って帰る。
 ワシらには年をとる間もない。
 幾ら子孫繁栄のために、釣れ残ったワシらが頑張ってみても
 たかがしれてる。
 その上、川は護岸されて、卵を産むところもない。

これでは少子化するっちゅうねん!

釣りのために、発眼卵や稚魚の放流をしてくれても、
そんなもんではワシらの“過疎化”と“少子化”に
歯止をかけることはできんで。

大きく育ったら、たまには釣られたるから、
頼むから、もうちょっと、もうちょっとだけ
持って帰るのを、少のうしてくれんか・・・・

そうしたら、放流なんかしてくれんでも
自分らでちゃーんと、子供作って産んで育てるから・・・

f0053342_9401215.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ジャニ天に出展する『西洋毛鉤浪漫喫茶』の思いです。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
[PR]
by seiyoukebari | 2006-11-22 20:59 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(14)

JANIS HEAVEN Limited Edition
f0053342_9344233.jpg

ジャニ展に出展する私たち『西洋毛鉤浪漫喫茶』のオリジナルカレンダーです。
C&R河川の釣り場風景を、terryさんが綺麗なカレンダーに仕上てくれました。

このカレンダーはジャニ展で販売させていただきます。
また、このカレンダーは私たちの主旨にご賛同いただけますメーカーさん、ショップさん、各種団体さんには制作した原価で頒布させていただきますので、ご協力いただける方は『西洋毛鉤浪漫喫茶』メンバーまでご連絡ください。

収益の一部は釣り場の整備にお役立ていただこうと思っています。
お楽しみに。

カレンダーをお買い求め頂いた方の中から抽選で、フィッシュクラフト工房ブランドの、
2007シーズン渓流FFシーン必須アイテム(企業秘密のためここでは公表できないのが残念)や、名刺入れに使えるかもしれない木の箱などを、プレゼントさせて頂く企画も検討中です。
こちらもお楽しみに。
f0053342_9401215.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2006-11-19 09:42 | いろはにほへと | Trackback(2) | Comments(26)

“消えたリポ-D” 出て来た・・
皆様から多くの励ましのお言葉を頂きありがとうございました。
行間字間からは、皆様の優越感が垣間見える、暖かいものばかりで感激しておりま
した。

が、誠に申し訳ありません。“消えたリポ-D” 出て来ました!

身内の恥をさあらすのも心苦しいところではありますが
私への疑いを晴らすために、ここはきちっと、ことの顛末をお伝えさせて頂きます。


昨日“消えたリポ-D” をエントリーを終え、早速頂いた皆様からのコメントに返事
をし、水でも飲もうかと冷蔵庫を開けて愕然!
“消えたリポ-D” 出て来た・・

お父さん 「あれ?リポ-D買うて来てくれたん?」
【注釈】  この時点では、優しいお父さんはお母さんの気遣だと思い感謝感激

お母さん 「ごめん!お父さんが帰って来たら一番に謝ろうと思もってて・・・」
【注釈】  この時点お父さんが帰ってすでに2時間は経過していた

お父さん 「一番にって?」
お母さん 「あやまるのを忘れてた・・・ごめん!」

お父さん 「謝るって?」
お母さん 「・・・空と思っていた瓶、あれ空と違ごうた・・・!」

お父さん 「ちょっと待ってよ!
      一週間、飲んでないリポ-Dを、自分が飲んだんやと一生懸命言い聞かせてきたのに。」

お母さん 「・・・」

お父さん 「“空かどうかくらい持ったらわかるやろ・・・!”って恫喝したのはだれ?」

お母さん 「・・・」

お父さん 「“飲んでいるとこを見てた”とまで言ったのは何?」

お母さん 「・・・」

娘     「リポ-D一本くらい、どうでもええやん!」

お父さん 「あのな~!そういう問題ちゃうねん。これは。
       これからの行き方を左右しかねないことやねんから!!」

お母さん 「・・・」

ということです。
私への疑いが晴れたことは、素直に喜ばしいことなのですが
心配の対象が夫婦の間を行ったり来たりしているだけというこの現実は
それはそれなりに、かなりショックです。


で改めて、皆様の心温まるお言葉に、
反論、いやいやお返事を申し上げたいと思います。

ふくちゃん、
>私のことは忘れないでね
私はあなたのことを忘れることは無いと思います。
でも、私のことは忘れないでね(笑)

NaOさん、
>年々物忘れって激しくなりますよね・・
そ~ぉ?!私はそんなこと無いけどな~。

コムさん、
>思いっ切り笑いつつ、全然人事とちゃうやんと恐怖しました
どうぞ、お一人で存分に恐怖してください。
私は大丈夫でしたから・・・

犬太郎さん、
>晴釣雨忘の毎日です。
近い将来、犬太郎さんと私が遠野辺りを連れ立って、ひがな一日釣りをし
宿に戻っていきなり犬太郎さんが
”今日はまだ釣りに行ってないな~ぁ”なんて言っても
私はイブニングに付き合いますからね。
思いっきり“釣忘忘釣”してください。

daikyuさん、
>犯人の痕跡を辿り想像するのが結構好きです
私が犯人ではないことが証明されました。
でも身内の犯行と解り、複雑な心境です。

dadさん、
>飲んでた時に、別の事を考えていた・・ってのが、通常よくある話ですけどね
よくある話?!私には通じません!
私にはリポ-D飲んだことを忘れても、必ず飲んだことを思い起こさせる生理現象
があるのです。
それはオシッコ。オシッコはリポ-Dを飲んだことを思い出させてくれます。
でも今回、オシッコも思い出させてくれまませんでした。
今になってから言うのもなんなんですが、だから、だから“推測”と言い張ったの
です。
[PR]
by seiyoukebari | 2006-11-17 22:00 | いろはにほへと | Trackback | Comments(14)

消えたリポ-D
今週月曜・・・夕食時・・・・
お父さん 「おーぃ!お父さんのリポ-Dどうした?」
お母さん 「なに言うてんの?昨日のんだやろ。」
お父さん 「飲んでないよー!」
お母さん 「空瓶がテーブルにあったから捨てたよ。」
お父さん 「誰が飲んだんや!お前やろ!」
お母さん 「私はそんなもん、飲みません!!」


そこへ娘が帰ってきて
お父さん 「お父さんのリポ-D飲んだ?」
娘     「リポ-Dってなに?」
お父さん 「リポ-Dって“ファイト~ッ!一匹~!”のリポ-Dやんか。」
娘     「?????????」


今週火曜・・・息子に・・・・
お父さん 「お父さんのリポ-D知らん?」
息子    「リポ-D!?」
お父さん 「そう。冷蔵庫に入れてたやつ。」
息子    「知らんヨ、そんなもん。冷蔵庫に入ってたのも知らん!」


今週水曜・・・夕食時・・・・
お父さん 「解った!飲まずにテーブルの上に置いておいたのを、
       飲んだと勘違いして捨てたんちゃうか?」
お母さん 「それってリポ-Dの話?・・・まだ言うてるの?・・・
       空かどうかくらい持ったらわかるやろ・・・!」

えぇー!お父さんのリポ-D、誰が飲んだ?!どこに消えた?!
“私が飲んで、記憶から消えた”なんて推測を誰が信じるか~!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
この推測が事実だとしたら、私、かなり重症です。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
exciteのblog調子悪いですね~。
コメントのURLを入力すると、
コメントが登録できないみたいです。
早く直して欲しいものです。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[PR]
by seiyoukebari | 2006-11-16 20:30 | いろはにほへと | Trackback | Comments(14)

JANIS HEAVEN
何が出来るんかな。協力なんてできないだろうな。
なんて思いながら、ジャニ天に便乗出展を決意ッ!
f0053342_23585060.jpg

画像はクリックすると、ちょいと大きくなりますヨ。

先日から開催しているフィッシュクラフト展の作品を、
ジャニ天に展示してくれるという友人の一言から、
『それじゃ私たちも参加させてください・・・』

というワケで、
来月12月9日・10日に開催される“ジャニス天国”
出展するという友人3人の企画に、近江の国から2人が便乗出展します。
その名も“西洋毛鉤浪漫喫茶”です(笑)

何か面白いコトが出来ればイイな〜と思っています。
詳細は後日terryさんが紹介してくれます。
(ここでも便乗精神)

というコトで、このイベント開催の12月9日・10日は
blog仲間が長野に集結します。

名古屋の友人は天増川の浪漫溢れるヤマメたちの声を届けてくれます。
私たちは近江の国から楽しいお土産を持参して会場でお待ちしてます。

ちなみに、共同出展するお店の名前は
“西洋毛鉤浪漫喫茶”ですが、私が店主ではありません(^^)
[PR]
by seiyoukebari | 2006-11-14 00:08 | いろはにほへと | Trackback(1) | Comments(27)

シルクライン
憧れのシルクラインです。
とうとう買っちゃいました。
FF関係では恐らく今シーズン一番高いお買い物。

f0053342_10555946.jpg
それもフェニックスやティボーなどと言ったそん所そこらの代物ではありません。
竿つくりを教えて貰ったMaxさんが自作のライン編機で編まれたものです。


それでもってこれがセルフコーティング!
要するに自分でコーティングして仕上るというものです。

f0053342_10562178.jpg
またまた、このシルクラインのコーティングと言うのが
厄介な(いやいや実に楽しい)もので、コーティングに使う塗料から自分で調合します。

そしてそして、このコティングを1回すると、2-3週間ほど乾かない。
その上コーティングは5回程繰り返し行う必要がありますので、とにかく面倒(いやいや楽しみ)。

自称イラチの私が果たして使い物になるシルクラインをオフの間に育て上げ
来る来シーズンは、良い子に育ったMy Silk Lineで、見事イワナを釣り上げる
事ができるのでしょうか?!
[PR]
by seiyoukebari | 2006-11-11 11:12 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(35)

第83話--背掛かり

痛ッ・たッ・たッ・たッ~!痛~い!!

Sisyou 「来た~!
      久々の大物や~!! 」

Kazu  「ごっつー竿曲がってますよ。
      慎重に取り込んでくださいね。」

痛いっちゅうのに~!!

Sisyou 「くわ~!
      この引き、たまらんな~!! 」

背中に鉤が刺さってる~!!

Kazu  「な~んや、背掛かりですやん・・・」

Sisyou 「“な~んや!” ってな~んや!
      ワシは狙って背掛りにしてるんやぞ!!」

Kazu  「また、また・・・・」

Sisyou 「小さい魚で、大きな感動。
      これが背掛りの真髄やないか!
      悔しかったら、お前も背掛けてみぃ!」

こらっ~!
Sisyou の下手くそ。
ちゃんと顎に掛けんか~い!
背中の皮が裂けるやろ!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
背掛りを邪道のように言われますが
私は背掛り推進派です。
なんせ“小さい魚で、大きな感動”ですから。

痛い思いをしてまで釣られてくれた魚です。
みなさん、”背掛り” と残念がらずに、
やさしくリリースしてあげましょう。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
[PR]
by seiyoukebari | 2006-11-08 21:17 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(14)

フィッシュクラフト展 開催
f0053342_21441315.jpg
フィッシュクラフト展、開催です。

滋賀県立琵琶湖博物館で、
11月5日から12月3日まで。

開場は9:30~17:00で月曜休館。

クラフト展の会場は無料で入れます。

f0053342_21501586.jpg


今回の新作は秋田のヤマメ。
こんなのを一杯展示しています。
f0053342_21473018.jpg
f0053342_21474674.jpg

私のバンブーロッドやネットも飾ってます。
[PR]
by seiyoukebari | 2006-11-04 21:54 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(36)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30