<   2006年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

『あまごの恩返し』
『C&R』を題材に、こんな昔話を作ってみました。

   :
   :
   :

昔、むかし、近江の国は愛知川の上流で
毎日毎日魚釣りをして暮らしの足しにしている二人の者がおりました。

Sisyou 「今日もぎょうさん釣れたな~。そろそろ帰えろか?」

Kazu  「後1匹。後1匹だけ釣って帰りましょうー。」

Sisyou 「相変わらず、Kazuは釣りが好きやな~。」

バシャ!!

Kazu  「うぉ~!ごっついのが掛かりましたー。
      わぁ~、めっちゃ綺麗なアマゴ!!こんな魚見たことない!」

Sisyou 「ほんまに綺麗なアマゴやな。見事な魚や。」

Kazu  「こんな綺麗なアマゴ、絞めるのは気が引けるなぁ。
      尾びれを怪我している様でもあるし・・・・
      今日もう十分釣った事やし、こいつは逃して帰りましょう。」

Kazuが釣りから帰ると、家の前に“渓”という名の若い女が、足を怪我して倒れておりました。
Kazuは歩くこともままならない渓を、怪我がなおるまで家においてやることにしました。


ある日Kazuは、この前釣った綺麗なアマゴの話を渓に聞かせました。
すると次の日の朝。

渓  「Kazuさんが逃がしてあげたというアマゴは、こんな魚ではなかったですか?」

と魚の彫り物をKazuの前に差し出して見せました。
Kazuはその彫り物が、あまりにも自分が逃がしてやった魚に似ている事に驚き、早速Sisyouに見せに行きました。

Kazu 「Sisyou、この前逃がしてやったアマゴを木彫りにしてみたんですが、どうでしょう?」

Sisyou「これは凄い、まるで生きているアマゴが川を泳いでいるようや。
     Kazuにこんな才能があったとはな~。ほんまにお前が作ったのか?」

Kazu 「・・・・私が作ったんですよ・・・うまいもんでしょうー。」

Sisyou「うまいもんやなー。
     ワシの釣ったイワナも作ってくれるか!」

Kazuは渓が作ってくれた彫り物を自分が作った事にして
Sisyouの頼みを快く引き受けて帰ったのでした。


Kazuは家に帰り、早速渓にSisyou の釣ったイワナの彫り物を作ってくれるよう頼みます。

Kazu 「渓が作ってくれたアマゴの彫り物をSisyouに見せたところえらく気に入ってくれて、
     自分が釣ったイワナの彫り物を是非作ってくれというのやが、頼めるか・・・?」

渓   「Kazuさんのお願いとあれば、渓は喜んで作らせてもらいます。
     でも2つだけお願いがあります。そのお願いをKazuさんが守ってくれはるのなら
     渓は喜んで作らせてもらいます。」

Kazu 「解った、解った。で、その願いというのはどんなお事や。言うてみ・・」

渓   「一つ目は絶対に、彫り物をしている部屋に入ったり、のぞいたりしないこと。」

Kazu 「そんなことはたやすい事や。彫り物をしている部屋には絶対に入らんし、見いひん!」

渓   「二つ目は、殺生をやめる事・・・」

Kazu 「それは無理や。ワシの唯一の楽しみは魚釣り。これだけは止められん。」

渓   「それなら釣った魚は、この前のアマゴのように全部逃がしてあげてください。
     それなら殺生にはなりません。」

Kazu 「釣った魚を全部逃がせと言うのか・・・
     もったいない話やが、釣りができて、彫り物を作ってくれるというのなら、それも我慢しよう!」

それからというもの、SisyouとKazuは釣った魚を全部逃がしてやることにしました。
その代わり、釣った魚の話を詳しく渓にしてやり、その話を聞いて渓が作った魚の彫り物を
町で売っては、暮らしの足しにしたのでした。

ある日、SisyouとKazuが釣りをしていますと、Kazuの竿に大きなアマゴが掛かりました。

Kazu  「Sisyou~!この前逃がしてやったアマゴが掛かりました~!!」

Sisyou 「うぉ~。ほおんまや。見事なアマゴ。この前の奴やな。」

Kazu  「これは渓に見せてやらなあかんなー。持って帰って見せてやろうー!」

Kazuは、渓が作ってくれたアマゴの彫り物が、
本当の魚にどれほどよく似ていたかを見せてやりたい一心で、
アマゴを川原で絞め、内臓と取り出し、魚篭に入れて持って帰ったのでした。

Kazu 「渓~!帰ったぞ~!
     見事なアマゴが釣れたから持って帰ったぞ。
     渓が初めて作ってくれた彫り物のアマゴや。見てみぃ!」

ところが渓の姿が見あたりありません。
彫り物をしているのかと、部屋の様子を伺うのですが、
仕事をしている気配もありません。
Kazuは必死になって渓を探し回ったのですが、見つけることはできませんでした。

思い当たるところは手当たりしだい全部探し回ったのですが、
Kazuは渓の姿を見つけることができませんでした。
仕方なくKazuは渓との約束を破って、渓が彫り物をする部屋に入ってみました。

するとその部屋の中は
生臭い魚の匂いが立ち込め
机の上には作りかけのアマゴの彫り物。
その彫り物の腹は彫刻刃で裂かれ
床には魚の臓物が落ちていたのでした。

Kazuは自分が絞めたアマゴが、渓の化身であったことに気づき、
自分が渓との約束を破り、取り返しの付かない事をしてしまったことに気づいたのでした。

おわり・・・。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 今年も一年楽しい釣ができました。
   来年もまた楽しい釣ができますように・・・・・
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
[PR]
by seiyoukebari | 2006-12-30 09:12 | いろはにほへと | Trackback | Comments(30)

第86話--今年の秋は雨が少なかったなぁ

今年の秋は雨が少なかったなぁ。
まとまった雨も無かったから、
ビワマスは昇って来られへんかったんとちゃうやろか・・・・

治水もええけど、たまにはビワマスのために、
ダムの水を流したってもええんちゃうの?


f0053342_22514495.jpg


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
私の家の近くを流れる愛知川には
毎年10月から12月にかけてビワマスが遡上してきます。
愛知川上流のダムの影響もありまとまった雨が降らない限り、
流れはいつも写真の農業用堰の下流数キロの辺りで途絶えています。
そのためビワマスは琵琶湖から上流に遡上できません。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
by seiyoukebari | 2006-12-27 22:53 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(16)

鳥有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや
北海道で増田農場という農場をやっている友人がクリスマスに合わせて
鶏の燻製と野菜を送ってくれました。
f0053342_10393724.jpg

この友人、以前は札幌でカメラマンをしていたのですが
今は深川で牧場をしています。

主に卵を生産しています。
ゲージを使わず、有機飼料で鶏を育て、卵を生産しているとか。
当然他の野菜も有機栽培にこだわったます。
卵は市場を通さず、直接札幌のお客さんに届けるというちょっとユニークな生産者です。
このこだわりが評価されて、第3回コープさっぽろ主催の農業大賞・奨励賞を受賞したそうです。(リンクページの増田農場で紹介されてます。)

この燻製は、卵を産むという役割を終えた鶏を使ったもので
ちょっと堅いのですが、なかなかこれが、かんでいるうちにいい味がでてきます。
お酒は当然ビールより、バーボンですね
[PR]
by seiyoukebari | 2006-12-23 10:45 | いろはにほへと | Trackback | Comments(10)

第85話--WVB
琵琶湖博物館でフィッシュクラフト展・・・・?!
   ふぅ~ん・・・・楽しそうなこって。

松本でジャニ天・・・・?!
    はぁ~~~~よろしいなぁ。

忘れてるんちゃうやろな!!!

f0053342_19254025.jpg

Sisyou 「忘れてへんよ~。ちゃんとWVBも買うたし。
       忘れてぇへんねけどなぁ、発眼卵を買うお小遣いが・・・・・尽きて来た・・・・
       kazu、ちょっとお金貸して~」

kazu   「ジャニ天の二次会で、
       水割り1杯飲んだだけで、6500円もするお店なんかに行くからでしょ・・・」

Sisyou 「・・・・それは・・・・その・・・・・Keiチャンが・・・・・」

お前ら松本に何しに行っとったんや!?
kazuと二人で13000円ちゅうことは、
ワシらの卵が4333.33粒も買えるやないか!!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
先日、発眼卵放流に使うWVBが届きました。
去年、回収できなかったので今年の放流に備え追加購入です。

※本文初登場の人物紹介
Keiチャン:
daikyuさんのいとこで松本駅前で”Keiチャン”を
知らない女の子は居ないとご自分で豪語する方です。
松本の夜をKeiちゃんに案内してもらったお陰で・・・
ちなみち、松本の夜はterryさん、gonzaさんもご一緒でした。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
by seiyoukebari | 2006-12-20 19:28 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(12)

プロジェクトF 『フィッシュクラフト缶バッチ』の開発に懸けた男たち・・・・
このエントリーは、フィッシュクラフト展の成功で調子にのったKazuとSisyouの
『フィッシュクラフト缶バッチ』開発に懸けた、つまらない掛け合いだ~

  :
  :
フィッシュクラフト展の帰りの車中。
缶バッチ開発への意気込みを語るKazuとSisyouの姿があった~


Kazu  「フィッシュクラフトをモチーフにした缶バッチを作ろうと思うんですけど
       どうでしょう?」

Sisyou 「ええん、ちゃう。」

Kazu  「西洋毛鉤浪漫喫茶“Catch & Release Field Calender 2007”の販促にも
       使うて貰えるし・・」

Sisyou 「ええやん!西洋毛鉤浪漫喫茶のメンバーにも早速連絡しょう!」

Kazu  「メンバーには当日のお楽しみと言うことで、ナイショにしときましょ・・・」

Sisyou 「了解!」

  :
  :
  :

開発に動き出したKazuとSisyou。
フィッシュクラフトの写真を入れた缶バッチのデザインは比較的順調にできあがった~。
後は缶バッチに入れるキャッチコピーを決めるだけとなっていた~。
キャッチコピーに悩む二人はメールでやりとりをしあったのだった~


Kazu  : 缶バッチに入れるコピーを考えたんですが、こんなんどうでしょう。
       キャッチ案 A案  enjoy FLY FISHING
               B案  I Iove FLY FISHING
       どっちがええやろ?
       B案は辞書によると“Like”より“Love”の方が思いが強いと書いてあったんで
       “Love”にしたんやけど、“Like”の方がええやろか?どう思う?

Sisyou :どう思うって・・・“Like”とか“Love”の問題ちゃうやろ!
       デザインで飯食ってる人とは思えんコピーやな!ほんまに!!
       もうちょっとフライフィッシャーの気持ちが伝わるコピー書けんのかいな!?

Kazu  :ほな、こんなんはどうでっしゃろ・・・
          C案 爆釣祈願
          D案 尺上祈願

Sisyou :・・・・ちょっとストレート過ぎるんちゃう・・・?
       もうちょっとこう・・・なんちゅうか・・・心をくすぐるような・・・
       こんなんはどう、、、
         E案 釣れなくても FLY FISHING!
         F案 FLY FISHING 楽し~い!
         G案 きゃほーっ!FLY FISHING!
         H案 釣られんかい!渓魚!  
       まあ、どれを採用するかは、プロのデザイナーに任しとくわぁ。

Kazu  :プロのデザイナーって私のこと?
       私はMacの使えないアートディレクターですからコピーは書きません!
       それにしてもSisyou?コピーライターの素養があるんちゃう?
       面倒やから、A案からH案まで全部採用させていただきます!

Sisyou:(・・・・・全部って、A案とB案はないやろ・・・・)

こうして都合12種類のコピーが入った缶バッチ100個が完成したのであった~。
そして見事ジャニ天では、4個(40個ちゃいまっせ!)の缶バッチが売れたのだった~!!
Kazuは全身全霊を傾けて作った缶バッチが4個しか売れなかったのに
Sisyou の「勾玉・バンブーのへそアクセサリー」が4個も売れたことにショックを受け、
風邪を引いて寝込んでしまったのだった~







☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ジャニ天では、魚のデザインが影響してか
以外にもB案のバッチに人気がありました。
特に浪漫喫茶メンバーのochiくんがはまりました。
流石Macの使えないアートディレクターが考えた
コピーだけのことはあります。
(今回はノンフィクション度98%です)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
by seiyoukebari | 2006-12-16 01:08 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(28)

ジャニ天レポ プライベート 編
◎感激しました
「そのうちに何時かお会いできるだろう」と思っていた関東のBlogerの方との出会い。
知来さんdadさんくろやんさんKomさんParaさん・・・
みなさん想像していた通りだったり、そうでなかったり。
感激しました。

◎ちょっと感激です
私の作った勾玉を佐藤成史さんに2個
バンブーのアクセサリーをリバレイの方に2個
買って頂きました。これもちょっと感激です。

◎なによりでした
西洋毛鉤浪漫喫茶のメンバーへのお土産と
カレンダーの抽選の景品として持参した名刺入れ。
会場で何人かの方が、私の作った名詞入れから名詞を出したり入れたりして
名詞交換をされている様子が見受けられました。
喜んで頂いているようで、なによりでした。

◎後悔してます
杉坂さんのオークションでオービスのバンブーロッドが競りに掛けられたとき。
1万円の声に、1万1千円の声が出せなかった・・・
と言うより出なかった・・・
と言うよりお金が無かった・・・後悔してます。

f0053342_195452100.jpg


◎購入したもの
 ・「森のフィッシュウォッチング」(知来さんのサイン入り) 

 ・SIMMS CAP

 ・杉坂さんのサイン入りフィッシングバック(オークション)

◎頂いたもの
 ・「森のフィッシュウォッチング」オリジナル写真

 ・Tigersロゴ入り硬球

 ・杉坂さん利用のアルミ製フライパッチ 
  オークションで落札したフィッシングバックについていました。
  というか、付いているのを事前に確認して落札しました。

 ・杉坂さん利用のFly
  オークションで落札したフィッシングバックについていた
  アルミ製フライパッチに入っていました。
  というか、入っているのを事前に確認して落札しました。

 ・FlyFisherオリジナルタオル

 ・フィッシュクラフトオリジナル缶バッチ
  私のコピーを採用してもらった缶バッチ。渋い~。

 ・フィッシュクラフトオリジナルTシャツ
  永源寺のなまぐさイワナがプリントされている奴。かっちょいぃ~。

う~ん、実に有意義な2日間でした。
f0053342_9401215.jpg


f0053342_21232142.jpg

(杉坂さんのフライパッチの中身です)

[PR]
by seiyoukebari | 2006-12-13 20:01 | いろはにほへと | Trackback(1) | Comments(18)

ジャニ天レポ 西洋毛鉤浪漫喫茶 編
先のジャニ天ではたくさんの方に
西洋毛鉤浪漫喫茶“Catch & Release Field Calender 2007”
をご購入頂きありがとうございました。
f0053342_2123123.jpg

また、カレンダーの販促として企画しました抽選の賞品として
NaOさんからは『ヤマメのピンバッチ』、
godzillaさんからは『セミトラVフィルム』
のご提供頂き、ありがとうございました。
カレンダーをお買い上げ頂いた方にとても喜ばれました。

西洋毛鉤浪漫喫茶で販売させていただいた品物は以下のとおりです。
・カレンダー100部!!
・携帯ストラップ2個
・キーホルダー2個
・フィッシュクラフト 缶バッチ4個
・フィッシュクラフト Tシャツ1枚
・フィッシュクラフト カードスタンド2台

西洋毛鉤浪漫喫茶の販売で計上した収益と
知来さんから「森のフィッシュウォッチング」の
売り上げの一部として寄付頂いた金額を足して
12月10日現在、27,100円になりました。

このお金は木曽西野川の放流資金として寄付させて頂きます。
西洋毛鉤浪漫喫茶では、来年の西野川放流事業に合わせ、
みなさんとまたお会いできる楽しい催しを企画しております。
どうぞお楽しみに。
f0053342_21265852.jpg

f0053342_9401215.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2006-12-12 21:13 | いろはにほへと | Trackback | Comments(16)

フィッシュクラフト展 ご来場ありがとうございました。
f0053342_205780.jpg

ほぼ1ヶ月に亘り開催させて頂きましたフィッシュクラフト展は
好評の内(?)に終了することができました。

お陰さまで、会期中には多くの方に私たちの作品を
見ていただく事ができました。

とくに、Blogでお知り合いになった方々と、
楽しい出会いができた事は、何よりの収穫です。

また、琵琶湖博物館の芳賀さんはじめスタッフの皆さんには
いろいろお手伝い頂いたり、興味深いお話を伺えたりと
私たちにとっても有意義なイベントとなりました。

この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。
皆さんのお陰で、楽しいイベントになりました。
本当にありがとうございました。
[PR]
by seiyoukebari | 2006-12-11 20:06 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(12)

ぷか、ぷか~
第30回熱気球琵琶湖横断に参加してきました。
f0053342_19553073.jpg

私の兄が八日市気球クラブに入っていて、
この気球クラブが慢性的な会員不足ということで
毎年この熱気球琵琶湖横断のお手伝いに誘われます。

だれかクラブに入ってくれる人いませんか~。
手軽にオシャレなスカイスポーツ が始められますよ~。

f0053342_19522042.jpg
このレースは琵琶湖の西側の高島市から,、琵琶湖の東側の東近江市辺りを目指すというものです。
距離にしたらそれほど大したことはないのですが、何せ日本最大の湖、琵琶湖を横断するのですから、結構、冒険浪漫です。


f0053342_19582259.jpg
ただ、気球は風まかせ。
うまく北西の微風が吹かないと横断できません。
私は4回ほど参加していますが、未だ一度も琵琶湖を横断できる天候に出くわしていません。
万が一、そんな日に当たったところで、私はお手伝いですので、ゴンドラを追っかけて、琵琶湖を周回するだけですが・・・・
お兄ちゃん!たまには乗せて~!



f0053342_20105533.jpg☆気球の格納庫
普段気球は元牛舎の片隅み片付けられています。
牛の匂いがほのかに香るバルーンが八日市気球クラブのバルーンです。

☆気球マンのトランスポーター
当然、軽トラです。
普段は収穫したきゅうりを乗せて走ってます。

☆気球マンのファッション。f0053342_20144874.jpg
足元はゴム長。手には軍手。
これが気球マンの定番ファッションです。
上着は汚れてもいいものを着用します。
気球が着地するところは刈り取りの終わったぬかるんだ水田が多いのでゴム長でないと、着地してもゴンドラから脱出できません。
ぬかるんだ水田で気球を回収することになりますので、当然衣服はどろろどになります。

☆気球マンの朝
気球マンの朝は早いのです。
夜が開けるのを待って、バルーンを膨らませて、飛び立ちます。
この日も家を出たのが4:00。釣りに行くときよりも早い。
気温が上がると風が出て、上昇気流も発生し、飛びたてなくなることがあるので、だいたいが午前中が勝負。寝坊は禁物。

こんなに手軽でオシャレなスカイスポーツ をやっているのに
なんで八日市気球クラブには、かわいい女の子の会員とかが集まらないんかな・・・
f0053342_208130.jpg

中央でうらめしそうに気球を見上げているのが私です。
私の両側の女性たちは、会員不足のため助っ人に頼んだ、奈良女子大学の気球クラブの方たちです。
たまにはこんな出会いがあることもあります。
[PR]
by seiyoukebari | 2006-12-06 20:19 | いろはにほへと | Trackback | Comments(21)

『西洋毛鉤浪漫喫茶』プレゼント企画
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

プレゼント追加のお知らせ【第2弾】
f0053342_20582848.gif
ヤマメ賞・・・・・・・「工房咲来」さん提供、ヤマメのピンバッチ


            Blog『渓流で逢いましょう』のNaOさんが、イチイの木から作られた
            ヤマメのピンバッチです。

            イチイの綺麗な杢目をうまくいかした絶品です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

プレゼント追加のお知らせ【第1弾】
f0053342_201211.gif
ニジマス賞・・・・・・・「釣り方商店」さん提供、フィッシングガイド券

            Fly Roders誌でおなじみの、由井大久さんによる、木曾/東北の
            フィッシングガイド優待券です。
            釣行計画から、現地の案内、夜の宴会のオヤジギャグまで徹底的
            にお付き合いさせて頂きます。
            基本はキャンプ釣行の一泊二日です。
            泊りの食費お1人分と、東京方面からの方には車での交通費の
            割り勘分相当が賞品に含まれます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

f0053342_1840829.jpg

アマゴ賞の内容は当日発表です。楽しいグッズで~す!

カレンダーは、80部の限定販売予定です。
どうぞ早めにお買い求めください。

森のフィッシュ魚ッチィング」の知来要さんもチャリティー企画に参加して頂けるようです。
こちらも楽しみに!!
[PR]
by seiyoukebari | 2006-12-02 18:42 | いろはにほへと | Trackback(2) | Comments(32)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31