<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

七夕
仕事の打合せで取引先のビルに行くと
エレベーターホールに大きな笹(竹)が立ててあった。
f0053342_22143092.jpg

その笹には、いくつもの短冊がぶら下がっている。

 元気で暮らせますように・・・

  はやく結婚できますように・・・・

   XXさんの病気が治りますように・・・・・

笹の横の机には、短冊とペンがおいてあって、
みんながここで願い事を書いて、吊しているらしい。

打合せまでの間に、私も願い事を書いて吊してきた。
f0053342_2215830.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2008-06-28 22:16 | いろはにほへと | Trackback | Comments(22)

歯は欠け、眼はかすみ、腰は曲り・・・・・・
ここの所、医療費がかさんでいる。

まずは歯医者さん。
下の歯の内側が次々と4本ほど欠けてきたので、歯医者さんに通うことになった。
だいたい1回2,000円かかってしまう。今度で3回目。
毎回汗だくになってしまう治療は、恐怖そのものだ。
いつまで通院しないといけないのやら・・・・

次は眼鏡屋さん。
ほとんど活字が読めなくなって来た。
お年寄りの方が、縁側に出て虫眼鏡片手に、
新聞を読まれる気持ちが解る年頃になってしまった。
という事で、生まれて初めて眼鏡を購入した。
こちらは眼鏡市場とかいうお安い?眼鏡屋さんで購入したのだが、19,800円。

そして、整形外科。
まあ、こちらの方は持病とも言うべき、腰痛。
いつもは、腰痛になっても2・3日もすれば快方に向うのだが
今回の腰痛は、1週間たってもあまり良くならず、病院へ。
という事で、生まれて初めてコルセットを装着。
コルセットも保険対象らしく、湿布薬も出してもらって、こちらは3,000円

早く治さないと、貴重な釣り時間が無くなってしまう。
f0053342_2055265.jpg

当然、竿作りも進んでいません。
焼入をした状態で2週間。
f0053342_20555093.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2008-06-25 21:02 | いろはにほへと | Trackback | Comments(24)

フカフカ・プカプカ
先日シュラフを買った。
フカフカ・プカプカのちょっといいやつ。
f0053342_8461799.jpg

早速もぐり込んでみたが、頼りないほどフカフカ・プカプカ。

この土日、
川の音が聞こえるテン場で、
イワナ爆釣の疲れを癒してくれるはずだったシュラフを買った。

なのに雨。
[PR]
by seiyoukebari | 2008-06-21 08:46 | いろはにほへと | Trackback | Comments(24)

第123話--水位操作
モロ子 「私らは大雨の後に、卵を生むよう教えられてきたけど、
     最近はあっと言うまに水が引いてしもうて、
     せっかく葦に産んだ大切な卵が干からびてしまうから、困ったもんやわぁ」

それは南郷の洗堰で、水位操作をしてるからやな~。
それが人のやる、治水利水ちゅうやつや。

ワシらイワナのいる渓流でも、雨が降って喜んでると、
上流の堰堤で水を抜かれてしもうて
あっというまに、河原が干上がることもあるんや。


モロ子 「せめて私の産んだ卵が孵るまで、水を抜くの待ってもらえんもんかなぁ・・・・」

琵琶湖では最近、生態系に配慮した水位操作っちゅうのをやってくれてるようやから
ちょっとはましになったんとちゃうか?

川では相変わらずや・・・・・


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
琵琶湖の水位は瀬田川南郷の洗堰で調整されています。今までは、
=> 雨が降る    
=> 水位が上がる  
=> モロコが産卵する
=> 水位操作で水位を下げる 
=> モロコの卵が干上がる
と行った事を繰り返していましたが、近年、
モロコの卵にちょっと配慮した水位操作がされるようになってきました。
そのお陰か、去年・今年はモロコ釣りが好調のようです。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
by seiyoukebari | 2008-06-12 21:06 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(20)

雨の後の、アマゴ釣り
梅雨の合間、アマゴ釣りにJasseさんと行ってきた。
Jasseさんは、竿を作るようになってからのお付き合い。
私より10歳ほど先輩であるが、なかなか良い雰囲気で、
齢を重ねている感じで、気を遣うこともなく遊んでもらっている。

釣り場は、車止めから登山道を片道3時間の山の中。
テントを担いでの1泊釣行は、それだけの苦労に見合う数のアマゴが釣れたが、
今日は体中がガクガクで、正直しんどい。
f0053342_7355592.jpg

登山道を行くJasseさんを見ていると
流れに身をまかせ、流されない
流心に定位するアマゴの姿が重なった。

渓相はこんな感じです・・・・・・
[PR]
by seiyoukebari | 2008-06-08 07:36 | いろはにほへと | Trackback | Comments(34)

何事も見掛けだけで判断してはいけません。
今度の竿は、渋~い6ft2pcのショットーロッド。

先日の釣行で、何本かのリールシートを持参し、
竿を依頼してくれた方に、選んでもらった。

リールシートも決まり、作業を開始しようかと思っていた矢先にその方から電話。

その方 「リールシートって、どれくらいの厚みのある板なら作れるの・・・?」

”リールシートって、この前決めたんとちゃうん?今更なにを・・・” と思いつつ

わたし 「・・・・・うぅ~ん、だいたい20mmかなー」

その方 「18mmでは難しい?」

わたし 「リールシートの直径が17mmだから、ほとんど無理。」

その方 「作って欲しい板があるんだけどなぁ・・・?」

いつもは聞きわけの良いその方が、いつになく食い下がるので、
余程いい杢が出ているのだろうと思い、
うまく出来ないかも知れない事を伝えた上で、材を送ってもらう事にした。

ところが、後日送られてきた材は・・・・・・
 日曜大工センターなんかで売られている、丸太を斜めにカットした材で
 カナやアルファベェッドに切り抜かれた文字板を貼り付けて、
 ネームプレートを作る台材のような、よく見かける板。
 厚さははっきり言って18mmない。
 杢は・・・・・・・ただの年輪。
f0053342_20593081.jpg

これでリールシートを作れって?!

なんて思いながら、仕方なく材を切り出し、
旋盤でリールシートを作り、オイルを乗せたところ
これがこれが、深みのある色合いになり、年輪が味わいのある杢になって浮き出てきた。
渋~い6ft2pcにはお似合いのリールシートになりそうだ。
f0053342_21135084.jpg

何事も見掛けだけで判断してはいけません。

いつもは渓流でイワナを釣らず、
駅前で外来魚のお相手をされているという噂の絶えないこの方、
先日の木曽でも何匹もイワナを釣られたとか。

なかなか見る目がございます。
[PR]
by seiyoukebari | 2008-06-04 21:18 | バンブーロッド | Trackback | Comments(16)

第122話--勘違い
Sisyou 「今日はいつになく爆ってしもうたなぁ~。」

Kazu  「そうですね。お互い腕上げたんとちゃいます?!」

ワシらの腹が減っとっただけですぅ~

Sisyou 「狙うたポイントに、Flyも入るようになって来たからなぁ。」

Kazu  「キャスティングの腕も上達しましたね!」

昨日・一昨日と雨が降って、餌が喰えてないから、腹が減っとっただけですぅ~

Sisyou 「流れの向うの巻き返しでも釣ったからなぁ。」

Kazu  「“めんでぃんぐ”とかいう、高等テクニックを使ったりなんかして!」

今の時期、とにかくワシらは一杯餌を喰う季節なんですぅ~

Sisyou 「まあ、お互い、そこそこのキャリヤを積んできたからなぁ~!ハッハッハッ~!」

Kazu  「そうですねぇ。お互い腕上げましたね!キャッホッホッ~!」

そやから、腹が減っとっただけや言うてるやろが!何を勘違いしとんねん!!
[PR]
by seiyoukebari | 2008-06-01 20:13 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(20)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30