<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最近気になること
◎ウェダーの高騰。
ちょっと前まで、エントラント(東レ)素材で1万円台のものもあったように思うのだが
最近はそのようなものを目にすることが少なくなった。
その代わり、ほとんどがゴアの3レイヤーだの5レイヤー。
価格も最低でも2万円で、3万円から5万円程度ものが一般的。
防水機能だけのウェダー(雨合羽)で釣りを始めた者にしてみれば
エントラントでもなに不自由ないのだが、やはり多売できないFF業界では
単価を上げないと商売が成り立たないのだろうかと、他人の商売ながら気になってしまう。

◎円の高騰。
ちょっと前まで、1$130円から140円だったような・・・。
ユーロに至ってはつい最近まで、160円台だった。
それが今日は1$92円とか。
第一線で戦うビジネスマンでなくても、気になるところだ。

◎誘惑メール
見たくも無い海外のオークションサイトの照会メール。困ったものだ。
Hサイトへの誘惑メールなら結構さっさと削除できるのだが、
中古リールの写真が満載されているそのサイトは、
いつの間にやらお気に入りに登録されている。
秋の夜長、目の毒・体の毒・財布の毒なのだが、気になってしようがない。

そして今日仕事中に来たメールはもっとたちが悪い。
SIMMSウェダー共同購入勧誘メール。
海外通販に長けた友人が、前述の経済情勢から判断して、
今買わずして何時買うのか!?と言わんばかりのメールを送ってきてくれた。
早速SIMMSのサイトを確認していると、
Rivershed と RiverTek のどこがどう違うのか気になってしようがなくなってきた。

サイズはUS-MLで、お願いします。

嗚呼、小遣いの残高が気になって来た~!
[PR]
by seiyoukebari | 2008-10-27 22:04 | いろはにほへと | Trackback | Comments(16)

すっぴん
無事接着が終えたブランクは、
接着の時に6本の竹片を束ねていた糸をとり
ブランクにこびりついた接着剤をサンドペーパーで剥がしていきます。
f0053342_12445310.jpg

一面一面、接着剤を剥がして行く作業は、いかにも地味な作業ですが、
作業が進むにつれ、綺麗な竹の素肌が見えてきます。
f0053342_12451360.jpg

作業を終えたブランクは、すっぴんのなんとも言えない質感です。

この後は塗装。
綺麗に見せるためのお化粧ではなく、竹を守る為にします。
[PR]
by seiyoukebari | 2008-10-19 12:46 | バンブーロッド | Trackback | Comments(22)

竿作りもやってますよ
f0053342_2393030.jpg

今度の週末は接着です。
[PR]
by seiyoukebari | 2008-10-09 23:09 | バンブーロッド | Trackback | Comments(18)

大好物の柿の葉寿し

山は少しずつ色づいてきたようです。
f0053342_19371011.jpg

大好物の柿の葉寿し買ったら
柿の葉寿しも紅葉していました。
f0053342_19384730.jpg


[PR]
by seiyoukebari | 2008-10-07 19:40 | いろはにほへと | Trackback | Comments(18)

第132話--テンカラのおっちゃんの毛鉤に似たフライ
Sisyou 「この時期、昼間の釣りは厳しかったけど、
       夕間詰は期待できそうやから、気合い入れて行くぞ~!」 

Kazu  「どんなフライに出ますかね・・・・?」

Sisyou 「この時期、フタバコカゲロウや小型のメイフライが出るらしいので
       #18のこんなフライでバッチリや!!」 

Kazu  「了解~!#18のこんなフライですね。
       でも#18では、アイがちっちょうてティペット通すのに苦労しますね。」

Sisyou 「ほんまや。辺りが薄暗いと、なかなか通らんワ。
       ・・・・・やっと、通った!行くぞ~!」 
 :
 :
 :
Ten-Kara 「あんたら釣りけぇー?」

Sisyou 「そうですよ。おっちゃんはキノコ採りですか?」

Ten-Kara 「何で釣っとるんけぇー?」

Sisyou 「フライ・・・・毛鉤です。」

Ten-Kara 「この季節、毛鉤は釣れんじゃろ・・・・
         どんな毛鉤つけとるんじゃぁ?」

Kazu  「こんな毛鉤です。
       この時期、フタバコカゲロウや小型のメイフライが出るらしいので
       #18のこんなフライを付けて、今から夕間詰を狙いに行く所です!!」

なんや知ったらしい虫の話なんかしとるが、Sisyouの受け売りやないかぁ。
Kazuはフタバコカゲロウがどんな虫か知ってるんかいな?


Ten-Kara 「そんな毛鉤、イワナは好かんよ。」

Sisyou 「・・・・・」

Ten-Kara 「ワシはいつもこんな毛鉤で、イワナを10も20も釣っとるよ。」

Kazu  「・・・・・」

SisyouもKazuも老眼と戦いながらやっと#18のフライを付けたとこやのに、
釣る前から早速フライチェンジかぁ?


Sisyou/Kazu 「テンカラのおっちゃんの毛鉤に似たフライ・似たフライ・似たフライ・・・・」

Sisyou/Kazu 「あらへ~ん!」

Sisyou/Kazu「Masa~a!フライくれ~!」

あの二人には、FMMとしてのプライドとかこだわりっちゅうもんが無いんかいな!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
夕間詰に向う前、地元のテンカラ師に出会い、お勧め毛鉤の情報を入手
でも手元には似たフライはありません。
ベストがフライボックスではち切れそうなMasa君には顔を合わすたびに、
フライのおねだりするのですが、なかなか譲って頂けません。
酔った勢いで、フィッシュクラフトやバンブーロッドとのバーターを
試みたのですが、これも交渉不成立でした。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
by seiyoukebari | 2008-10-03 20:30 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(14)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31