<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

焙烙(ほうろく)
 
嫁さんが焙烙(ほうろく)を買って来た。
料理に使うために大豆やなんかを炒るつもりらしい。
f0053342_10325236.jpg

私も以前から炒ってみたい豆があったので、嫁さんより先に焙烙を使ってみた。
f0053342_1832244.jpg

毎朝、ハンドミルで豆を挽き、コーヒーを入れているのだが、
なかなか美味しいコーヒーが入らない。
美味しいコーヒーが飲みたくて、抽出の仕方などをいろいろ試してはみるが
なかなか思った味にはならない。

私の住む片田舎では新鮮な豆も売ってないし、しゃーないなぁと
自分の腕が未熟なことを棚にあげ、美味しいコーヒーが入れられない原因を
豆のせいにしいた。

でも最近は私の住む片田舎でも、自家焙煎のお店ができ、
新鮮な豆を買い求めることができるようになってきた。
生豆も売ってくれる店がある。

そこで焙煎前の生豆を買ってきて、それを焙烙で炒り
新鮮このうえないコーヒー豆でコーヒーを入れてみた。
f0053342_10441083.jpg

f0053342_10351319.jpg

お味の方は・・・・・・・やっぱりお店で炒った豆を買った方がよさそう。

f0053342_1895595.jpg

同じ豆を2日に分けて焙煎してみたが、まったく違う味になった。
1日目は酸味が強いだけで香りもコクもない豆に、
そして2日目は、苦味が出て香りもコクもない豆。
この世界も奥が深そうなので、早々に撤退した方がよさそうだ。


f0053342_1032941.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2012-02-28 12:49 | 料理 | Trackback | Comments(6)

竹フェルールに変更
竹筒滑包式そぎ継の竿を、竹筒の代わりに本来の(?)spliced jointed rodの様に、テープを巻いて留めて振ってみたら、抜け止め防止用に施したタボの穴の所で折れてしまった。
f0053342_17574597.jpg

そのままでは使えないので、竹フェルールを付けてみることにした。
竹フェルールは初めて作るので、はたして使い物になるか楽しみだ。

f0053342_16311932.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2012-02-25 17:59 | バンブーロッド | Trackback | Comments(4)

大きな柿の木
廃業された梨園のおばあちゃんに
「この柿の木も切ってしもうてぇ」
と言われていたので、昨日の日曜は雪が積もった梨園で、
大きな柿の木を切って薪にさせてもらった。

f0053342_9324156.jpg


午前中かかって大きな柿の木を切って
薪に適当な長さに玉切りにした。

f0053342_9325542.jpg


玉切りにしていると、切り株から綺麗な杢が現れ
しばし休憩。
梨の木の間からは、キジも現れた。

f0053342_933333.jpg


午後からは嫁さんと、切った木を運んで薪だなに積んだ。
チェーンソーの刃もそこそこ研げるようになっててきた感じで
太い木もストレスなく切れた。

f0053342_16311932.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2012-02-20 12:31 | 薪ストーブ | Trackback | Comments(6)

ピザカッター
 
外国の方は普段から、お皿の上で金属のナイフやフォークを使って、
お肉を切っているから気にならないのでしょうか?
それとも焼き上がったピザは、木製のピールかお皿の上で切り分けるものなんでしょうか?
普段、木のお箸で料理を頂いている私にはどうもあの
金属ホイールがお皿の上を行ったり来たりする感覚が馴染めません。

黒板を発砲スチロールでこするのに似たあの感覚が・・・・・

庭にピザ釜を作った近所のお寿司屋さんのおっちゃんも、そう言ってました。

そこで、木のピザカッターを作ってみました。
f0053342_9311932.jpg

材は薪用に払い下げられたウイスキーの樽材。
ストーブ屋さんに頼んで3本ほど譲ってもらい
丸ノコで適当な長さにカットして
バンドソーで板に挽き
下書きに沿ってカットして
カンナやナイフやヤスリやペーパーで削って
最後は、オリーブオイルでフィニッシュ。
f0053342_9313413.jpg

焼きたて熱々のピザをこのカッターで切って・・・・・・
なんか美味しそうです。
[PR]
by seiyoukebari | 2012-02-09 12:57 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(6)

薪ストーブは三度暖かい
 
薪ストーブは三度暖かいと言われます。

一度目は、薪割り。
この前の週末は雪が舞う寒い日でしたが、
外で薪を割ったり、運んだり、積んだりしていると
すぐに暖かくなり汗が出てきます。
f0053342_14561219.jpg

二度目は、薪が爆ぜる音を聞きながら、ゆらぐ炎の前で暖をとるとき。
エアコンやファンヒーターの様に、乾いた温風にさらされることがないので
お風呂に入っているように、体が暖まります。
f0053342_14555150.jpg

そして三度目は、薪ストーブで調理した
暖かいお料理を頂く時だそうです。
トップでは煮物、
燃焼室ではピザやオーブン料理、
そして灰受けでは焼き芋や焼き栗など、
暖かい料理が楽しめます。
[PR]
by seiyoukebari | 2012-02-02 12:51 | 薪ストーブ | Trackback | Comments(8)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
terryさん、アマゴよ..
by 西洋毛鉤 at 08:42
良いヤマメですね。 近..
by tokyo_terry at 00:28
terryさん、こっちは..
by 西洋毛鉤 at 20:13
sisyou、こんにちは..
by tokyo_terry at 16:36
店主さん、あれは欠けてん..
by 西洋毛鉤 at 07:28
keiちゃん、ご無沙汰..
by 西洋毛鉤 at 07:26
あのフレームの欠けがsi..
by 店主 at 23:36
moriさん、お久しぶり..
by keiちゃん at 17:08
toto4543さん、..
by にh西洋毛鉤 at 08:30
はじめまして。 ヤマナ..
by toto4543 at 22:27
記事ランキング
ブログジャンル