<   2014年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

紅葉狩り

紅葉狩りに出かけた。

先ずはお蕎麦を食べようと、昼前に伊吹山の麓のお店へ。
11:30頃に到着したが、既に長蛇の列。
平日の昼前だというのに、お店に入るのに30分、お店に入ってから30分。
蕎麦を食べるのに1時間待つなんて、今までの私では考えられない。
・・・・・・時間が余って来たと言うことか。

f0053342_17585960.jpg

ざるそばとかけそばをたいらげ、醒ヶ井養鱒場へ。
醒ヶ井養鱒場は紅葉の名所で、落ち葉の流れる川を大きな鱒達が
気持ちよさそうに泳いでいた。

f0053342_18741.jpg

醒ヶ井養鱒場でニジマスの発眼卵を受け取り放流。
去年は放流した直後にまとまった雨が降ったり
上流で河川工事がされ、結果がイマイチだったので
今年は沢山の稚魚が育って欲しい。
アマゴの卵が今年は不作らしく、今年はニジマスだけになった。

f0053342_18125872.jpg

帰り道、胡宮神社によったら、NHKの中継クルーが放送の準備をされていた。
家に帰って今このブログを書いているが、リビングのテレビで中継が始まった。
明日の朝も胡宮神社からの中継があるらしい。

f0053342_1829310.jpg



f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-11-27 18:30 | いろはにほへと | Trackback | Comments(6)

バタバタと
 
連休はバタバタといろいろ。

一日目は朝から薪割り、午後から薪棚の整理。
f0053342_1824425.jpg

二日目は早朝から気球のお手伝い
午後からは玉ねぎの植え付け。

三日目はにんにくの植え付け。



f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-11-24 18:31 | いろはにほへと | Trackback | Comments(4)

watch stand
あまりつける機会が無くなった腕時計。
たまにつけようと思うと止まっている。

普段使っているのは、1万円程度のものだが、それでも電波ソーラー。
引き出しなんかにしまっておくと、電池切れになり止まっている。
引き出しから出して少し経つと、勝手に時刻を合わせて動き出してくれるのだが、
止まっている時計をつける気分にはなれない。

置き場所に困って、ついつい引き出しなんかにしまっていた腕時計。
いつでも充電できるよう、watch standを作った。

f0053342_172363.jpg

材はウイスキー樽の廃材。
長い年月を経て劣化したの木の質感と、
金属の光沢を放つ機械のコントラストが面白い。


f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-11-22 18:03 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

今日も永源寺へ
先日薪割り機を共同購入した近所の薪ストーブユーザーの方と薪取りに行ってきた。

長男の友達が森林組合で働いていて、その彼にお願いして雑木を譲って頂いた。
現場は、間伐作業をされている山で、森林組合の方が、
薪によさげな木を切り出し、まとめておいてくれた。

森林組合の方が用意しておいてくれた、太くてまっすぐな木と
山中に転げ落ちているそこそこ太くて薪にできそうな木を集めて
玉切りして持ち帰った。

玉切りする前はそれほど多くないと思っていたが、
玉切りして運びだしてみると、2tトラックと軽トラ2台が
そこそこいっぱいになった。おそらく2t以上はあるだろう。

f0053342_18232596.jpg


午前中で運び出しの作業を終え、午後からはみんなで薪割り。
薪割り機は期待以上の働きで、直径40cmちかくで又のある玉もストレスなく割ってしまう。
ぼちぼち斧で割っていたら、数週間は片づかない量の木が、見る見る薪になって行く。

1時間ちょっとで、全部の薪が割れた。
こんなに楽なら、もっと早くに薪割り機を買っておけば良かった・・・


f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-11-20 14:32 | 薪ストーブ | Trackback | Comments(4)

菓子盆
f0053342_18591847.jpg

週末は奥永源寺へ。
ダム湖周辺の紅葉が綺麗に色づいていた。


f0053342_1859025.jpg

今日はケヤキを削らせてもらった。
バイトを材に当てる角度がなかなか会得できない。


f0053342_16333461.jpg

作ったものを持ち帰り、オイルを塗ると綺麗な杢が浮き出てきた。

f0053342_1254265.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-11-17 09:43 | ろくろ | Trackback | Comments(0)

Power Tool
 
久々に電動工具を買った。
額を作るのに買ったスライド丸鋸以来の
ちょっと高価なパワーツール。

f0053342_17174228.jpg


ベルド状の紙ヤスリが回転する部分と、
円盤状の紙ヤスリが回転する部分がある。

手で削ると何時間もかかる作業が、数十分でできる。
丸鋸の方の出番は無くなったが、ベルトサンダーは重宝しそうだ。


f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-11-14 17:26 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

7ft11in

雨が降ると、竿でも作ろうかという気になってくる。

今度作る竿は、中途半端な7ft11in。

f0053342_1783741.jpg



f0053342_1433471.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-11-11 17:01 | バンブーロッド | Trackback | Comments(2)

野点

外でコーヒーを飲むのに使っていたドリッパーを失くしてしまった。
以前使っていたのは、針金がバネ状になっているやつで、収納性は良かったが
使いづらかったので、今回はモンベルのコンパクトドリッパーと言うのを買ってみた。
針金のフレームに布製のフィルターが付いていて、
フィルターに二本の箸などを通し、カップなどに乗せて使う。

f0053342_187975.jpg

布製フィルターにコーヒーを入れて使ってもいいが
普段使うペーパーフィルターをセットして使う方が良さそうだ。
箸の代わりは、バンブーロッドの切れ端。
収納するときはインスタネットのように折りたたんで収納する。

使いやすく、収納するとポケットティッシュの半分程の大きさで、なかなかのスグレモノだ。

f0053342_1891621.jpg

湖畔をドライブし、マキノ高原でコーヒーの野点をして帰ってきた。


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-11-07 18:09 | いろはにほへと | Trackback | Comments(2)

木工旋盤

木工旋盤という物に初めて触れた。

木地師の方が使われる木工ろくろと木工旋盤では少し違う。
ろくろには心押台なく、細長いものを削るのは苦手な反面、
お椀などの繊細な曲線に削り上げるのに向いている・・・らしい。

刃物も、ろくろはカンナと呼ばれる彫刻刀の様なもので削り、旋盤はバイトと呼ばれるもので削る。
形状も、材への当て方も違う。
ろくろのカンナは通常木地師の方が自分で作られる。

カンナの作り方もゆくゆくは教えて頂けるとのことだが、
先ずは、どちらかと言うと初心者に扱いやすい旋盤を使わせてもらった。

f0053342_1405793.jpg


高速で回転している材に、軽くバイトを当てると、気持よく材が削れていく。
でも、少しバイトの角度が違ったり、押しすぎるとバイトが材に食い込む。
食い込むと、ガリッ!と大きな音とともに、バイトが跳ねたり、材が飛ぶ事がある。
この食い込みが怖くて、バイトを材に軽く当てられない。
ついつい、手先から腕・肩・背中・腰・脚まで力が入ってしまう。

先生に手を添えてもらいなが、バイトの角度、動かし方を習う。

バイトの角度を変えながら、削れ出す角度を音で感じろ・・・・って言われても違いが解らない。
力を入れずに・・・・・って言われても、バイトの角度を固定しようとするとついつい力が入る。

あっと言う間の2時間。緊張した。

荒削りを終えたケヤキの小盆。
f0053342_13594772.jpg


一応塗装まで終えた、ウォールナットの小皿。
初めて旋盤で作った作品だが、自分一人でできたのは塗装だけ。
私がバイトを持って削ったのは確かだが、私の手だけでは何も削れなかった。
自分ではもう少しできると思っていたのだが。
f0053342_1401927.jpg




f0053342_1254265.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-11-05 18:01 | ろくろ | Trackback | Comments(5)

一輪挿し

竿作りを始めようと、
作業小屋の片付けをしていたら、
綺麗な杢目の端材が出てきた。

綺麗な杢の木を触っていると
ついつい何か作ってみたくなる。
f0053342_1831399.jpg

角材を切って磨いただけの一輪挿し。

f0053342_183487.jpg

光のあたり具合で、杢が変化するのが面白い。


f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-11-02 18:07 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30