<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

リールの修理
この釣りを始めて間もない頃に購入し、
ずっと使い続けているリールが壊れた。
f0053342_14283042.jpg

この前の釣行で、転んだ時にハンドルがとれてしまったのだ。

フレームの一部は、随分前から欠けている。
他にも幾つかのリールを持ってはいるのだが、
ロッドにセットするのは、いつもこのリールだ。

そろそろ引退・・・・・
f0053342_1428487.jpg


使い慣れたリールなので、なんとか復活してもらおうと
修理してみた。

ハンドルの軸は、フェルールの材料のニッケルシルバーを旋盤で削って作った。
ハンドルは、KINEYA CAVOUSのハンドルをカリンの瘤に付け替えたとき
取っておいたものを使った。

なかなかいい感じに修理完了。

早速ラインをセットしようと、巻いてみたら、またハンドルが取れた。
軸のカシメが甘かったようで、やり直し。

たぶん、また川で釣っている時に、取れるんやろんぁ・・・・

f0053342_12551232.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-08-31 18:35 | バンブーロッド | Trackback | Comments(4)

綺麗なアマゴが見たくて・・・・
綺麗なアマゴが見たくて、今日は近くの渓に行って来た。

普段より少しだけ早く起きて、
いつものようにワンコと散歩し、
コーヒーをいれて、朝食をとってから釣りに出かけた。

ここのところ、まともな魚の顔をみていないので、
今日は、シーズン初めに綺麗なアマゴが釣れた
近くに渓に出かけることにした。

家を出たのは7:30。
登山道の入り口に大きなワンボックスカーが2台とまっていたが、
気にせず、車止めまで行き、渓に降りた。

釣り上がって行く途中、真新しい足あとが目に留まる。
登山道の入り口にとまっていた車は、釣り師のものだったようだ。

予定を変更し、上流区間を釣り上がることにする。
この区間は途中、高巻きがあるので、単独釣行では少し気合が入る。



入って、少し釣り上がったところのプールで、綺麗ないい型のアマゴが釣れた。
この渓にしてはかなりいいサイズ。
何回か深みに潜られ、魚をネットに収めるまで、
楽しい緊張感を味わうことができた。

このままいい釣りができるのかなと期待したが、
あまり反応はよくない。

少し大きなプールの真ん中に渦ができ、
その中心に直径30cmほどの泡だまりができている。
泡のど真ん中に、#12にエルクヘァカディスを投げ込んでみた。
泡の色と、エルクヘァの色が同じで、フライが何処にあるのか全く解らない。
キャスティングし直そうと竿を上げると、魚の手応え!
慌ててラインを手繰るが、テンションがかからない。
あぁ~あ、と思った瞬間、また魚の反応がグリップに伝わってきた。

手前に走って来た魚を、ランディングしようとするが、
深みに潜られ、なかなか寄せられない。
なんとかランディングしてみると、結構いい型のイワナだった。

この後は、何回かバラして、終わり。
この渓は、いつも数はそこそこ釣れるのだが、大きな魚は釣れない。
今日は、アマゴ2匹にイワナ2匹。
でも、いい型のアマゴとイワナが釣れたので、満足。

3:00過ぎには渓を出て帰路につく。
林道には、もう栗のイガが落ちていた。



f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-08-28 10:42 | 釣行記 | Trackback | Comments(2)

大アマゴを求めて
二人で一匹、チビイワナが釣れただけ。
疲れた。

車止めに着いた時、雨がきつくなり、近くを車で見て回り時間を潰して、
雨が小ぶりになるのを見計らって、着替えた。

今日の目的の渓は、車止めから本流沿いに歩いて一時間程のところに流れ込む支流。
この渓は、最上流から車で入り、本流沿いを歩いて下流に流れ込む支流目を指す。
支流がだめでも、本流を釣り上がって、車まで戻ることができる。

以前一度行ったこがあるのだが、
そのときは増水でその支流には入れなかったので、
今回が初めての渓である。

今日釣る予定の大アマゴの話をしながら、
大アマゴのいそうな本流のプールを横目に支流を目指す。

しかし、支流に着いて釣りを始めるころには、また雨脚がつよくなり、
大きな木の陰で、雨宿りをしながらの釣りになった。

「案外、と言うかこういう天候こそ大アマゴに会えるものだ。」
と状況を前向きに考えようとするのだが、反応はイマイチ。
たまに、フライを追ってくる魚が見えたり、フライを突っつく者もいるのだが、
まったく釣れない。

雨が首筋をつたい、背中を流れる。
雨とクモの巣ですぐに、ティペットも集中力も切れる。

期待して入った支流では、結局二人で一匹、チビイワナが釣れただけ。
f0053342_10171346.jpg

やっぱり大アマゴは本流でしょう~!
と気を取り直し、本流を釣り上がるが、こちらも釣れない。
たまに反応があるのだが、やっぱり釣れない。

壊れた堰堤の下にできた大きなプール。
大アマゴが居るとしたら、ここでしょう!というポイントで
友人の竹竿が大きくしなった。
次の瞬間、一瞬しなった竿はちゃっかり元通り。

結局二人でチビイワナが一匹釣れただけ。
疲れた。



f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-08-24 10:18 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)

無臭生活
灼熱釣行から帰宅し、シャワーを浴びて、
クーラーの効いた涼しい部屋で昼寝をしたら
夏風邪をひいてしまった。

喉がはれ、鼻水が止まらない。
熱はなく、食事は普通にとれていたので、大事には至らないと思いつつ、
薬を飲んで、2日ほど静かにしていたら、なんとか回復してきた。
f0053342_11194155.jpg

でも、なんかいつもと違う。
まったく匂いを感じないのだ。

今朝も、いつものようにコーヒーを挽いいて、
ミルの中に鼻を突っ込んでも、あの挽きたての香ばしい匂いがしない。
龍角散のど飴の袋に鼻を突っ込んでも、あの薬臭いハーブの匂いがしない。
ワンコの首根っこに鼻を突っ込んでも、あのお日様に干した布団の様な匂いがしない。
クールミントガムを噛んでも、最初からもう10分も噛み続けているガムのようで、
あの鼻を抜ける清涼感が感じられない。
風邪のせいか、薬のせいか・・・・・・

匂いを感じなくても、普通に生活はできる。

f0053342_14353950.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-08-11 10:52 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

鰻に釣られて・・・・
アマゴが釣れるとこ、どっかないかなぁ・・・・・・

テレビを見ていたら、京都観光をしていたYouたちが、
美味しそうな鰻を食べていたので、
鰻に釣られて、奥伊勢の方に行くことにした。

f0053342_9343861.jpg


このクソ暑い時期にアマゴなんてそうそう釣れないのは解っているが、
綺麗で冷たい流れに浸かりながら、のんびりキャスティングしているだけで気持ちいい・・・・・
と言いたいところだが、暑すぎる。釣れなさすぎる。

釣れたのはカワムツ1匹。
後は、ちょこっと反応があっただけ。たぶん、カワムツかアブラッパヤ。

あまり釣れないので、昼過ぎには脱渓して、温泉に入って、鰻を食って帰ってきた。
f0053342_9375267.jpg

ここの鰻屋さん、昭和を感じさせる大衆食堂風のたたずまいで、
あまり高くなく、ボリューム満点。いつもご飯を大盛りにして後悔する。
パリッと焼きあがった香ばしい皮にホクホクの身。
やっぱり鰻は鰻屋さんで食べないといけない。


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-08-06 09:45 | 釣行記 | Trackback | Comments(2)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31