<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

焼入れしてからアマゴ釣り

友人が荒削りまで済ませて持って来た竹の、
焼入れをしてからアマゴ釣りにでかけた。

入渓早々反応があり、小さなアマゴが何匹か釣れた。
f0053342_19354958.jpg


今年は花粉症の症状がひどく、
今日も釣りに出かけるのをためらっていたが、
やっぱり渓流は気持ちがいい。
魚が出てくれると楽しい。


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-03-31 19:45 | 釣行記 | Trackback | Comments(2)

茶托

昨日分けてもらったトチで、茶托を作ってみた。

素杢だと言われたが、剤っていると不思議な模様が出てきた。

f0053342_17224035.jpg



f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-03-20 17:24 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

栃の素杢と菌糸杢の材

お盆を作ろうと思い、ろくろの師匠のところへ、材を分けてもらいに行ってきた。

師匠が取っておいてくれた材は、70cm×100cm×8cmの栃の素杢。
これをバンドソーで30cm角に挽いてもらった。
おまけに、綺麗な杢の25cm角の栃と、ケヤキの角材を頂いた。
f0053342_18251034.jpg


帰り道、草餅を買って帰ろうと、道の駅に寄ったら、端材が売っていた。
栃の菌糸杢の板(20cm×100cm×5cm)が600円。迷わず購入。
これでグリップなんか作ったら、渋いやろなぁ・・・・。
f0053342_18251839.jpg




f0053342_12592434.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-03-19 18:34 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

釣行記 奥伊勢
昨シーズン終了後、釣友が発眼卵の放流作業の後、
知人に大きなアマゴがいる渓を案内してもらったらしい。

その時、案内してもらった淵を橋の上から覗くと、
有に40cmを超えるアマゴが確認できたという。

というので、シーズンが明けるのを待って、その渓に出かけた。

渓に到着し、その橋の近くで釣りの準備をしていると、
地元のおっちゃんとおばちゃんが林道をウォーキングしながら上がってきた。
「アメゴ釣りか?この橋の下にはこれくらいの大きなのがおるからな・・・」
と、両手をおばちゃんの肩幅ほどに広げて教えてくれた。

釣友の話を疑っていた訳ではないが、なかなか40cmのアマゴが泳いでいたと言われても、
そうそう鵜呑みにできる話ではない。
しかし、地元のおばちゃんに両手でその魚のおおきさを示されては、疑う余地はない。

早る気持ちをおさえ、橋のポイントより少し下流から釣り上がることにした。
魚の出そうなポイントが連続する綺麗な渓相で、
川岸の苔からは水が滲み出し、この山の保水力の強さが伺える。

f0053342_9455435.jpg


が、ピッともでない。
釣れる釣れないどころの話ではなかった。

帰りは下道をとおり、オートマのセレクトレバーをマニュアルモードにして鈴鹿峠を超えた。
・・・・・ノーマルタイヤに履き換えておけばよかった。


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-03-17 10:02 | 釣行記 | Trackback | Comments(2)

釣行記 奥飛騨
新しいウェーディングシューズとウェダーを携えて、
今シーズンの初釣行に行ってきた。

昨年も同じ時期に訪れた川だが、昨年とは打って変わって、
川までの峠道にも、河原にも雪はなく、
入渓の準備をしているときでさえ寒さを感じない。

午後から少し風が出てきたものの、終日北アルプスを眺めながら、
気持ちの良い釣りができた。

と言いたいところだが、ボウズ。悔しい!

同行した友人は泣き尺を筆頭に3匹をゲット。悔しい!

脱渓した後の彼の優しい慰めの言葉の中に、優越感に満ちたニュアンスを
感じ取ろうとする自分が情けない。悔しい~!

まあ、去年は彼がボウズだったし・・・・・
なんて無理やり自分を納得させている、自分が情けない。

そんな悔しさと情けなさを楽しみながら帰途についた。

f0053342_9305361.jpg

f0053342_931169.jpg

f0053342_931718.jpg


新しいウェーディングシューズは、靴底が固くまた、足首を固定してくれるので
河原の石の上を歩くのにはいい感じだった。
ただ、締め付けでくるぶしが少し痛くなったので、何か対策をした方がいいかもしれない。
ウェダーは流石に快適。



f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-03-09 09:58 | 釣行記 | Trackback | Comments(4)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31