<   2016年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

キャサリン in びわこジャズ東近江2016
びわこジャズ東近江2016に行ってきた。

普段はなんの変哲も無い街が、この日だけは音楽に包まれる。

最近はいろんなイベントが開催されるが、このイベントが一番楽しい。



いとこがブルースハープを吹くバンドの演奏を聞いていると、幼なじみに出会ったり、

実行委員長が甥っ子だったりで、ローカルでほっこり楽しい本当に良いイベントだ。

f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-04-25 13:21 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

新緑の渓でアマゴ釣り
新緑の渓でアマゴ釣りを楽しんで来た。

f0053342_11283795.jpg


最初に入った本流区間では、まったく反応が無く、早々に実績のある川に移動することにして一旦脱渓。

脱渓点のすぐ上流に流れ込む支流があり、ちょっと気になったので入って見ると、

入渓点では細い流れが、少し入るとそこそこの広さで、魚が居そうなポイントが連続しいる。

水深のある瀬で、この日初めての反応があり、このまま別の川に行くのには後ろ髪を引かれた。

先に車まで戻っていた友人を引き止め、この支流を釣り上がることにした。
f0053342_11341668.jpg

友人と入って少しのところで、待望のアマゴが釣れた。体高のある魚体に綺麗な朱点。

釣れたアマゴの写真を撮っていると、ほんの少し上流で友人の竿が曲がっていた。

これまた綺麗なアマゴがヒットしていた。



次から次へと渓魚の居そうなポイントが続く。
あまり釣果を期待していなかったので、移動食も持たずに入ってしまった。
結局、この後もいい型のアマゴとイワナが何匹か釣れ、夕方までこの渓を釣り上がる事になった。

山吹が照らす川面に、綺麗なアマゴやイワナが飛び出し、春本番の渓流釣りが満喫できた。

f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-04-21 11:46 | 釣行記 | Trackback | Comments(2)

2016お花見釣行
 
「そろそろいい時期じゃないですかー」と友人から誘いがあり、お花見釣行に行ってきた。

f0053342_10524827.jpg


里の花はもう散ってしまったが、目的の川が近づくにつれ

枝に残る桜の花びらが少しづつ増えてくる。

入渓点あたりの桜は、散り始め。

暖かい風が、花びらを散らし、川面を流れる。

プールではライズがあり、二人して渓魚に遊ばれた。

良い型のアマゴには逃げられ、小さなアマゴが数匹釣れた。

f0053342_1113146.jpg


ヒノキの花粉の攻撃を受けながら、ライズに翻弄され、春風に邪魔をされ、

フライフィッシングを堪能した。





f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-04-17 11:19 | 釣行記 | Trackback(1) | Comments(4)

Natural wood Ball-pen

道の駅でボールペンを何本か買ってもらえたので、

新たに3本作った。材は黒檀と紫檀。

黒檀も紫檀も堅い木なので、オイルで拭くとしっとりとした艶がでていい感じになる。

紫檀は削っていると、濃い紫色だがオイルで拭くとさらに濃くなり、ほとんど黒に近い色になった。

f0053342_915487.jpg


f0053342_9145790.jpg


自分が作ったものが、誰かに使ってもらえるというのは、やっぱり嬉しい。

作ることが好きで作りためたものでも、イベントなんかで展示すると買って下さる方がいる。

もう少し、みなさんに買って貰える方法を考えてみようかな・・・・・


f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-04-15 09:31 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

奥永源寺渓流の里 「匠の祭」 2週目

10日(日)も奥永源寺渓流の里の「匠の祭」に参加させてもらった。

出店者の都合や、出店者と道の駅サイドとの運営方法に対する方向性の食い違いなどで
結局今回は私を含め2名のみの出店となってしまった。

ちょっと寂しい結果になったが、それでも一日、道の駅で作ったものを並べていると
いろんな方がいろんな事を言って、通り過ぎて行かれるのが面白い。
少しではあるが、私が作った物も買ってもらえた。

個人で物作りをしている人にとっては、いい施設なのでこれからも何らかの形で
続けて行ってほしい。

60を過ぎたおっさん達は、釣り竿をみるとたいがい、
「昔、どこどこの川で、こんなでっかいイワナを釣ったぞ~」
と両手を広げて自慢をしていく。
やっぱり釣り師の両手は縛っておかないといけない。

地元のおっさん達と話していると、私がまだ入ったことの無い渓の名前なんかも飛び出してくる。、
一瞬、必死で渓の名前を覚えようとしている自分に気づく。

奥永源寺渓流の里は廃校となった中学校の校舎を利用しているので、広い体育館もある。
ここなら、雨が降ってもキャスティングの練習やデモもできる。
そんなイベントもできたらなぁ・・・・と思っては見るが、どうなることか。


f0053342_12551232.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-04-11 17:07 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(2)

彦根城
夕方、少し時間ができたので、彦根城までお花見にでかけた。

f0053342_20283590.jpg


f0053342_8133483.jpg



f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-04-05 20:28 | いろはにほへと | Trackback | Comments(2)

奥永源寺渓流の里 「匠の祭」
ろくろの先生からお声がかかって、「匠の祭」に参加させてもらった。
ろくろの作品はまだ、人にお見せできるようなものではないので、
竿通リで参加させてもらった。
f0053342_19474054.jpg

道の駅「奥永源寺渓流の里」は、廃校になった中学校をリメイクして開設された道の駅で
今回の「匠の祭」は、その体育館が会場となっている。

永源寺近郊でものづくりをされている方が、毎日曜日、作品作りの実演をし
道の駅のお客さんに楽しんでもらおうというイベント。
当然、展示販売もされている。

体育館は校舎の奥の方のあるので、お客さんの動線から外れているのが、ちょっと残念。
それでも、何人もの方に竿つくりの話を興味をもって聞いてもらい、
リールシートの材で作ったボールペンを買って頂けた。

今回が一回目で、これからも会場の設営などを工夫しながら、続けていくらしい。
継続は力。
時間を作って、また参加させて頂きたい。


f0053342_1254265.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-04-03 20:10 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のコメント
terryさん、アマゴよ..
by 西洋毛鉤 at 08:42
良いヤマメですね。 近..
by tokyo_terry at 00:28
terryさん、こっちは..
by 西洋毛鉤 at 20:13
sisyou、こんにちは..
by tokyo_terry at 16:36
店主さん、あれは欠けてん..
by 西洋毛鉤 at 07:28
keiちゃん、ご無沙汰..
by 西洋毛鉤 at 07:26
あのフレームの欠けがsi..
by 店主 at 23:36
moriさん、お久しぶり..
by keiちゃん at 17:08
toto4543さん、..
by にh西洋毛鉤 at 08:30
はじめまして。 ヤマナ..
by toto4543 at 22:27
記事ランキング
ブログジャンル