その木のカップは、いくらですか?

ククサをスタンドにして、メジャーカップを陳列していると、
「その木のカップは、いくらですか?」
と聞いてくれる方が結構おられる。
「ククサは売り物じゃないんです。作るのが大変なんで・・・」
と答えると、
「売りものなら買ったのになぁ・・・・・」と。

f0053342_18420877.jpg

正直、ククサを作るために3本もカービングナイフを買ったのに、
一個作っただけで、ククサ作りはやめた。
外形はナイフやノミでなんとか形にはなるのだが、
中をくり抜くのが大変。
一個作るのに手が傷だらけになった。

f0053342_18582855.jpg
なんかいい方法はないか考えた末、やっぱりロクロ。
ロクロでくり抜くと、手に傷を作ることもなく比較的簡単にできるのだが、
なんかちょっと違う。
やっぱり、ククサはナイフで削らないと、有難味がでない。


[PR]
# by seiyoukebari | 2017-11-16 19:04 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

ヘムスロイド村
今度の日曜日(11月12日)は、キッチンをリフォームしてもらった工務店にお誘い頂き
ことうヘムスロイド村でのイベントに参加です。

工務店のお客さんだけのイベントで、人も少なそうなのでのんびりキャスティング練習でもしてます。
f0053342_10421276.jpg

[PR]
# by seiyoukebari | 2017-11-10 10:42 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

煤竹

先日のイベントで大柄な外国の方が、釣り具に興味を持ってくださった。
日本語はまったくできず、あまり英語が堪能でないホストファミリーの方と
一緒にイベント見物にこられていたようだ。

その方は米国のミシガン州で広大な山を持っていて、
その山にはウォールナットが茂り、それを切り出しておられるとか。
切り倒された直径1mほどのウォールナットの木と一緒に写っている
写真をみせてくれた。

その方も釣りをされるらしく、
私が展示していたフックリリーサーが目に留まったらしい。
f0053342_18060195.jpg

私がリリーサーに使っている材の話になり、
こちらが虎杢のカエデ・・・・英語でタイガーメイプル、
こちらは鳥目杢のカエデ・・・英語でバーズアイメイプル、
ほんでもってこちらが煤竹・・・・???
となり、煤竹の貴重さをなんとか解って貰おうと
あまり英語が堪能でないホストファミリーの方の通訳を介し煤竹の説明をするのだが、
通訳の方も煤竹の事はあまり知らないらしく、なかなか伝わらない。

煤竹ちゅうのは・・・
日本の古民家で天井裏に使われていた竹が
長年にわたり囲炉裏の煙に燻されて飴色に変化した竹で
囲炉裏がなくたった近年ではほとんでお目にかかれない
貴重な竹で・・・・
などと熱の入った説明を私がするのだが、
結局通訳しきれず、最後には通訳の方がスマホの中のGoogle君に
「すすだけ」と問いかけると、
スマホの中のGoogle君は
『Only soot』と答えてくれた。
((煤だけとちゃうねん、竹やねん竹・・・))

通訳の方が
「すす竹」と入力しなおすと、
スマホの中のGoogle君は
『soot bamboo』表示してくれた。
((煤でできた竹ちゃうねんけどなぁ・・・))

時の重みちゅうものがチッとも感じられない「soot bamboo」という単語で
煤竹の貴重さが伝わったのかどうかは定かではないが、
その方は煤竹のフックリリーサーを気に入ってくださった。


f0053342_1254265.jpg



[PR]
# by seiyoukebari | 2017-11-04 18:12 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

二五八祭
11月3日(金・祝)は、地元のイベントに参加の予定です。

今年で41回目となる二五八祭

子供たちが小さい頃に行った事はありますが、もう何年も昔の話。

どんなお祭りになっているのか、楽しみです。

f0053342_21254966.jpg


f0053342_21304778.jpg
f0053342_21310896.jpg


[PR]
# by seiyoukebari | 2017-10-30 21:40 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

美味しいい「ほうれん草のおひたし」を食べたくて

美味しい「ほうれん草のおひたし」を食べたくて
毎年借りている畑でゴマを栽培している。

春に種をまき、秋に収穫。
種をまけば後は収穫まで、何の手間も掛けることのいらない作物だが、
収穫後が大変。
f0053342_19291704.jpg
干して乾かし、
乾いたらサヤを叩いて、実を出し、
ふるいで選別し、
風でゴミを飛ばし、
たらいに水を張り実を入れて、
浮いてきた実入りの悪いものはすくい捨て
底に沈んだ砂や小石を取り除く。
残ったものだけを乾かす。
乾いたモノを少しづつお盆にあけ、
色の悪いものや変形したものを取り除く。
f0053342_19292585.jpg
小さなゴマ粒をお盆で選別していると、
子供のころ祖母が、日当たりの良い縁側で
お正月用に作る草餅用の小豆を選別していた光景が思い出された。

子供のころは、よくもまあこんな単調な作業を
いつまでもいつまでも続けていられるなぁ・・・
と思っていたが、やり始めると案外熱中してしまう。

そして
美味しい「ほうれん草のおひたし」を食べるために
ほうれん草の種をまいた。
f0053342_12582281.jpg

[PR]
# by seiyoukebari | 2017-10-13 19:33 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

2017 シーズン終了
今シーズン最後の釣行は、今年何回かアマゴ狙いで通った渓への単独釣行となった。
朝6時に家を出て、高速に乗り、ラジオを聴きながら運転していたら、
降りはずのICを通り越してしまった。
通いなれた道でも、ナビの行先案内をセットしておかないと…(情けない)
f0053342_11485194.jpg
少し時間をロスし林道に入ると、水たまりの先には車のタイヤの跡が残っている。
先行者がいる様だ。
シーズン最後の平日、前日の雨、そして今日の晴天。
みんな考えることは同じ。

この日入ろうと思っていた支流は、入り口で餌釣り師が釣っていた。
上流に行こうかと思ったが、ゲートの車止めが道路わきに避けてあり、
上流にも先行者が既に入っている様だったので、別の支流に行くことにした。

しかし、ここも入り口に車が止まっている。
本流は濁りがきつく他に支流はないので仕方なく林道を小一時間ほど歩いて
釣り始めることにした。
f0053342_11490049.jpg
入渓してすぐに小さなイワナが釣れた。
その後はほとんど反応はなく、釣れるのはチビアマゴ。
f0053342_11490908.jpg
ポイントを移動しようと、右手上流の浅瀬にフライを落とし足を進めると、
そのフライに魚が飛び出した。
またチビアマゴかと思い竿を上げると、思った以上に良い型で、
その魚は一気に流れに乗り、下流に走って行った。

慌ててこちらも下流に走るが、追い付けない。
魚が走る先には大きな落ち込みが迫り、落ち込みに落とすか、引き上げるか一瞬迷ったが、
ティペットが切れるのを覚悟して、強引に引き上げた。

口を大きくあけながら、ネットに収まったそのアマゴは、お腹ポッコリのなかなかの美形。
f0053342_11492358.jpg

写真をとり、さあこれから・・・・と思ったら、林道に車が止まっているのが目に入った。
ここの渓の入り口は、鎖に施錠されて鍵がないと開けられないのに・・・・・
そこから上流は、真新しい足跡が残されていた。

今年の釣りは、これにて終了。

今シーズンも何度となく
携帯の通じない山の中に分け入り下界を離れ、
澄んだ流れの中で、一日アマゴやイワナと遊んだ。

そんなシーズンだが、今年はJアラートで目を覚ます事があり、
釣友と渓を歩きながら、
「山から降りたら、ミサイルが落ちてるかもしれんなぁ。。。。」
なんて冗談が口からもれたシーズンだった。

来年ものんびり山で魚釣りができますように。
f0053342_11510777.jpg

f0053342_14272685.jpg

[PR]
# by seiyoukebari | 2017-10-07 11:57 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)

シーズン終盤のヤマメ釣り
夜7時には帰宅しないといけない用事があったので、
この日はいつもより早く、3:30に家から3分の高速ICで
京都からくる友人にピックアップしてもらい、一路北陸へ。

今日のターゲットはヤマメ。
一昨年、この時期に訪れて大きなヤマメを釣った渓を目指した。

6:00過ぎには入渓点に到着。
早速準備をして、先日の台風で少し増水した渓に入る。
老眼が進んだ目には、早朝の光量不足の中での釣りは少し辛いものがあるが、
先日購入したイーズグリーのサングラスがいい感じだった。

友人がティペットを継ぎ足している間に、一投二投。
早速チビヤマメがアタックしてきた。
三投四投・・・・
川底から私のフライを目がけて浮いてくる魚体が見えたかと思うと
フライの直下で反転して咥えた。
デカイ!

入渓してまだ5分もたっていない。

ランディングしてみると体高がメッチャ広く、少し赤みを帯びた大きなヤマメ。
尺…あるかなぁ…ないかなぁ……
f0053342_13085217.jpg
入っていきなりの大物に、今日はどんな釣行になるのだろうと期待を膨らまし遡行するが、
それからが、厳しかった。

釣れるのはチビばっか。
増水した流れは体力を吸い取り、
チビヤマメは集中力を奪い取る。

その後はまともな魚を手にすることなく、昼過ぎに渓を移動した。

午後から入った渓は、数年前に別の友人と来た時、その友人が大きな尺ヤマメを釣った実績のある川で、
狙いは、「コムさんの尺ヤマメポイント」とその先の堰堤。

残念ながら「コムさんの尺ヤマメポイント」では魚はでなかった。
そしてその先の堰堤。
ここまでまともな魚を釣っていない友人が会心のヒット。
ランディングされたのは良い型の綺麗なヤマメだった。
f0053342_13092599.jpg
結局、この日は最初と最後にいいヤマメが釣れただけ。
シーズン終盤のヤマメ釣りはこんなもんでしょ。


f0053342_14272685.jpg

[PR]
# by seiyoukebari | 2017-09-20 13:18 | 釣行記 | Trackback | Comments(2)

今日も狙いはアマゴ
前日までの雨があがり、気持ちのいい天気。
アマゴ釣りには絶好のコンディションと思い、
朝から所用を済ませ9:30に出発して、11:00に入渓。

途中、杉の材木の伐採をされていて、道が塞がっていたが、
仕事をされていた方が、道路の木をのけ通してくれた。

目指す支流までの林道は、この前の台風の影響で、
土砂が道を塞いだ形跡があちこちにあったが、
通れるように除去されていた。

車を支流の入り口に止め、林道を少し登ってから入渓したが反応がない。
川底の岩を見ると泥で覆われているものがあり、
支流も土砂崩れの影響を受けているようだ。

少し釣り上がったところで、良い型のアマゴが釣れる。
紅葉した葉っぱのような、少し赤みをおびた綺麗な秋アマゴ。
f0053342_13151815.jpg
その後も釣れるのは、綺麗なアマゴばっかり。
水が少ない時はイワナが多く釣れるこの渓も、正に雨後のアマゴという感じ。
ただ、楽しみにしていた最後のダム下は、増水のためフライを流せる流れがなかった。



今シーズン、熊を見たこの渓へ一人で入るのにはちょっと緊張したが、
秋晴れの中で、綺麗なアマゴに会うことができ、いい釣行となった。





f0053342_14272685.jpg

[PR]
# by seiyoukebari | 2017-09-14 13:15 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)

※※川の車止めからの上流は、尺ものばっかり…
 
漁協のおっさんが「※※川の車止めからの上流は、尺ものばっかり…」って言うてた』と言う
友人の確たる情報に、なんの疑いもなく食いついて※※川の車止めの上流に行ってきた。

f0053342_10440489.jpg

長い林道をひた走り、いつも行く渓流を通り過ぎ、
さらに長い林道をひたひた走り、※※川の車止めに到着。
カーブの連続に車に酔ってしまった。

今日も狙いはアマゴ。

入渓して少しして、熊避笛が聞こえたので振り返ると
友人が良い型のイワナをランディングしていた。

その後もポツポツとは釣れるが、釣れるのはイワナ、それも尺には程遠い。
途中、林道工事で落石の危険があるため、遡行が禁止されている区間があったりで、
脱渓・入渓を繰り返すことになり、集中力が途切れてしまう。

結局、※※川の車止めからの上流は、渓相抜群で釣れそうで釣れない、普通の渓だった。

車止めから少し下流に移動して入渓するも、ほとんど反応はなく、こっちは普通以下。
昼過ぎにはこの渓に見切りをつけ、林道をひたひた戻り、いつも行く渓流へ。

こちらは、いつもの通り、足元から魚が走り、プールで定位する魚が見える。
透き通た肌に綺麗な朱点を施したアマゴや、
薄いグレーの肌に黄色い斑点を散りばめたイワナが釣れる。

「※※川の車止めからの上流は、尺ものばっかり…」
漁協のおっさんの話はウソばっかり……

f0053342_14272685.jpg

[PR]
# by seiyoukebari | 2017-09-09 10:50 | 釣行記 | Trackback | Comments(2)

さぎ草
今年もさぎ草が咲きだした。
桜の一輪挿しによく似合う。
f0053342_15343921.jpg
こちらはトチの花器。
いつも一輪挿しを作っているが、ちょっと太いトチの木が手に入ったので
小さな花器を作ってみた。
中には直径4cmほど容器に小さな剣山を入れている。
f0053342_15382490.jpg


f0053342_12592434.jpg

[PR]
# by seiyoukebari | 2017-09-01 15:40 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のコメント
terryさん、アマゴよ..
by 西洋毛鉤 at 08:42
良いヤマメですね。 近..
by tokyo_terry at 00:28
terryさん、こっちは..
by 西洋毛鉤 at 20:13
sisyou、こんにちは..
by tokyo_terry at 16:36
店主さん、あれは欠けてん..
by 西洋毛鉤 at 07:28
keiちゃん、ご無沙汰..
by 西洋毛鉤 at 07:26
あのフレームの欠けがsi..
by 店主 at 23:36
moriさん、お久しぶり..
by keiちゃん at 17:08
toto4543さん、..
by にh西洋毛鉤 at 08:30
はじめまして。 ヤマナ..
by toto4543 at 22:27
記事ランキング
ブログジャンル