第15話--フライフィッシャーマン養成ロッド
kazu  『Sisyou、この前洋服の青山にスーツ作りに行ったら店員が
      “お客さん左右の腕の長さがちょっとちがいますね。テニスでもされるんですか?”
      って言いよりますねん。キャスティングレッスンのやりすぎですかね。』

Sisyou 『Kazu、やっと気づいたか?
      その竿は、フライフィッシャーマン養成ロッドなんや!
      お前のため思って重いバンブーを作ってやったんや。
      言うとくが、軽い竿が作れんことはないんやぞ。
      その竿で、FLYを壁の穴に通す練習をするんや!ええか!
      そうして、夜空に輝くフライフィッシャーマンの星をつかむんや!』

kazu  『父ちゃん~!いやいやSisyou~!解りました~。』

おいおい、そこのオッサン二人、何言うとんのや。
アニメ、それもかなり古いアニメの見過ぎやで。

[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 16:46 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第14話--ものわすれ
Sisyou 『Kazuよ、昨日も夕飯食べてると嫁が
       “あんた、またご飯食べてるんかいな?さっき夕ご飯食べたとこやろ!!”
       って言いよるねん。ちかごろは、晩飯もろくにあたらんのや。』

kazu  『Sisyou、うちの嫁なんか
       “あんた、また今日も釣りに行くんか?昨日もSisyouと行っとったやろ!”
       って言いますねん。昨日って釣りに行ってませんよね』

Sisyou 『ワシは昨日ず~と竿作りしてたで。お互い苦労してるなぁ』

おいおい、苦労してるのは、お前らの嫁やで。
昨日も二人で釣りに来てたがな。
温とうなってきて、ちょっとおかしいぞ。

[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 16:44 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第13話--自家製ミミズエキス
今日はSisyou一人かな。
Sisyouは背が高いから遠くからでもよーう見える。
よっぽど頭が軽いんやな、あいつは。

うぅん、もう一人おるぞ。

Sisyou 『Yasse-san、釣れまっか?伊勢の宮川でアマゴばっかり釣ってると
      イワナは釣りづらいやろ。』

もう一人は、伊勢のYasse-sanか。


Yasse-san『いやいや。Sisyouまかしといて!今日は新兵器もってますから。』

おい、おい、Yasse-sanまで、変なもん持って来よったようやで。

Yasse-san『フライをこのエキスにトポン・トポンと漬けて、ヒョイっと』

う~!たまらん。なんやこの臭い!
羽虫やのにミミズの臭いがするぞ!!

Yasse-sanのやつ、フライに自家製ミミズエキスを付けよったなァ~!!
う~!たまらん。
そこまでして、釣りたいんか!!

お前らには釣り師としての、“ぽりしー”とか無いんか!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
今回の話もフィクションです。
登場人物もどっかで聞き覚えがあるとおっしゃる方がいるかも
しれませんが、当然架空の人物です。
ミミズエキスの話も、、、、これはノンフィクションです。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 16:43 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第12話--ストマック・ポンプ

えらいこっちゃ。
水温計の使い方も知らんKazuが
今度はストマック・ポンプやて。いやな予感・・・

kazu  『Sisyou、今日はストマック・ポンプでっせ!』
Sisyou 『いろんなもんを買うてくるな、お前は』
kazu  『買うてません。これはお婆ちゃんの使い古しで~す。』
Sisyou 『お婆ちゃんもFlyするんかい?ちょっとみせてみーって、
      これイチジク浣腸やないか?!』


      『・・・』
      『・・・』


kazu  『Sisyou、ごっついイワナ釣れましたで~!』

ちょっと!ちょっと待ってくれ~!!
ストマック・・いや・・使い古しのイチジク浣腸を・・・
わしのけつの穴に突っ込む気か~~。
ストマック・ポンプは口からやろ!
いや、いや!待て、待て~。待ってくれ~!!
それを口から入れるのだけは勘弁を。。。。


プファ・プファ・・・
せ、せめて・・嫁さんの使い古しに・・・して・・く・れ~
プファ・プファ・・・



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ストマック・ポンプをご存知ない方は、こちらをご覧ください。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 16:40 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第11話--水温計
<<バシャッ!バシャッ!バシャッ~!>>

騒がしいな~。気持ちよう昼寝してたのに、やっぱりあいつらか。
魚を釣りたいんやったら、水の中を通らんようにして、もうちょっと静かに歩かにゃ。
ストーキングちゅうのを知らんのか?耳の遠いワシでも目がさめるがな。

Kazu   『Sisyou、今日は水温計買うてきましたで~。』

ほほうー。Kazuのやつ水温計って、水生昆虫の羽化の状況でも推察する気やな。

Kazu  『Sisyou、今日の水温は6度しかありませんワ。』

6度では、羽化はまだやろうから、ドライは諦めてニンフでもやろうちゅうのかい?

Sisyou 『Kazu、水温が6度やからどうや言うねん??』

Kazu   『・・・』

Kazu   『ビールでも冷やしたら、よう冷えまっせ!』

Sisyou 『・・・・そら・・・・楽しみやな・・・・・』
[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 16:34 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第10話--釣師に梅干
今日も来とるな。Sisyou一人か。
朝から釣って、まだ一匹も連れてないのに、もう昼飯かい。

今日の昼飯は、コンビニのお握りらしいな。
何~!昆布に梅干に鮭~!

昆布はええにしても、釣師に梅干は無いやろ!
梅干のせいやぞ、ボウズは。そんな事も知らんのかいな。。。

その上、鮭?!ワシらの従弟筋やないか!
ええ加減にせえよ!

[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 16:29 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第9話--Sisyouの屁っ放り腰
相変わらずいろんな格好した奴らが釣りにきよるなあ。

SisyouとKazuの釣りはフライフィシングとか言うとったな。
あいつらは格好から入っとおるふしがあるが、
ワシから見てもあんまり格好ええことないな。
Sisyouの屁っ放り腰に、Kazuの帽子。あれはちょっと・・・

そやけど、フライフィシングするやつ等は、
釣られても逃がしてくれるから助かる。
この前も、Kazuに釣られよった奴がなかなか帰って来んから
心配しとったら、えらい長い事カメラの前でポーズとらされてたとかで
真っ赤に日焼けして帰ってきよった。
逃がしてくれるんはええけど、もうちょっと早う逃がしてくれな
たまらんな。

逃がしてくれる言うたらルアーフィッシングする奴等も逃がしてくれよる。
そやけど、あのルアーちゅうのは針だらけで、
餌やと思うて食いに行くと、傷だらけにされてしまうからちょと辛い。

それにしても、ホンマモンの餌釣りにはかなわん。
なんちゅうてもミミズ。あの臭いを嗅ぐと眼がくらんで、
先から出てる針も見えんようになって、つい食いついてしまう。
それに餌釣りに掛かると、まず帰ってこれん。
ちっちゃい子供らまで持って帰りょるし節操がない。

釣られるワシが言うのも何やが
見てて気持ちが良いのは、テンカラかな。
テンカラも釣られると、滅多に帰ってこれんけどな。

[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 16:29 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第8話--大きい眼をしたビワマス

はこの辺にもワシらによう似たやつがおったが、
最近はとんと見んようになった。

ちょっと下(しも)の方へ遊びにいったら、
別嬪のアマゴやら、アマゴに似た大きい眼のビワマスがおったなあ。
かわいらしい顔しとった。

若い奴にその話をしたら、高い堰堤から一目散に下へ飛び降りて行きよったが、
それっきり帰ってこん。
いくらなんでも、あの堰堤を越えてはもんてこれんはな。
アマゴと楽しいやっとるかな。
アマゴはかわいい顔しとるが、結構キツイらしいから
いじめられとらんとええが。

そういや昔は秋になると、
大きい大きいマスも見かけたとお爺が言うとったな。
マスはアマゴやらビワマスが海へ行って
大きいなった化け物やと、誰かが言うとったがほんまかな?

こんど、SisyouとKazuが釣りにきたら聞いてみよか。
そやけどあの二人、ワシらを釣ることばっかりに夢中で
ビワマスのことなんか知らんやろな。。。
ちっとくらい、benkyouせいヨ!

[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 16:28 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第7話--すすきの穂みたいに曲がった竿

来よった、来よった。
相変わらず騒がしい二人やなあ。

kazu 『Sisyou、オフの間にJasse-sanから借りたメルちゃんのキャスティングビデオで
     みっちりキャスティングレッスンしたから、今年の私は、去年の私と
     ちゃいまっせ~!!』


あらら・・
言うてるしりから、Flyを木の枝に引っ掛けたで。

kazu 『Sisyou、誰や知らん同じ枝に、Fly引っ掛けとっきょるで。』

おい、おい。Kazu。お前や、お前。
去年の夏、ほの木のほの枝に、お前が引っ掛けたんやないかア?!
自分の巻いたFlyも判らんのかいな・・・・

またや、また。
竿使うて、無理やりFlyを取ろうとおもとるで。ああっ!竿が折れるで。
自分の竿がすすきの穂みたいに曲がっているのを、Sisyouの竿作りの腕のせいにしてるけど
扱い方が悪いんちゃうの。

[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 16:27 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第6話--24時間流水洗浄

<<ヘエックション!>>

ワシまで花粉症か?

木倒して、木植えて、大きいなって・・・・・
枝打ちせんから花がいっぱい咲いて、鼻がいっぱい出て。

山が痩せて、山肌削れて、保水できず
ダム造って、ダムが埋まって、堰堤造って、
堰堤埋まって、水が出て、ダム造らなあかん・・?

そういやこの前、Sisyouの友達のKonisi-Senseiが
永源寺第二ダムの現場視察に来てたとか・・

Konisi-Sensei、国会もええけど、
Sisyouの戯言にも耳をかたむけたってや。
奴らの言い分にも、一分の理はあると思うで。

<<ヘエックション!>>

眼もコロコロしてきたぞ。
24時間流水洗浄してるのにな・・・

[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 16:24 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31