蹴上界隈
大津・山科から京都の町中に車(徒歩)で入るには
国道1号線の東山トンネル(五条バイパス)を抜け五条に入るルートと
蹴上を抜けて三条に入るルートがある。

この蹴上ルートは、小さいころから何度となく通っているのだが、
通るたびに何かひかれるものがあり、ずっと気になっていたので
散策してきた。
f0053342_12004907.jpg
大津から逢坂山を超え京都東山に入ったり、「京都に来た!」と思った瞬間、
目に入るのはお寺でも神社でもない、
異国情緒漂う立派なレンガ造りの発電所に浄水場。
古都京都への先入観とレンガ造りの建物のギャップが蹴上の魅力。

f0053342_12013898.jpg
f0053342_12021232.jpg
国道を挟んで反対側には、琵琶湖疎水の蹴上インクライン。

f0053342_12030870.jpg
f0053342_12033194.jpg
f0053342_12034848.jpg

f0053342_12054890.jpg
f0053342_12043445.jpg
南禅寺の境内に疎水を通すために造られたレンガ造りの水道橋、「水路閣」。
明治の初め、こんなものを境内に造ることを許した(許さざるをえなかった)
お坊さんの心中やいかがなものだったろう。

f0053342_12045310.jpg
南禅寺を拝観し終えた異国の方が、
水路閣で雨宿りされている姿は、
やっぱり京都。

[PR]
by seiyoukebari | 2018-06-01 12:22 | いろはにほへと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://seiyoukeba.exblog.jp/tb/29824738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyo_terry at 2018-06-01 13:00
関西電力の古い建物はこういう雰囲気のモノが多いですね。
岐阜〜長野の木曽川本流筋にもいくつかあります。
以前、取材で釣り場を横目にいくつか回りました^_^
Commented by 西洋毛鉤 at 2018-06-02 09:17 x
現代のモノと社寺仏閣のような古いモノの間の
近代のモノは、独特の雰囲気があって面白いですね。

名古屋の町中の水門とかも、面白い造形ですね。
<< まだまだ貧果は続く 貧果は続く >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のコメント
当然毛鉤(笑) でもち..
by 西洋毛鉤 at 22:59
ロッドのポッキリは残念で..
by tokyo_terry at 12:45
PEANA2さん、今日..
by 西洋毛鉤 at 22:57
こんばんは。 今日お会..
by PEANA2 at 22:22
現代のモノと社寺仏閣のよ..
by 西洋毛鉤 at 09:17
関西電力の古い建物はこう..
by tokyo_terry at 13:00
インフルエンザは、日ごろ..
by 西洋毛鉤 at 12:53
季節外れのインフルエンザ..
by 店主 at 00:08
売れなかったけど、友人の..
by 西洋毛鉤 at 21:41
ボクのルアーは売れた?(笑)
by tokyo_terry at 21:34
記事ランキング
ブログジャンル