やっと貧果から脱出
やっと貧果から脱出できた。
爆釣・・・とまではいかないが、
良い型のイワナが何匹も釣れた。
f0053342_10512634.jpg
今季初の北陸は、大きなイワナが期待できる支流を目指した。
毎年訪れているこの渓は、釣り人も多く去年は先行者がいて一度も入る事ができなかった。
今回も、車止めに到着するまで先行者がいるか不安だったが、運よくこの日はまだ誰も入っていない。

車止めから林道を登り、入渓点へ。
渓は堰堤で区切られ、その堰堤を巻くのに苦労するのだが、
その堰堤下のプールは、どこもイワナの付き場となっている。

最初の堰堤までの区間から、いつもなら何匹ものイワナが釣れる。
ところが今回は殆ど反応なし。

次の区間も芳しくない。
天気もよく、気温も上がり虫たちも飛び交っているのに、
この渓としては信じられないくらい魚の反応がない。

いくつ目かの堰堤で、大きなイワナがフライに出た。
なかなか浮いてこないイワナとのやり取りを楽しんでいたら、
痛恨のフックアウト(泣)

その直後、横で釣っていた友人にも大きなイワナがかかり、見事ランディング。
友人は同じポイントで何匹もの良型のイワナを立て続けて釣り上げた。
私のフライにも何度かイワナが飛び出し、ロッドが引き込まれる強いファイトを楽しんだ。

やっと期待していたこの渓らしい釣りになってきた。
釣れるイワナはどれも太い胴回りに大きな尾びれ。緑色をおびた背中に金色のお腹。
アベレージは25cm以上で尺物の匂いがプンプン。

結構な時間、このプールに張り付いた。
結局尺物は釣ることができなかったが、友人が釣った29cmを筆頭に、
二人で何匹ものイワナに遊んでもらった。
f0053342_10514457.jpg
そのあとの区間では、この渓本来の釣りを漫喫して脱渓。

帰りの林道わきのポイントや車止め下の流れ、本流でも竿を出し、
ここでも何匹かのイワナが釣れた。

イワナ釣りは楽しい。


f0053342_14272685.jpg





[PR]
by seiyoukebari | 2018-06-15 10:53 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://seiyoukeba.exblog.jp/tb/29853773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新規開拓の渓と実績のある渓とお... まだまだ貧果は続く >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30