新規開拓の渓と実績のある渓とお決まりの蕎麦屋さん
いつものように友人に近くのICでピックアップしてもらい、
米原JCTまで、今日の行先を相談しながら車を走らせる。

先週のイワナ釣りが楽しかったので、今週もイワナ釣りを楽しむのも良いが、
今ひとつ今シーズンは綺麗なアマゴやヤマメを見ていないので、
綺麗なパーマークの渓魚にも会いたい。

いろいろ悩んだ末、午前中はイワナを狙えそうな渓を新規開拓し
午後からはヤマメの実績のある渓に行くことにして、
米原JCTで北陸道に乗った。

新規開拓で入った渓は、いくつか堰堤で区切られてはいるものの、
堰堤と堰堤の間は、広葉樹に覆われた綺麗な渓で、
適度の深さの瀬と落ち込みが連続するなかなかの美渓だった。
f0053342_17120206.jpg
天気も良く、空は青く晴れ、渓を流れる水はジンクリア。
深いプールは日が差すとエメラルドグリーンに染まっていた。
f0053342_17112784.jpg
そして、魚影も濃い。
渓に降り、私がフライをセットしている間に、
友人は本日最初ポイントの三投目であっけなく良型のイワナを釣り上げた。

その後も良い型のイワナが何匹も釣れた。

最後の堰堤より上は、一気に渓相が変わり、巨岩が連続する山岳渓流の様相になり、
大物の雰囲気が漂う。

まだまだ釣り上がりたい所だったが、大きな岩が遡行を阻み、
ちょっと危険な場所が連続してきたところで脱渓。
最後のポイントでは、この日一番のイワナが釣れた。
f0053342_17131601.jpg
午後からは毎年何回か訪れているヤマメの渓。
こちらも入渓早々ヤマメが釣れた。
が、チビばかり。
期待していた程のヤマメには出会えることができなかった。
f0053342_17133757.jpg
脱渓し、帰路の途中でお気に入りのお蕎麦屋さんに立ち寄った。
いつもはおろし蕎麦を二杯注文するのだが、この日はお店の方おススメの期間限定
氷室蕎麦と普通のお蕎麦の食べ比べセット。
f0053342_17135211.jpg
旨すぎ。
蕎麦の甘さがまだ口に残っている。



f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2018-06-23 17:33 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://seiyoukeba.exblog.jp/tb/29892076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 釣行記 やっと貧果から脱出 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30