人気ブログランキング |


釣行記
高速道路の路面は乾いている区間があったり、
タイヤが水しぶきを上げてる区間があったりで、
昨夜に雨が局地的降っていたことが伺える。
移動中も青空が覗いたかと思うと、急にひどい夕立が降ったり、
県境の山間は深い霧に包まれていたりと、
今日も空模様は不安定なようだ。

最初に入ったのは、イワナの魚影が濃い渓。
竿を振れる区間はそれ程長くないが、良型のイワナが
けっこう釣れるので最近のお気に入りの渓だ。

しかし、渓は想像以上に増水で、
入渓する前から別の渓に変更しようか迷うほどだったが、
とりあえず、入渓点まで行って判断することにした。

林道を数十分歩き、堰堤上に出た。
流れはやっぱりきつい。
でも、濁りはそれ程でもなく、
流れを前に引き返す事など出来るはずもなく、釣り始める。

流れのゆるいポイントや、石裏の巻き返しなど、
ドラグをかけずにフライを置く事さえできれば、
イワナが反応する。やっぱりこの渓の魚影は濃い。
釣行記_f0053342_16560315.jpg

途中、岩場で先に進めず増水で対岸に渡れない場所に行きつき、
撤退すことにした。
入渓点まで沢伝いに戻り脱渓したものの、一つ上の堰堤の上流が気になり、
林道を登り同じ渓の上流を釣ることにした。

再入渓後も、増水した流れから何匹ものイワナが釣れた。
中にはこの渓の赤褐色の石色に擬態した九寸近い渓魚も釣れた。

結局、増水した流れに苦戦させられながらも、
予定の区間を釣りきって、次の渓へ。
釣行記_f0053342_16560721.jpg
次は初めて入る川でヤマメを狙った。
しかし釣れるのはイワナばかり。
その上、雨か工事の影響で水が濁り、川底の石に土が積もっている。
それに堰堤で寸断された流れは、魚の反応も今一つ。
こういう所では悪いことも重なり、藪漕ぎの途中で耳の裏辺りに激痛が走った。
痛さが一瞬でなかったことからすると、蜂ではなく大きなアブに咬まれたようだ。

ヤマメを狙ってイワナしか釣れないとなると、ますますヤマメが釣りたくなり、
渓を変更して先々週にヤマメが釣れた渓に入った。
釣行記_f0053342_16561355.jpg

前回脱渓したポイントから入渓して、ヤマメを狙う。
こちらも魚影が濃く、大きくても8寸程だが、ヤマメの数釣りが楽しめた。
釣行記_f0053342_16561567.jpg

梅雨明けした青空の下で、夏の渓流釣りを楽しもうと出かけた釣行だったが、
曇り空に小雨が混じる天気の中で、一瞬青空が広がり夏の日が差すという
目まぐるしい空模様。北陸の梅雨明けはもう少し先のようだ。

でも沢山のイワナやヤマメがフライに飛び出して来てくれ、
今回も楽しい釣行となった。
釣行記_f0053342_16590584.jpg



釣行記_f0053342_14272685.jpg

by seiyoukebari | 2020-07-31 17:14 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://seiyoukeba.exblog.jp/tb/31301958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
釣行記 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新のコメント
terryさん、来月にな..
by 西洋毛鉤 at 18:12
sisyou、こんにちは..
by tokyo_terry at 18:04
terryさん、名古屋も..
by 西洋毛鉤 at 15:45
sisyou、こんばんは..
by tokyo_terry at 18:01
フォレスターの次のXV、..
by 西洋毛鉤 at 11:52
sisyou、こんにちは..
by tokyo_terry at 12:55
terryさん、来年は是..
by 西洋毛鉤 at 11:51
シーズン終了しましたね、..
by tokyo_terry at 08:31
terryさん、やっと釣..
by 西洋毛鉤 at 10:17
PEANA2さん、ご指..
by 西洋毛鉤 at 10:12
記事ランキング
ブログジャンル