人気ブログランキング |


2019年 07月 09日 ( 1 )

リールのメンテナンス
先日頂いたリールを少し綺麗にして使わせてもらおうと
メンテナンスを始めた。

巻かれていたシルクラインは、オイルが劣化してべとついていたので
これはこれでメンテナイスが必要だ。

ラインをスプールから出していると、ドラグが効かないのに気づいた。
そのままでも使え無くなはないが、リールの中からカタカタという音がするので、
グリスアップもかねて一旦分解することにした。

両軸のこのリールはフレームを外せば、簡単にスプールも外れて、
ドラグ機構も確認できると思ったが、スプールがどうしても外れない。

どうもハンドルの反対側中央のマイナスネジでスプールの軸が留められているらしい。
しかしそのネジをいくら回しても、空回りしてスプールは外れない。
ただ気になることが一点。
このマイナスネジにはよく見ないと解らないが、細いスリットが入っていて貫通しているのだ。
このスリットには何か目的がありそうだが、意味が解らない。

どうしてもスプールの外し方が解らないのでネットで調べたり、
同じリールのメンテをされている方のBlogを見つけ質問しても解らない。

メーカーに修理に出すか…と諦めかけて数日後の就寝前、
ひょっとしたらマイナスネジの中にもう一つネジがあって
スリットから細いドライバーを入れ、ネジを緩める構造になっているのでは
と気づいた。
リールのメンテナンス_f0053342_13590513.jpg

これが大正解。
マイナスネジは、軸受けを固定するネジを隠す化粧ネジだった。
そしてマイナスネジのスリットから細いドライバーを中にいれると、
軸を固定しているネジに当たり、そのネジを緩めると、スプールが外れた。

そして問題のドラグ機構。
真鍮の輪にバネと爪が付けられ一つの部品となっている。
その部品がフェイスに付けられていて、
スプール側のギヤに絡んでドラグがかかる構造となっていた。
リールのメンテナンス_f0053342_13585682.jpg

ところがこの真鍮の部品がフェイスから取れていた。
真鍮の部品とフェイスとの接合はボンドによる接着。
溶接でもなくネジでもなくリベットでもないボンド。
金属加工にはまったく知識は無いが、素人ながらに、
「このようなある程度力のかかる箇所でも、
 最近はボンドで接着をするのだろうか?」
と不安に思うのだが、それだけボンドの性能が良いという事か。

実は私は今回頂いたリールと同じメーカーのリールを持っている。
そのリールはフットからフレームが外れたことがあった。
メーカーに問い合わせたところ、リールフットとフレームの接合には
ボンドを使っているとこことだった。
この時はボンドでの接合には不安だったので、自分で半田付けをした。

今回は、リール内部の狭い箇所なので、私もエポキシボンドで接着することにした。
耐久性に不安を残すが、直し方は分かったし、ボンド付けなら気軽に何度でもやり直しができる。

何とかドラグ機構の修理できたので、
フレーム、スプール、フェイス、フットにネジまでを
入念に磨き上げた。
リールのメンテナンス_f0053342_15075000.jpg

そしてグリスアップをして組み立てたリールは、
いいドラッグ音を奏でる、きれいなリールによみがえった。

明日はこのリールでアマゴ釣りに出かけよう。

リールのメンテナンス_f0053342_12592434.jpg




by seiyoukebari | 2019-07-09 14:00 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
terryさん、来月にな..
by 西洋毛鉤 at 18:12
sisyou、こんにちは..
by tokyo_terry at 18:04
terryさん、名古屋も..
by 西洋毛鉤 at 15:45
sisyou、こんばんは..
by tokyo_terry at 18:01
フォレスターの次のXV、..
by 西洋毛鉤 at 11:52
sisyou、こんにちは..
by tokyo_terry at 12:55
terryさん、来年は是..
by 西洋毛鉤 at 11:51
シーズン終了しましたね、..
by tokyo_terry at 08:31
terryさん、やっと釣..
by 西洋毛鉤 at 10:17
PEANA2さん、ご指..
by 西洋毛鉤 at 10:12
記事ランキング
ブログジャンル