カテゴリ:ハンドクラフト( 173 )

あれやこれやと・・・・
年末に左の人差し指を怪我した。
薄板をカッターナイフで切っているとき、
定規にカッターが乗り、人差し指の先が切れた・・・・と言うか欠けた。

欠けてしまったので、縫うこともできず、皮が覆ってくるまで自力回復するのを待つのみ。

ほぼ一月たって、なんとか包帯は取れたが、まだ痛みが残っている。
一カ月包帯を巻いて固定していると、指が曲がらなくなって、
キーボードが打ちにくい。

まあ、その間も寝込んでいるわけではなかったので、あれやこれやと工作はしていた。


バンブーとフレーム材のボールペン
f0053342_16170673.jpg

紅梅とメイプルのボールペン
f0053342_16171675.jpg

栃のキャンディーボックス
f0053342_16165698.jpg

ケヤキのコーヒキャニスター
f0053342_16164734.jpg

バンブールアーロッド
f0053342_16163914.jpg

遊び部屋の本棚
f0053342_16162455.jpg

f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2018-01-31 16:30 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(2)

バンブーロッドとランディングネットとボールペン
いろんな木でボールペンを作ってイベントなどで展示していると、
人の好みは千差万別なんだなあとあらためて思う。

いかついおっさんが、シンプルで清楚なカエデを選んでくれたり、
小学生の子供が、シブイ神代杉に釘付けになったり。

そして自分の好みがかなり偏っていることにも気づく。
でも、趣味趣向は偏っている方が面白い。
f0053342_12034939.jpg
バンブーロッドの作成と同じ手順で作った竹のボールペンと
ランディングネットのフレームの様に薄板を重ねて作った竹のボールペン。
たまにフライフィッシングをする人が目に止めてくれる。
f0053342_12045446.jpg
f0053342_12050905.jpg
在庫が少し減ったので、材料づくりをした。
鳥目杢と虎杢のカエデと縮杢のアカシア、バンブー。
そして、薄板を切り出している時、指を切った。痛い!

f0053342_10295884.jpg


[PR]
by seiyoukebari | 2017-12-22 12:11 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(2)

撮影会
作ったモノの写真を撮った。
f0053342_18521620.jpg
ネットで撮影ボックスの作り方を探して
ホームセンターと百均で材料を調達し、組み立てた。
ライトはAmazon。

f0053342_18532207.jpg
まあまあやな。
って思ったらピンボケ(笑)
f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2017-12-16 18:54 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(2)

その木のカップは、いくらですか?

ククサをスタンドにして、メジャーカップを陳列していると、
「その木のカップは、いくらですか?」
と聞いてくれる方が結構おられる。
「ククサは売り物じゃないんです。作るのが大変なんで・・・」
と答えると、
「売りものなら買ったのになぁ・・・・・」と。

f0053342_18420877.jpg

正直、ククサを作るために3本もカービングナイフを買ったのに、
一個作っただけで、ククサ作りはやめた。
外形はナイフやノミでなんとか形にはなるのだが、
中をくり抜くのが大変。
一個作るのに手が傷だらけになった。

f0053342_18582855.jpg
なんかいい方法はないか考えた末、やっぱりロクロ。
ロクロでくり抜くと、手に傷を作ることもなく比較的簡単にできるのだが、
なんかちょっと違う。
やっぱり、ククサはナイフで削らないと、有難味がでない。


[PR]
by seiyoukebari | 2017-11-16 19:04 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

ヘムスロイド村
今度の日曜日(11月12日)は、キッチンをリフォームしてもらった工務店にお誘い頂き
ことうヘムスロイド村でのイベントに参加です。

工務店のお客さんだけのイベントで、人も少なそうなのでのんびりキャスティング練習でもしてます。
f0053342_10421276.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2017-11-10 10:42 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

煤竹

先日のイベントで大柄な外国の方が、釣り具に興味を持ってくださった。
日本語はまったくできず、あまり英語が堪能でないホストファミリーの方と
一緒にイベント見物にこられていたようだ。

その方は米国のミシガン州で広大な山を持っていて、
その山にはウォールナットが茂り、それを切り出しておられるとか。
切り倒された直径1mほどのウォールナットの木と一緒に写っている
写真をみせてくれた。

その方も釣りをされるらしく、
私が展示していたフックリリーサーが目に留まったらしい。
f0053342_18060195.jpg

私がリリーサーに使っている材の話になり、
こちらが虎杢のカエデ・・・・英語でタイガーメイプル、
こちらは鳥目杢のカエデ・・・英語でバーズアイメイプル、
ほんでもってこちらが煤竹・・・・???
となり、煤竹の貴重さをなんとか解って貰おうと
あまり英語が堪能でないホストファミリーの方の通訳を介し煤竹の説明をするのだが、
通訳の方も煤竹の事はあまり知らないらしく、なかなか伝わらない。

煤竹ちゅうのは・・・
日本の古民家で天井裏に使われていた竹が
長年にわたり囲炉裏の煙に燻されて飴色に変化した竹で
囲炉裏がなくたった近年ではほとんでお目にかかれない
貴重な竹で・・・・
などと熱の入った説明を私がするのだが、
結局通訳しきれず、最後には通訳の方がスマホの中のGoogle君に
「すすだけ」と問いかけると、
スマホの中のGoogle君は
『Only soot』と答えてくれた。
((煤だけとちゃうねん、竹やねん竹・・・))

通訳の方が
「すす竹」と入力しなおすと、
スマホの中のGoogle君は
『soot bamboo』表示してくれた。
((煤でできた竹ちゃうねんけどなぁ・・・))

時の重みちゅうものがチッとも感じられない「soot bamboo」という単語で
煤竹の貴重さが伝わったのかどうかは定かではないが、
その方は煤竹のフックリリーサーを気に入ってくださった。


f0053342_1254265.jpg



[PR]
by seiyoukebari | 2017-11-04 18:12 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

二五八祭
11月3日(金・祝)は、地元のイベントに参加の予定です。

今年で41回目となる二五八祭

子供たちが小さい頃に行った事はありますが、もう何年も昔の話。

どんなお祭りになっているのか、楽しみです。

f0053342_21254966.jpg


f0053342_21304778.jpg
f0053342_21310896.jpg


[PR]
by seiyoukebari | 2017-10-30 21:40 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

さぎ草
今年もさぎ草が咲きだした。
桜の一輪挿しによく似合う。
f0053342_15343921.jpg
こちらはトチの花器。
いつも一輪挿しを作っているが、ちょっと太いトチの木が手に入ったので
小さな花器を作ってみた。
中には直径4cmほど容器に小さな剣山を入れている。
f0053342_15382490.jpg


f0053342_12592434.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2017-09-01 15:40 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

一輪挿し
晴れていたかと思うと、一転にわかに曇り
いつ雨が降りだすかわからない天気が続いている。

腰痛もスッキリしないので、ここ数日は釣りにも行かず一輪挿し作りをしていた。

f0053342_16195145.jpg

花が少ないこの季節、ミントを活けたら涼しげなにおいがしてきた。

f0053342_12582281.jpg


[PR]
by seiyoukebari | 2017-07-10 16:20 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

朝どれ・完熟イチゴ
近くで借りている畑で育てているイチゴが、赤くなってきた。

手間・ひま・肥料・資材を投入して家庭菜園で育てるイチゴは、
かなり単価が高い代物になっているはず。

それでも、真っ赤に完熟した新鮮なイチゴを、
朝一つんで食べる幸福感には変えられない。
f0053342_10032450.jpg
そんな大事な大事なイチゴを横取りする輩がいる。

先日、朝食前に収穫に行くと、イチゴの株の回りに、
イチゴのヘタだけが残っていた。

毎年鳥に食べられるので、ネットで覆っているので、鳥ではなさそう。
小動物・・・・さては人間?

人間様は疑いたくないので、小動物にしておこう。
小動物とすると、おそらく夜行性なので、夜の内に忍び込んで食べているはず。

と言うことで、収穫を夕方にした。

ところが、夕方収穫したイチゴは、美味しくない。
株についている時点で、既にピチピチ感がない。

朝収穫にして、小動物の見落としたピチピチ新鮮朝どれにするか、
夕収穫にして、ちょっとピチピチでないまあまあなイチゴにするか・・・・・
小動物対策に更なる資材を投入するか・・・・


f0053342_10295884.jpg


[PR]
by seiyoukebari | 2017-05-18 10:09 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
最新のコメント
自分でも信じられません。..
by 西洋毛鉤 at 09:17
何をしとるんですか?(笑..
by tokyo_terry at 12:56
そうそう、柳行李の弁当箱..
by 西洋毛鉤 at 09:39
危ない、一緒に行ってたら..
by 店主 at 22:50
terryさん、なかなか..
by 西洋毛鉤 at 18:23
いきなり解禁からドラマチ..
by tokyo_terry at 22:40
釣りが正解!
by 西洋毛鉤 at 22:30
週末、道の駅のイベントな..
by tokyo_terry at 22:29
祝!ロクマル(笑) 足..
by tokyo_terry at 12:52
terryさん、私も今年..
by 西洋毛鉤 at 20:29
記事ランキング
ブログジャンル