<   2018年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

やっと貧果から脱出
やっと貧果から脱出できた。
爆釣・・・とまではいかないが、
良い型のイワナが何匹も釣れた。
f0053342_10512634.jpg
今季初の北陸は、大きなイワナが期待できる支流を目指した。
毎年訪れているこの渓は、釣り人も多く去年は先行者がいて一度も入る事ができなかった。
今回も、車止めに到着するまで先行者がいるか不安だったが、運よくこの日はまだ誰も入っていない。

車止めから林道を登り、入渓点へ。
渓は堰堤で区切られ、その堰堤を巻くのに苦労するのだが、
その堰堤下のプールは、どこもイワナの付き場となっている。

最初の堰堤までの区間から、いつもなら何匹ものイワナが釣れる。
ところが今回は殆ど反応なし。

次の区間も芳しくない。
天気もよく、気温も上がり虫たちも飛び交っているのに、
この渓としては信じられないくらい魚の反応がない。

いくつ目かの堰堤で、大きなイワナがフライに出た。
なかなか浮いてこないイワナとのやり取りを楽しんでいたら、
痛恨のフックアウト(泣)

その直後、横で釣っていた友人にも大きなイワナがかかり、見事ランディング。
友人は同じポイントで何匹もの良型のイワナを立て続けて釣り上げた。
私のフライにも何度かイワナが飛び出し、ロッドが引き込まれる強いファイトを楽しんだ。

やっと期待していたこの渓らしい釣りになってきた。
釣れるイワナはどれも太い胴回りに大きな尾びれ。緑色をおびた背中に金色のお腹。
アベレージは25cm以上で尺物の匂いがプンプン。

結構な時間、このプールに張り付いた。
結局尺物は釣ることができなかったが、友人が釣った29cmを筆頭に、
二人で何匹ものイワナに遊んでもらった。
f0053342_10514457.jpg
そのあとの区間では、この渓本来の釣りを漫喫して脱渓。

帰りの林道わきのポイントや車止め下の流れ、本流でも竿を出し、
ここでも何匹かのイワナつ釣れた。

イワナ釣りは楽しい。


f0053342_14272685.jpg





[PR]
by seiyoukebari | 2018-06-15 10:53 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)

まだまだ貧果は続く
貧果の泥沼から抜け出せない。
今日もこのアマゴ一匹だけ。
f0053342_18474313.jpg
あまりにも釣果に恵まれないので、
今日はいつもとは別の支流に入る事にした。

入渓点には車が一台止まっていた。
おそらく林道をそこそこ登ってから入渓されてるだろうと読んで、
こちらは渓の入り口から即入渓。
この読みが見事的中・・・・しなかった。

入って30分で、先行のルアーマンに追いついてしまい、The End。
少しルアーマンの方とお話をして、脱渓。

いつもの支流に行くか本流を釣るかで迷ったが、
ダメ元で本流をチョイス。

このチョイスが見事ダメ・・・・結局今日もアマゴ一匹だけ。

ちゅうかそれで済んだら良いのだが、
竿が折れてしまった。
まるでポッキーのように綺麗にポッキっと。

f0053342_19070298.jpg

仕方なく釣りを諦め、苦労して林道に上がった場所が木の伐採現場で
「おっちゃん、木を伐採して上から落としてるから危ないし、林道通らんといてー!」
とチェーンソーを持ったにいちゃんに言われ、また入渓し対岸を下る羽目に。

いつになったら普通に釣れるんやろ。
つ抜けとか爆釣とかとちごてええから、
普通に釣りたい。
f0053342_19122171.jpg
こんな日でも、良いことはある。
今まで見たことのない、食虫植物みたいな花や、
可愛い火星人みたいな花を見つけることができた。




f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2018-06-05 19:16 | 釣行記 | Trackback | Comments(4)

蹴上界隈
大津・山科から京都の町中に車(徒歩)で入るには
国道1号線の東山トンネル(五条バイパス)を抜け五条に入るルートと
蹴上を抜けて三条に入るルートがある。

この蹴上ルートは、小さいころから何度となく通っているのだが、
通るたびに何かひかれるものがあり、ずっと気になっていたので
散策してきた。
f0053342_12004907.jpg
大津から逢坂山を超え京都東山に入ったり、「京都に来た!」と思った瞬間、
目に入るのはお寺でも神社でもない、
異国情緒漂う立派なレンガ造りの発電所に浄水場。
古都京都への先入観とレンガ造りの建物のギャップが蹴上の魅力。

f0053342_12013898.jpg
f0053342_12021232.jpg
国道を挟んで反対側には、琵琶湖疎水の蹴上インクライン。

f0053342_12030870.jpg
f0053342_12033194.jpg
f0053342_12034848.jpg

f0053342_12054890.jpg
f0053342_12043445.jpg
南禅寺の境内に疎水を通すために造られたレンガ造りの水道橋、「水路閣」。
明治の初め、こんなものを境内に造ることを許した(許さざるをえなかった)
お坊さんの心中やいかがなものだったろう。

f0053342_12045310.jpg
南禅寺を拝観し終えた異国の方が、
水路閣で雨宿りされている姿は、
やっぱり京都。

[PR]
by seiyoukebari | 2018-06-01 12:22 | いろはにほへと | Trackback | Comments(2)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のコメント
当然毛鉤(笑) でもち..
by 西洋毛鉤 at 22:59
ロッドのポッキリは残念で..
by tokyo_terry at 12:45
PEANA2さん、今日..
by 西洋毛鉤 at 22:57
こんばんは。 今日お会..
by PEANA2 at 22:22
現代のモノと社寺仏閣のよ..
by 西洋毛鉤 at 09:17
関西電力の古い建物はこう..
by tokyo_terry at 13:00
インフルエンザは、日ごろ..
by 西洋毛鉤 at 12:53
季節外れのインフルエンザ..
by 店主 at 00:08
売れなかったけど、友人の..
by 西洋毛鉤 at 21:41
ボクのルアーは売れた?(笑)
by tokyo_terry at 21:34
記事ランキング
ブログジャンル