<   2018年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

柳行李 三代
お握りを入れるのに重宝している柳行李。
ベトベトせず、かといって硬くもならず、
お握りを適度な柔らかさに保ってくれるので、
いつまでも美味しいお握りが食べられる。
f0053342_22382415.jpg
私が柳行李を愛用しているのを知ってか知らずか、
「古い柳行李が出て来たので、使うなら取りに来い」
と、実家の兄から電話があった。
f0053342_22384155.jpg
この柳行李は母親が嫁入りの折、身の周りの物を入れて持ってきた物だという。
大きさは80cm×40cm程の大きなもので、周囲は皮ではなく布で縁取りされていて、
少し汚れてはいたが、綺麗にすればまだまだ使えそう。
f0053342_22393453.jpg
持ち帰り、蓋を開けてみると、中からもう一つ柳行李が出て来た。
こちらは40cm×20cm程の小さな物で、
底裏には実家の古い住所表記に続き祖父の名前が書いてあった。
f0053342_22390792.jpg
祖父は私が生まれた翌年に亡くなっているので、
二つとも60年以上昔のものになる。
ひょっとしたら100年近く前のものかもしれない。

持ち帰ってすぐ、ネットで柳行李のメンテナンスの方法を調べ、
洗って乾かしたら、綺麗な艶が蘇った。
昔の道具の素晴らしさを再認識させられる。

小さい方はちょうどリールケースに良さそうだ。
大きい方はちょっと傷みもあるので、修理を兼ねて縁取りを皮にリメイクしてもらおうかな…


f0053342_12582281.jpg


[PR]
by seiyoukebari | 2018-07-29 23:13 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

釣行記
あまりにも暑く、家にいても熱中症になりそうなので、
渓の水に浸かってきた。
f0053342_21142748.jpg
猛暑に加えもう二週間以上雨が降っていないので、
渓はカラカラかと思っていたが、水量はほぼ並水。

しかし、流石に夏のアマゴ。
なかなか釣れない。反応がない。

集中力が切れたころに、バシャ!
慌ててラインを手繰るが、逃げられてばっか。
普段より少し短い 6ft 3in のロッドを使ったからか、
うまく合わせが入らない。

それでもなんとか綺麗なアマゴを見ることができた。
f0053342_21133321.jpg

渓を釣り上がっているときは、冷たい水と渓を渡る涼しい風のお蔭で天国。
しかし、釣り終わって林道を歩くと灼熱地獄。
林道沿いに咲く花は殆どなく、濃い緑の葉に覆われているが
斜面からは幾筋もの沢水が谷に流れ込んでいた。
これほど晴天が続いても、水を枯らすことのない、広葉樹の森に感謝。

f0053342_21191702.jpg




f0053342_14272685.jpg





[PR]
by seiyoukebari | 2018-07-24 21:19 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)

釣行記
今年は綺麗なアマゴをまだ見れていなというのに、梅雨が明けてしまった。

なんとかまともなアマゴが釣りたくて、アマゴの狙える渓に出かけた。
今回訪れた渓は、一昨年いい型のアマゴが釣れた渓で、
去年行ったときは林道が工事中で入る事ができず、
二年ぶりに満を持しての再訪・・・・・
だったのだが、まだ工事中(泣)

仕方なく、目指した渓の上流部に入る事にした。
とはいっても、ここもアマゴの渓で期待はできる。

堰堤はなくフラットな流れで、コーナー毎にプールがあり、太い瀬も連続する。
f0053342_10340282.jpg
入渓早々、チビアマゴの猛攻を受け、生命反応に期待が膨らむ。
少ししたところのプールで、友人がキャスティングを始めたので、
動画の撮影を始めるといきなりヒット。
ティップが水面に突き刺さる勢いでロッドが大きく曲がった。
が、次の瞬間痛恨のフックアウト。
逃がした魚は大きい。



その後もチビアマゴの猛攻を受けながら、時折そこそこのアマゴが釣れた。

期待していた大きなアマゴは結局釣れなかったが、何匹かの美形アマゴを見ることだできた。

この渓は堰堤越えや高巻き・藪漕ぎをすることなく、一日ロッドを振れる気持のいい渓で
最近のお気に入り。
来年シーズンには下流の林道工事が終了していて欲しい。
f0053342_10341238.jpg


[PR]
by seiyoukebari | 2018-07-14 10:45 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)

麦茶
去年麦茶を作ったら、メッチャ旨かったので、今年も六条麦を栽培した。

小さな畑の片隅に、去年採れた麦種を少し撒いておいたら、
順調に育ち、今年は去年より沢山美味しい麦茶がも飲める・・・・
と喜んでいたのに。

スズメの奴が殆ど食べてしまった。

f0053342_15475608.jpg

それでも二合程の麦が収穫できた。

これだけの量でも手で収穫し、脱穀するのには結構な時間が掛かる。
でも、コンバインでやるより頭を使い面白い。



f0053342_1254265.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2018-07-02 15:48 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
PEANA2さん、なんと..
by 西洋毛鉤 at 08:29
イイ釣行でしたね。 私..
by PEANA2 at 15:51
当然毛鉤(笑) でもち..
by 西洋毛鉤 at 22:59
ロッドのポッキリは残念で..
by tokyo_terry at 12:45
PEANA2さん、今日..
by 西洋毛鉤 at 22:57
こんばんは。 今日お会..
by PEANA2 at 22:22
現代のモノと社寺仏閣のよ..
by 西洋毛鉤 at 09:17
関西電力の古い建物はこう..
by tokyo_terry at 13:00
インフルエンザは、日ごろ..
by 西洋毛鉤 at 12:53
季節外れのインフルエンザ..
by 店主 at 00:08
記事ランキング
ブログジャンル