人気ブログランキング |


<   2019年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「アマゴにあいたくて~♪」
カローラスポーツのCMで、二人が口ずさんで歌っている
「あなたにあいたくて~♪」って曲が耳について離れない。
そしてその歌詞は
「アマゴにあいたくて~♪」と変換され私の脳に記憶されている。

週末は友人を誘ってアマゴ釣りに行きたかったけれど、
土曜は友人が仕事で日曜は私が町内の草刈りで都合が合わない。
そうなると益々アマゴにあいたくなり、朝起きして釣りに出かけた。

今日は天気も良いし、昨日の雨で渓はいいコンディション・・・・のはずが
目指した渓へはまたしても林道工事でたどり着けなかった。

別の川に移動しようかとも思ったが、以前から林道沿いの流れも気になっていたので
通行止めの手前に車を止め、林道沿いの流れを釣ることにした。

入渓してすぐのポイントで、いきなりあまごがフライにもっこりと出て来た。
フッキングはできなかったが、魚がいることが確認できるとやる気がでてくる。

少し上流の落ち込みで、あっさりこの日一匹目のアマゴにあえた。
その後もポイント・ポイントでフライにあまごが飛び出す。

少し釣り上がったところで、大きな淵が現れた。
まあ釣れそうにない大場所。
とりあえずフライをキャストしてみると、
いきなりアマゴがエルクヘアカディスに飛びついた。

f0053342_19054049.jpg

派手な出方をしてくれたので、あまり大きくはないだろうと思ったが、
なかなか浮いてこない。浮いてきたかと思うと、今度は一気に下流に走る。
引きずられるようにこっちも下流に回り、なんとかランディングしたアマゴは
巾広で重量感のあるメッチャかっこいいアマゴだった。

f0053342_19060139.jpg

その後もチビやら、それなりやら、普段なら十分納得サイズやら
沢山のアマゴが釣れたので、そろそろイワナに逢いたくなってきた。
f0053342_19055325.jpg


f0053342_14272685.jpg

by seiyoukebari | 2019-05-30 19:07 | 釣行記 | Trackback | Comments(2)

釣行記
今回もアマゴ狙いで、新規開拓。

渓に着きロッドケースから竿を出すと
数少ない展示販売用の竿が出て来た。

先日のイベントに持って行った展示販売用の竿を入れたケースを
普段使いの竿が入っているケースと間違って、
車に乗せて来てしまったようだ。

手元にはコルクグリップにシュリンクフィルムが巻かれた
ニューロッドが二本。
こんな形で新しい竿を使うはめになるとわ…(泣)

まあそうそう売れる物でもないので、
そろそろ自分で使おうかと思っていたころだったので
ニューロッドの入魂釣行に気持を切り替え入渓。

f0053342_20015309.jpg


入渓した渓は、石灰岩質の白い石の上を澄んだ水が流れている。
川幅も広々としてロッドを振るには気持ちがいい。
釣り始めて直ぐにフライに魚が飛び出すが、
なかなかランディングできない。

それでも、この渓でなんとかニューロッドの入魂ができた。

f0053342_20014103.jpg

岸際の木が覆いかぶさった堰堤下のプールでは、
大きな魚が私のフライに飛び出したが痛恨の合わせ切れ。

その後も反応があるものの、なかなかランディングには至らず、
午後からは別の渓に移動した。

ここもなかなかの美渓で、魚の反応もまずまずで、
友人・私とも数匹のアマゴを釣ることができた。

が、今回も記憶に残るようなアマゴには出会えず
堰堤下でばらした大きな魚の記憶だけが残った。

f0053342_20012826.jpg

フジやタニウツギが綺麗な流れを覆い
林道の脇にはシャガの花が咲き、
今まさに渓流釣りのベストシーズン。


f0053342_14272685.jpg

by seiyoukebari | 2019-05-24 20:08 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)

犬も歩けば棒に当たる?
先日ワンコと散歩をしていたら、近所のおばさんが庭で水まきの最中。
そこの庭には沢山の「フキ」が生えていて、おばさんに
「旨そうなフキがぎょうさん生えてるなぁ」と話しかけると
「幾らでも採って!黙って採って行ってええから。」と言われたので、
お言葉に甘え一旦家に帰って、鎌をもってフキを刈に行った。
近所とはいえ、よそ様の庭に勝手に入って、フキ狩りをするのはちょと躊躇したが、
二束ほどのフキを頂き、早速夕食の一品にさせて貰った。
そしたら、次の日そのおばさんが沢山のフキを持ってやって来て、
「フキ採ってもええて言うたのに、全然とりに来うへんから、持ってきたった~」
大好物のフキがこれから毎年思う存分食べられると思うと、なんか幸せ。

f0053342_12544021.jpg
ワンコの散歩道の畑に一本の桜の木がある。
以前おじさんがその木を剪定されているところに出くわした。
その時、剪定された綺麗な桜の枝を頂いて、一輪挿しを作ったことがある。

f0053342_12542802.jpg
その一輪挿しをおじさんの奥さんに差し上げたことがあるので、
そのおじさんとはまったく知らない間柄ではない。
先日の散歩の途中、その桜の木が沢山のサクランボの実を付けていたので
散歩の脚を止め、何個かの真っ赤な実を口にほおばってみると、実に旨い。止まらない。

f0053342_12545195.jpg
道端でサクランボに夢中になっていると、一台の軽トラが近づいてきた。
畑の持ち主のおじさんだ。
バツの悪そうな私の顔をみたおじさんが
「幾らでも食べて。高いとこの実が採れへんから高い枝を切って持って帰り…」と言ってくれた。
そのおじさんと話をしていると、そのおじさんは私の高校の同窓生で
いつもお手伝いしている気球クラブの会長の義父であることが解った。
「家のもんは、だれもサクランボなんか食べへんから幾らでも採ってや~」
と言われたので、お言葉に甘え一旦家に帰って、レジ袋を持ってサクランボ狩りに行った。
美味しいサクランボがこれから毎年思う存分食べられると思うと、なんか幸せ。

ちなみに「犬も歩けば棒に当たる」という諺は、
何かをしているうちに思いがけない幸運がある、という意味と
でしゃばると災難にあう、という意味とがあるらしい。

by seiyoukebari | 2019-05-21 13:01 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

家庭菜園
近所の農家の方から畑を借りて育てているイチゴが赤くなって来た。
朝、朝食前に摘み取って新鮮なイチゴを食べる。
f0053342_16584230.jpg
食べきれない分はジャムに。
新鮮なイチゴに砂糖だけを足して煮詰めたジャムは絶品。
f0053342_16585314.jpg
家庭菜園では苗を買ってきて植え付ける方が多いが、
苗は結構な値段がするので、苗から育てている。
f0053342_16590401.jpg
収穫が終わったイチゴの株からは、小さな株が出てくる。
それを9月ごろに苗床に移して育苗。
育った苗を11月ごろに定植し冬を越す。

4月初旬ごろには花が咲き、GWころから収穫。

完全無農薬・有機肥料で育てた
新鮮なイチゴとそれを使ったイチゴジャムが食べたくて
毎年この繰り返し。




f0053342_1254265.jpg

by seiyoukebari | 2019-05-17 17:01 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

春爛漫の新規開拓
今日はプチ遠征の新規開拓。
f0053342_11325376.jpg
朝7時前から夕方6時過ぎまで、ガッ釣りして三匹。
新規開拓ならず……。
f0053342_11324615.jpg

でも、夕方に入った区間は好反応だったので、
脱渓した上流も含め次回に期待はできる。
f0053342_11323922.jpg
まだまだヤマメやイワナには行かないぞ!


f0053342_14272685.jpg

by seiyoukebari | 2019-05-10 11:35 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31