人気ブログランキング |


釣行記
今日も一匹。

4月半ばに訪れた時は、それこそ一投一尾だったのに、
今日は一日一尾。それもイワナ。
釣行記_f0053342_13033937.jpg
最近は一日一尾の連続。なんとかせねば。

釣行記_f0053342_14272685.jpg

# by seiyoukebari | 2020-05-28 13:04 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)

釣行記
8時から18時まで釣りをして、この一匹だけ。

釣行記_f0053342_11390859.jpg

「今日はどこに行く?」
と相談しながら渓を目指す日は、まず釣れない。


釣行記_f0053342_14272685.jpg



# by seiyoukebari | 2020-05-27 11:39 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)

金継ぎ
毎朝使っていたコーヒーカップにヒビが入ってしまつたので、
新しい物を探していた。

そうしたところ隣町に金継ぎの工房があることをTVで紹介されていたので、
早速修理をお願いすることにした。
金継ぎ_f0053342_15254420.jpg

古民家の器部屋を改築して作られた工房には金継ぎが施された器が並び、
漆室が備えてあった。

金継ぎは割れたものやヒビの入った箇所を漆で継いで、
金や銀などで装飾する。

言ってみれは、壊れた物を綺麗に修理する技法なのだが、これがいい。
何が良いかというと、作為がない。
これが心地よい。

割れ目やヒビの形は偶然の造形で、
その線に沿って金や銀の線が入り景色となり、
新しい器になるる。

今回は銀で仕上げてもらった。

陶芸家(神山清子さん)が作った物を長年使い、
壊れた物を金継師(金継ぎ藤村本家さん)に治してもらい、
また新しく使う。
金継ぎ_f0053342_15255127.jpg

毎朝日常的に使っていたコーヒーカップにひびが入り、
修理をお願いした時には、コロナ騒動がこんな事になるとは想像もせず、
修理を終え金継ぎがほどこされたカップが手元に戻って来た今、
非常事態宣言も解除され、新しい日常が始まる。





金継ぎ_f0053342_12582281.jpg

# by seiyoukebari | 2020-05-24 15:28 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)

釣行記
今年初めての輪釣。
釣行記_f0053342_12185106.jpg

車から自転車を下ろしひたすら上流を目指す。
林道を歩いて登るのもしんどいが、
自転車は自転車で普段使わない筋肉を使うのでこれまた息切れする。
それでも歩いて登るよりは半分程度の時間と体力の消耗で、目的の入渓点に到着。

前日にも雨が降り魚が元気にフライを咥えてくれる事を期待したが、
この日は小雨交じりの空模様で気温も上がらず、虫の姿はなくライズも確認できなかった。

それでも浅い瀬から小さなアマゴが何匹か釣れた。
少し深みのある太い流れからは、
明らかに8寸は越えるいい型のアマゴがフライに反応してくるのだが、
フッキングできない。
釣行記_f0053342_12183913.jpg

追ってきたと思うと咥える直前に引っ返したり、
食ったと思って合わせてもすっぽ抜け、
掛かったと思っても、ランディング直前に流れに帰ってします。
釣行記_f0053342_12183108.jpg


最後まで良い型の魚は釣れず、ストレスが溜まった。
今度は雨上りの暖かい日を狙って、また車に自転車を積んで出かけよう。


釣行記_f0053342_14272685.jpg


# by seiyoukebari | 2020-05-21 12:20 | 釣行記 | Trackback | Comments(2)

釣行記
アマゴ釣りに行って来た。
林道のシャガは盛りを過ぎ、タニウツギが咲きだしている。

釣行記_f0053342_12014100.jpg

今回は昨シーズンの終盤に友人が良い型のアマゴを連続してバラした渓を目指す。

しかしこのポイントは車止めから約5km。
釣り支度してひたすら林道を歩く。
釣行記_f0053342_12012833.jpg

3.5km程歩いた辺りから渓に入り釣り始め、
目的のポイントを目指す。

入渓してティペットを繋いでいると、
少し上流で釣り始めていた友人にこの日最初のヒット。
綺麗なアマゴが釣れた。

幸先のいいスタートに期待が膨らむが、
かといってそれ程反応が良いわけでもなく、
たまに釣れる魚も6寸程度。
釣行記_f0053342_12010458.jpg

目的のポイントが近づいて来ると、明らかに魚の反応が良くなってきた。
浅い瀬や、ちょっとした落ち込みからアマゴが飛び出す。

8寸近いアマゴも数匹釣れた。

しかし、昨シーズン最後に姿を見せた大きなアマゴには結局出会えなかった。

渓は今まさにベストシーズンなのだが、少し渇水ぎみで、魚の警戒心が強かったように思う。
釣行記_f0053342_12014995.jpg
結局この日は目的にしていたポイントより更に上流まで釣ったので、歩いた距離はおよそ片道5.5km。
脚はクタクタ、腰はガタガタ。
次は梅雨の合間に自転車で。





釣行記_f0053342_14272685.jpg

# by seiyoukebari | 2020-05-16 12:05 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)

釣行記
以前に一度だけ作ってみた竹フレールの竿を持ち出し、釣りに出かけた。
強度的にどれくらいまで薄くしていい物かわからず、
出来上がった継ぎ手はちょっと太めで不格好だが、
使ってみると案外違和感はない。

フェルールの中で向き合う部分をバット・ティップとも
斜めにカットしているのがミソでこうした事により、
 ・キャスティングしたとき力がバットからティップへスムーズに伝わる。
 ・フェルールへの負荷が分散される。
 ・繋いだ時、ブランクがフェルールに密着し抜けにくい。
などの効果が得られる………かな。

釣行記_f0053342_17321384.jpg

あまり期待はしていなかったので、
釣った魚はみんな写真を撮ろうと頑張ってみた。
家に帰り、撮影時間順に写真を並べて、
撮影間隔が開いている画像は別の魚とみなして
釣れた魚の数を数えたら、結構釣れていた。

釣行記_f0053342_17322695.jpg

嫁さんにお握りを作ってもらい、水筒にお茶を入れて渓へ向かう。
誰にも会わず、アマゴとイワナを釣って写真を撮り、
流れに返し帰って来た。



釣行記_f0053342_14272685.jpg

# by seiyoukebari | 2020-04-17 17:34 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)

釣行記
先日の釣行で釣り逃がした二匹の魚を釣りに行って来た。

入渓点につき車を降りると冷たい風が谷筋を通り、
ウィンドウブレーカーを着ようか迷う。

一匹目の魚…

小渓の堰堤を二つ超え、釣り逃がしたポイントのある三つ目の堰堤を目指す。
途中めぼしいところにフライを投げるが、水温が低いようで先日程の反応はない。
それでも何匹かのアマゴとイワナは釣れた。

三つ目の堰堤に到着。
ポイントは堰堤の壁際にある岩の奥の狭い流れ。
まずその岩の手前の流れにフライを落としポイントに近づこうとしらた、
良い型のイワナが出た、というか出てしまった。

「先日確認した魚影は、もっと大きい。」と思いながら、
目的のポインとにフライを入れるが、反応は無い。

釣れてしまった魚が暴れたせいで、
目的の魚は警戒して岩の奥に引っ込んでしまったようだ。
残念。

二匹目の魚…

本流の岸際で、流れが小さな岩で堰き止められた肩の所。
なのだが、先日より水位が下がっていて肩の流れがない。
目的の魚は肩の手前の深みに居るはずなのだが、
そこにフライが流れて行かない。

何度か手前の流れにフライを乗せるが、ダメだ。
一度だけ、フライの下で反転する魚影が確認できたが、釣れなかった。
もう少し暖かくなって、一雨降った後を見計らって、また出かけよう。
釣行記_f0053342_13022577.jpg
本流も、前回ほどではなかったが、アマゴが何匹か釣れた。
8寸弱の、この時期としてはまずまずのアマゴも一匹釣れた。

でも、大きな魚がフライに飛び出すには、まだ少し季節が早いようだ。



釣行記_f0053342_14272685.jpg

# by seiyoukebari | 2020-04-10 13:05 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)

釣行記
林道には紫色のコバノミツバツツジが咲き始めた。
この花が咲くと、毎年渓流シーズンが始まったなぁーと思う。
釣行記_f0053342_18512680.jpg

今日は昔何度か入ったことのある小渓に行くことにした。
林道から入渓して、少し釣り上がると堰堤があり、
その堰堤より上には登ったことがなかったので、
今回はその上流も釣ってみようと思っていた。

入ってすぐのところで、フライに魚が飛び出したが、フックせず。
その後も少し深みのある緩い流れにフライを流すと、魚の反応が確認できる。
釣行記_f0053342_18535640.jpg

最初に釣れたのは6寸程度のイワナ。
次に釣れたのも同じサイズのイワナ、次も、次も。

数は釣れるが、小さなイワナばかり。

最初の堰堤で、この日最初のアマゴが釣れた。
サイズはイワナと同じ位のチビアマゴ。
釣行記_f0053342_18542866.jpg
最初の堰堤を超えても状況は同じで、数は釣れるが6~7寸のイワナばかり。
二つ目の堰堤でも数匹のイワナが釣れた。

二つ目の堰堤を超えても状況は同じで、数は釣れるが6~7寸のイワナばかり。
三つ目の堰堤でも数匹のイワナが釣れた。
明らか今までよりは大きな頭をしたイワナがフライを追ってきたが、すっぽ抜け。

ポイントはしっかり覚えている。
近いうちにリベンジ釣行に行かないといけない。

まだ上も気になったが、この渓はここまでにして一旦脱渓し
本流を釣り上がることにした。

今まで何度かこの川の本流で釣りをしているが、
あまり釣れた記憶が無い。

入渓したところでお握りを食べ、ティペットを付け替えて釣り再開。

少釣り上がったところでフライを流れに入れようとキャスティングしていると
視界の右上端っこで水しぶきが上がったのが見えた。
…?
何か落ちて来た?
それともライズ?

フライを見えた水しぶきの1mほど上流に落とし流すと
あっさりと7寸程のアマゴが釣れた。
釣行記_f0053342_18581497.jpg
その後は、沢山のアマゴが釣れた。
大きくても7寸ほどだが、緩い流れ、石裏、小さなプールからアマゴが飛び出す。
小さな魚を釣った時は写真も撮らず、リリーサーでフックを外し流れに返す。

流れが小さな岩で堰き止められた肩の所で、少し大きな魚がフライを追ってきたが
フライを食いきれず流れに戻ってしまった。
何回か流して、何回も姿は見せてくれたが、結局フッキングできなかった。

ポイントはしっかり覚えている。
近いうちにリベンジ釣行に行かないといけない。
釣行記_f0053342_19015563.jpg


釣行記_f0053342_14272685.jpg

# by seiyoukebari | 2020-04-04 19:09 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)

庭に咲く花
雨上がりの朝、庭に咲く小さな花々。

庭に咲く花_f0053342_11553921.jpg
庭に咲く花_f0053342_11552695.jpg
庭に咲く花_f0053342_11551375.jpg
庭に咲く花_f0053342_11550212.jpg
庭に咲く花_f0053342_11540729.jpg
庭に咲く花_f0053342_11535338.jpg
庭に咲く花_f0053342_11534003.jpg
庭に咲く花_f0053342_11533054.jpg
庭に咲く花_f0053342_11530851.jpg
庭に咲く花_f0053342_11525024.jpg
庭に咲く花_f0053342_11560569.jpg
去年も咲いていたし、今年も咲いた。
来年もきっと咲いてくれる。


庭に咲く花_f0053342_1254265.jpg




# by seiyoukebari | 2020-04-02 12:00 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)

釣行記
山桜はまだ、ヤマツツジもまだ。
それでも林道を歩いていると、小さな花が少しづつ咲いて来た。
釣行記_f0053342_16372664.jpg
今日は風もなく暖かくて気持ちのいい日だった。
先日の釣行でちょっと気になる小さな支流があったので、
午前中はその支流の調査釣行をすることにした。

渓の入り口は狭く、それ程期待もしていなかったが、
釣り始めて少し上がったところで、小さなアマゴが釣れた。

その後も少し深みのある緩い流れから、小さなアマゴが何匹も釣れた。

一匹だけ8寸ほどのアマゴも釣れたが
写真を撮ろうと、河原の石や落ち葉を動かしているうちに逃げられてしまった。
釣れたポイントが石裏の巻き返しで、アマゴにしては濃い体色だったので
一瞬イワナかと思ったが、まだ錆色が残るアマゴだった。

夏になれば水がなくなりそうな小渓だが、渓相も良くまずまずの釣りができた。
釣行記_f0053342_16521857.jpg
午後からはいつもの支流に入ったが、こちらもチビが数匹。

最後に本流に入ったが、支流程の反応はない。
しかし脱渓ポイントと決めていたプールでライズを見つけ、
同じポイントで何匹ものアマゴが釣れた。
小さくてもライズする魚を釣るのは楽しい。

それにしても大きな魚はどこにいるのだろう?
水温が上がるまで、もう少し川底で寝ているのかな……


釣行記_f0053342_14272685.jpg

# by seiyoukebari | 2020-03-27 17:01 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新のコメント
terryさん、来月にな..
by 西洋毛鉤 at 18:12
sisyou、こんにちは..
by tokyo_terry at 18:04
terryさん、名古屋も..
by 西洋毛鉤 at 15:45
sisyou、こんばんは..
by tokyo_terry at 18:01
フォレスターの次のXV、..
by 西洋毛鉤 at 11:52
sisyou、こんにちは..
by tokyo_terry at 12:55
terryさん、来年は是..
by 西洋毛鉤 at 11:51
シーズン終了しましたね、..
by tokyo_terry at 08:31
terryさん、やっと釣..
by 西洋毛鉤 at 10:17
PEANA2さん、ご指..
by 西洋毛鉤 at 10:12
記事ランキング
ブログジャンル