第28話--蛭のにいちゃん
梅雨どきやな・・・。
雨ばっかで、流石のSisyouとKazuも家で静かにしてるのかなー。

Kazu 『Sisyou、今日は爆釣でっせ!』

あらあら。雨でも来るか?

Kazu 『この間まで渇水で、今日みたい雨降ったら
     イワナは単純やから大喜びして何にでも出てきますよ。キット。
     SisyouのいつものカディスでもOKょ。キット。』

単純で悪かったなぁ。
そんなこと言うてたらバチが当たるぞ。キット。

Sisyou 『相変わらず、“ぽじてぇぶ”やなー。Kazuは。
      ワシは、梅雨時のしかも雨の日のこの沢の釣は、なんや嫌な予感がするねん。』

 :
 :
 :

Kazu  『今日も爆釣とは行きませんでしたね。Sisyou。
       帰りましょーかー・・・・・
       Sisyou!!!Sisyouの首に蛭が着いてまっせ!!』

Sisyou 『ゲ~!!早う取ってくれ!蛇蛭蛙。蛇蛭蛙大嫌いや!』

Kazu  『うるさいオッサンやなぁー!はい取りましたで。
       私には付いてませんやろな?』
Sisyou 『だいじょぶ・だいじょうぶ・ぜんぜんだいじょうぶ。』

Kazu  『Sisyouちゃんと見てよー!』
Sisyou 『だいじょぶ・だいじょうぶ・・ぜんぜんだいじょうぶ。』
 :
 :
Kazuが家に帰って、一風呂浴びて、
ナイターを見ながらビールを飲んでいると
目の前を蛭がへッコラ、へッッコラ。

Kazu   『ゲ~!!蛭や!
       そやからSisyouにあんだけちゃんと見て言うたのに
       いい加減なオッサンやなーー!Sisyouは。』

それ見てみい、バチが当たった。
蛭のにいちゃんようやった!
これでKazuも当分この沢には来んやろろ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
今回の話も、ノンフィクションです。
釣りを終え、家に帰って一息ついているときに蛭。
想像するだけで、震えます。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 17:31 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第27話--ちっちきち~

Kazuのやつ、足を捻挫したとか言うとったが
直ったんかいな。

Kazu  『Sisyou、先週この上流で釣ってましたらね、、、、』
Sisyou 『“釣ってましたらねって”おまえ、先週ワシが誘ったら捻挫したとかで、
      “行けません”言うとったんちゃうのか!また抜け駆けして!』

Kazu  『まあよろしいいやん。そしたら、峠の方から竿持った兄ちゃんが降りて来まして、、、』
Sisyou 『峠から竿もって・・?そんなやつおらんで~~』

Kazu  『いてましてん、て。ほんまに。』
Sisyou 『ほんまか~~』

Kazu  『ほいで、何処で釣ってたんか聞いたら、
      峠の向こうの川に最上流から入って釣ってた言うんですよ。
      釣果の方もそのそこらしいです。
      そやから今日は、私らも峠越えて向こうの川に行きましょう!』

Sisyou 『ちっちきち~~』

Kazu  『はぁ?!なに言うてますの?
      あんたは私の釣りのSisyouで、こだま師匠とちゃいまっせ!』

蒸し暑うなって、Sisyouの頭の中に虫でも沸いて来たんかな。

[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 17:26 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第26話--本末転倒

Kazuは相変わらず健脚やな。
それにひきかえSisyouの足元はフラフラ。

Sisyou 『Kazu、待ってくれやー。
       もうちょっとゆっくり行ってくれな、ついて行かれへんがな。』

Kazu  『なに言うてますの。
      “渓流のイワナ釣りはテンポ良くポイントを釣り上がるのもんや”
      って教えたのは誰ですの!さぁ、行きまっせ!』

Sisyou 『わしはもうフラフラで、足パンパン。』

Kazu  『私なんか毎日、釣行に備えて1時間ランニングして鍛えてるんでっせ!
      Sisyouも普段から鍛えなええ釣できませへんで。』

ひえ~。
Kazuは釣りの為に、毎日1時間走ってるってか!!
どうりで健脚な訳や。

Kazu  『Sisyou。来週はもうちょっと上流まで攻めてみましょうか?』
Sisyou 『ワシは下の方で十分(へなへな)』
 :
 :
 :
(翌週)

Sisyou 『もしも~し、Kazu、明日は何処の沢に入る?先週の上流か?』
Kazu  『・・・・』

Sisyou 『もしも~し、Kazu電話遠いんか?』
Kazu  『聞こえてまんがな!』

Sisyou 『もしも~し、えらい機嫌悪いなぁ。明日何処の・・』
Kazu  『明日は行きません!行けません!!』

Sisyou 『Kazu、どないかしたんか?』
Kazu  『捻挫した!夕べもいつものように釣行に備えてランニングしてらた、
       犬のうんこがあって、それを避けようとして、道端の石につまづいてグニャ!』

Sisyou 『え~。釣行に備えてランニングしてて、犬のうんこにつまづいて捻挫。
       ふ~ん、それで釣りに行けへんの~。ふ~ん。』

(ククックッ~笑わっしょるな。本末転倒やないか。)

[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 17:23 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第25話--ギックリ腰
Sisyou 『今日はKazuはお仕事(^^)。一人でのんびり釣るぞ~!
      渓流について、一つ深呼吸して、ウェーダー履いたりして準備しているこの時間。
      ええもんやなー』

一人でもうるさい奴やな、Sisyouは。

Sisyou 『ウェーダー、OK!
      次ぎはシューズ履いて、紐をギュッと締め、<<ギクッ!>>。
      あれ~。腰がちょっと変な感じやな。
      もう一回、紐をギュッ・・・痛タタタ~。
      ここまで来て、ギックリ腰が出るとはな、、、』

あれれっ?
Sisyouギックリ腰かいな。
あの屁っ放り腰はギックリ腰が原因か?なるほど-。

Sisyou 『まあこれくらいの痛さなら、その内直るやろ。
      さあ、釣・釣り。』

Sisyouの奴、腰を押さえながら谷に下りて来たが大丈夫か~。
ほれ見てみい、言わんこっちゃない。岩につまずいてこけてしもた。

Sisyou 『<<ギ・グ・ッ!>> う~ッ!!痛~ッ!!!
      こらまずい。いよいよ動けんぞ。
      ちょっと川原で横になって休もうか。』

こらこらチビイワナども。
Sisyouがギックリ腰やいうて、さからうなよ。

<<チャポ~ン。チャポ~ン>>

Sisyou 『おっ。こんな時に、目の前でライズとは。
      悔しいやないか。』

Sisyouの奴、ムキになって
仰向けに寝ながらキャスティングし始めたぞ。

Sisyou 『くッそ~!チビイワナめ!
      ギックリ腰や思てバカにしやがって。
      絶対釣ったるぞ。見とれ!!』

寝ながら釣りしてる場合やないやろ。
帰る心配した方がええんちゃうの。。。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Sisyouは、次の日と次の次の日と次の次の次の日、
腰痛のため、会社を休んでしまいました。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 17:18 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第24話--不安

今日はKazu一人か?

Kazu 『今日は、Sisyouいてないから、どないしょう(^^)』

Kazuの奴、“どないしょう”って、まだまだ一人では不安なんかなー。
そのわりには楽しそうやぞ。

Kazu 『Sisyou居てないと、静かやし爆釣間違いなしやな!どないしょう。
     でっかいイワナ釣れたら、どないしょう(^^)』

Sisyouがいてないから、不安なんかなと思たら、違うんかいな。

Kazu 『6xのティペットなんか切られるかな。。
     それより、Sisyouの作った竿、折れるんちゃうやろか・・どないしょう(^^)
     でっかいイワナ釣ったら、Sisyouまたひがむやろな~。。どないしょう(^^)』

普通の釣師は、釣れへんかたら“どないしょう”と不安に思うんやが
やっぱりKazuはちと違うな。。
釣りに関してはとことん“ぽじてぃぶ”やな。
Sisyouも見習えよ!!

[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 17:14 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第23話--渇水
雨降らんなぁ~。
動くのがめんどうやから、ここでじっとしてたら
水が引いてきたで。

このまま降らんと、後2・3日でここの溜りに閉じ込められてしまうな。
どうしょう。。動くのめんどうくさいし、じっとしとこか。


あ~ぁ。やっぱり閉じもめられてしもうた。
思い切って石を飛び越えて流れの方に行こうかな。
どうしょう。。やっぱりめんどうくさいし、じっとしとこか。


あら~ぁ。
こんな渇水やのに、あの二人釣りに来よったぞ。

Kazu   『Sisyou、水溜りにごっついイワナがおりまっせ!それも珍しい模様の。』

あらら~ぁ。やばい。Kazuに見つかってしもうた。

Sisyou 『アホなイワナやな。渇水で水溜りに取り残されたんやろ。
       魚のくせに情けない。』

ほっとけ!お前らかて人間のくせに、とうてい脳みそ使ってるとは思えん話ばっかしとるやないか!

コッ!コラ~ッ! なにすんねん! ワシを掴んでどないしょうちゅうねん!

Kazu   『Sisyou、こいつも写真撮って、趣味の“ふぃっしゅくらふと”作りますワ!!』

Sisyou 『どうせ、自分が釣ったみたいにblogに乗せるんやろ・・・・
       "めったにお目にかかれない貴重な岩魚!"とかなんとかタイトル付けて・・・』
[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 17:11 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第22話--ニコチン中毒

そやけど、川に来よる奴らは色んなもんを捨てて行くなー。

最近多いのが、レジ袋。
この前なんか近所のチビが流れて来た袋に入って遊んでいたら、
出られんようになって下流まで流されてえらいこっちゃった。

それに弁当箱。
昔の奴は自前の弁当箱やったからちゃんと持って帰ったが、
最近は、赤茶色の弁当箱に透明の蓋が付いたやつ、あれを捨てて行く。
たまには、美味しいイクラなんかが蓋に付いていたりして楽しみやが
割り箸を一緒に置いていかれても、ワシら使われへんし~!。

後は、ペットボトル。
SisyouもKazuを見習って、水筒に茶を入れて持って来いヨ。

茶と言えば、おにぎり。
おにぎりの包み紙のゴミも最近多いな。
①②③とか包み紙を破る順番の書いたやつ。

みんな川に来る前に“こんびに”とかに寄って
買うてくるらしいけど、暗いうちから商売せんでもな・・・

ゴミの定番ちゅうたら、やっぱりタバコ。
紙巻タバコのフィルターは腐らんから。
昔、タバコの葉を川虫と間違って食べてしもうて、
そのあと、頭がボーッとしてきてええ気持ちなり癖になって
何日もタバコを探して泳ぎ回っていたときがあったな~
お陰で歯が黄色うなってしもうた。
イワナでニコチン中毒になったのもワシくらいやろ。

タバコ吸う奴は、タバコの他に空箱やらライターやら色んなもんを
一緒に捨てて行くから困りもんや。
あの煙も隣の奴からしたら迷惑なゴミと一緒やろに。
ひどい奴なんかは、自分の車の灰皿に溜まった吸殻を全部捨てて
行くからな。

木に掛かった釣り糸に釣り針・FLY・・
ちゃんと取って帰ってくれよ!
この前なんか、ウェダーに穴が空いたとかで
自分の履いてたウェダーを川に投げて帰りよった奴がおった。
そんな輩は、もう来んな!!

[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 17:09 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第21話--バーブレス
Kazu  『Sisyouまたバラシですか?絶不調ですね。
      カッコ付けてバーブレスとか使ってるんとちゃいますやろね。』
Sisyou 『ほっとけ!』
Kazu  『魚の口には痛感がないから返しは問題ないとか、
      魚体保護のためとかいうてバーブレス使うくらいなら
      釣りなんかせなんだらええんゃとか
      言うてたのは誰でした??』

Sisyouの奴、そんな事言うとったんか?!
ワシらかて、口に針刺さったら痛いんやぞ!
それに、返しのせいで、口も切れるし、
フックを外すのに手間取って、体を乾いた手でギュッと握られたら
こっちは大やけどや。

Sisyou 『・・ううるさい!!・・ワッワシが使っているのは、フックレスや~』
Kazu  『フックレス??フックレスでは魚が釣れませんやん?』

Sisyou 『Kazuよ、お前この前なに言うてた・・・?
       ドライフライの釣りは最高や!
       イワナがフライにガバッと出てくるだけで、痺れる~言うとったやろ。
       ワシも同感や。そやから今日はフックレスにしたんや・・』

Kazu  『Sisyou、それではあの竿を伝わってくる魚の感触が味わえませんやん』
Sisyou 『そんなもんは、ネコのしっぽで十分や。』

Kazu  『流石我Sisyou、お見逸れしやした!』
Sisyou 『(・・・どうしょう・・・嫁に・・今日は・・キープして帰る言うて出てきたのに。。。)』

Sisyouのフライが流れてきたぞ。
どれどれ?
はぁ~!フックレスどころか、返しもちゃんとついとるし
おまけに綺麗にヤスリで磨かれてるやないの。

[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 17:07 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第20話--『晴釣雨竿』

ワシらも元気に泳ぎ回っているちゅうのに
あいつら釣りに来よらんなぁ・・・。

Kazuの方はどうせ、よその川にでも釣りに行っとるんやろ。
まさか、今頃、この季節、風邪引いたりとかは
何ぼなんでもないわな。

Sisyouの方は、竿作りとかいうとったな。
『晴釣雨竿』とか訳のわからんこと言うて、今日は晴れとるぞ!
竿作りは、ワシらが相手してやらん冬の間にしとかなあかんな。

[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 17:02 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)

第19話--師弟関係逆転
Sisyou 『あ~っ!またバラした!!』
Kazu   『Sisyou、合わせが早すぎますワ。もうちょっとゆっくり合わさな。』

あらら。最近はSisyouとKazuの師弟関係逆転やな。

Kazu   『Sisyou、見本みせますから、見ててヨ。
       ヒョイと投げて、カポッと出て、ピシッ~!!と合わせて、ほれこの通り。』

Kazuのやつ、腕上げたな~。
それにしても、合わせは相変わらず豪快やな。肩からあわせてる感じや。
ワシらは鮎やないねから、
水面から引き抜いて、ネットで空中キャッチするのは止めてくれ~。

[PR]
# by seiyoukebari | 2006-01-28 17:01 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28